ブランド品
2021年11月5日

ルイ・ヴィトンのアイコン的存在であるダミエの財布には魅力がいっぱい

NEW
ルイ・ヴィトンのアイコン的存在であるダミエの財布には魅力がいっぱい

ルイ・ヴィトンの財布は、デザイン性が優れていることから非常に人気があるアイテムです。ダミエの財布は特に人気が高い商品で、同ブランドのアイコン的存在にもなっています。ここでは、ルイ・ヴィトンの人気商品であるダミエの財布について詳しく紹介します。

ユニセックス仕様なのでダミエの財布は定番の人気

ダミエの財布がルイ・ヴィトンの商品の中でも特に人気があるのは、男性でも女性でも使用しやすいからです。ユニセックスな仕様になっているので、誰にでも使いやすくなっています。デザインが落ち着いていることも、性別を問わずに使いやすい理由になっていて、日本の市松模様を彷彿とされる独自のデザインは、日本人に非常に人気があります。実際にルイ・ヴィトンのダミエのデザインは、日本の市松模様からヒントを得たといわれていて、日本の文化がヨーロッパに広く理解されるようになった時代に、市松模様のことも知られるようになりました。現在ではダミエは、ルイ・ヴィトンを象徴するデザインとして多くの人に認識されるようになっていて、ダミエのデザインを見ただけでルイ・ヴィトンを連想する人も多くいます。デザインに使用されているカラーも、性別を問わずに使いやすい理由のひとつです。2つの色が使用されていますが、どちらも大人向けのカラーで、濃いブラウンとベージュを交互に配列したチェックのデザインは、エレガントなだけではなく高級感にあふれています。財布の模様として最適なデザインで、所有している人にゴージャスな雰囲気を与えてくれる財布です。多くの人が何十年も使い続ける、ルイ・ヴィトンの定番商品です。

 

ルイ・ヴィトンの2大巨塔といえばダミエとモノグラム

ルイ・ヴィトンの商品に採用されているデザインの中でも、特に多くの人に知られているのがダミエとモノグラムです。どちらのデザインも世界的な知名度があり、このブランドのデザインの2大巨塔として、さまざまなタイプの商品に使用されています。この2つのデザインはどちらも非常に長い歴史を持っていますが、発表の時期はダミエの方が少しだけ早いです。ダミエが考案されたのは1880年代の終わりで、このデザインを考え付いたのは、創業者ルイ・ヴィトンの息子です。このデザインが一般の人にも広く知られるようになったのは、考案されてから1年後のことでした。当時のフランスでは、パリで開催されていた万国博覧会が大きな話題になっていましたが、このイベントでルイ・ヴィトンのダミエは金賞を受賞しました。それ以来、このルイ・ヴィトンのダミエは同ブランドを代表するデザインとして多くの人に知られるようになり、人気の高さをうらやんだ同業者によって、多くの模造品が制作されました。ですが、ルイ・ヴィトンのダミエには本物の商品だけが持っている風格があるので、人気が衰えることはありませんでした。このダミエに続いて同ブランドを代表するデザインとなったのがモノグラムです。ルイ・ヴィトンの社名の頭文字を組み合わせた独自のデザインは、1890年代に考案されました。

 

豊富なデザインバリエーションもダミエの特徴

ルイ・ヴィトンのダミエは商品によって、さまざまなデザインのバリエーションがあります。同じダミエのデザインでも、使用されている色が違えば雰囲気も大きく変わり、それぞれのデザインには独自の魅力があります。数ある商品のデザインの中でも、特に多くのファンから愛されているのが、ダミエ・エベヌというデザインです。ダミエ・エベヌとは一番初めに誕生したダミエデザインのことで、濃いブラウンとベージュが使用されている同社の定番商品です。ダミエ・エベヌという言葉を使用する人は少なく、ダミエと言うだけでこのデザインを意味することが多くなっています。同じダミエでもエベヌとは大きくイメージが異なっているのがダミエ・アズールです。このデザインが発表されたのは2000年代のことで、ルイ・ヴィトンで使用されているデザインの中では、比較的新しいタイプになります。このデザインにおいて、従来のものと大きく違って特徴的なのは、使用されているカラーです。ブルーとアイボリーホワイトが使用されており、この2色の組み合わせによる市松模様は、エベヌとは大きく違ったイメージがあります。リゾート地の白い砂浜がデザインのヒントになったといわれていて、非常に明るい雰囲気です。男性向けの製品の中には、市松模様に黒が使用されているものもあります。

 

