1. 買取専門店・おたからやTOP
  2. コラム
  3. ブランド品のお役立ちコラム
  4. ルイ・ヴィトンの中でも
    特に大人気の
    ヴィバシテシリーズ

ルイ・ヴィトンの中でも
特に大人気の
ヴィバシテシリーズ

ルイ・ヴィトンは世界で最も知名度があり、多くの売り上げを誇る人気高級ブランドです。日本でも非常に愛され最も人気があるブランドです。モノグラムシリーズは最も世界で人気があり、様々なラインやデザインのバッグが発売されているのです。なかでもヴィバシテや
シテシリーズは最近特に人気があります。
その全貌を詳しく見て行くことにしましょう。

ヴィバシテを知る上で
知っておくべき
ルイ・ヴィトンの歴史

ルイ・ヴィトンは日本でも多く愛用者がおり、町を歩けばよくルイ・ヴィトンのバッグを持ち歩いている姿を見かけることが出来ます。なぜここまで日本人に愛されているのか、またヴィバシテがどうして人気なのかを知る上で、ルイ・ヴィトンの歴史を振り返ってみることは大事なことです。