多彩なバリエーションがあるのでダミエの財布は幅広く支持されている

ダミエの財布には非常に多くのバリエーションがあるので、幅広い用途に使用されています。自分で使用するために購入する人も多いですが、親しい人への贈り物として購入されることも多い商品です。ダミエの財布の中でも、特に多くの人に愛用されているのが、ジッピー・ウォレットです。財布の開閉のためにジッパーが使用されているのがデザイン上の大きな特徴になっています。ジッピー・ウォレットは通常の財布よりもジッパーの付けられている位置が長めになっていて、財布の上側だけでなく両側にもジッパーがつけられています。そのためにお札なども折らずに入れることができ、きれいな状態でお金を持ち歩きたい人に好まれる、使いやすい財布です。コインを入れておく場所にもジッパーがつけられているので、細かい小銭がたまってしまっても収納しやすくなっています。カード類を収納できるポケットの数も多いので、クレジットカードを複数持ち歩いている人にも使いやすいのが特徴です。ポルトフォイユ・サラも人気がある商品で、ジッピー・ウォレットと並んで同ブランドを代表する財布として有名です。ボタンで開け閉めできるところがジッピー・ウォレットとの違いになっていて、形も全体的にふっくらとしています。コイン入れにはジッパーが付けられているので、ボタンタイプでもしっかりと収納できます。

 

ダミエのウォレットコレクションは持つ者に上品でモダンな印象をあたえる

ダミエのウォレットコレクションの人気が高いのは、財布を持つ人のイメージを大きく向上してくれるからです。ダミエの財布はどのコレクションも洗練されたデザインを持っているために、持つ人に上品な印象を与えてくれます。ダミエのデザインは時代を超えても新鮮なままなので、持つ人にモダンな印象を与えることもできます。すでに100年以上もの長い期間にわたって、ダミエは多くの人に愛用され続けてきました。自分の雰囲気を変えたい人にとっても最適なアイテムで、持ち物が変わるだけで、その人の印象が大きく変わることも多いです。長い歴史を持つルイ・ヴィトンの商品を使用することで、このブランドの持っている伝統が、使用している人の印象にも良いイメージを加えてくれます。ビジネス用として使用するにも最適な財布で、機能性が高いことからお金のやり取りが頻繁にある場合も非常に使いやすいです。ダミエを持っていることは一種のステータスシンボルにもなり、取引先の相手などにも良い印象を与えることができます。ダミエの中でも、ダミエ・アズールはビジネス用としては特に最適なデザインで、ルイ・ヴィトンで昔から使用され続けているデザインであるために、非常に知名度があります。プライベート用としてもダミエの財布は最適で、使いやすいのにファッション性が高いところも大きな魅力です。

 

手の届きやすい価格設定で性別や世代を問わず愛されている

ルイ・ヴィトンのダミエの財布は、ブランド品であるのに購入しやすい価格であるところも、人気がある理由です。一般の財布と比較すれば高額ですが、少し努力すれば誰でも貯められる値段なので、幅広い層に人気があります。男性・女性問わずに人気があることも、こうした手の届きやすい価格設定が大きな理由のひとつです。価格が手ごろであることから若い人でも手に入れやすいアイテムで、若い世代でもダミエを愛用している人は多勢います。中高年の人にとってもダミエの財布は人気のあるアイテムで、使えるお金に余裕が出てきた人が購入することも多いです。若い頃からずっとダミエを使い続けている人も多く、非常に使いやすくて魅力的であることから、ダミエの財布しか使おうとしない人もいます。ブランド品を買ったことがない人にも購入しやすいのがダミエの財布で、価格以上の高い価値を持っているので、使用することでルイ・ヴィトンの魅力に気づく人も非常に多いです。品質が優れているので、長期間同じ財布を使用し続けたい人にも最適で、しっかりとメンテナンスを怠らなければ財布を買い替える必要もないため、経済的なメリットもあります。仲の良い友達同士で、お揃いのダミエの財布を使用することもでき、同じ財布を使用していることで友情もさらに深まります。

 

まとめ

ルイ・ヴィトンの人気商品である、ダミエの財布について紹介してきました。ダミエはユニセックス仕様となっているので、男性でも女性でも使用しやすいアイテムです。デザインの種類が豊富であることもダミエの財布の魅力となっていて、通常のダミエ・エベヌのデザインの他に、ダミエ・アズールという白を使用したタイプのデザインも発表されています。種類も豊富に揃っていて、ジッパーがついている商品やボタンがついている商品があります。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。
まずは査定額を聞いてみる
通話無料 0120-555-600
お得なクーポンはこちら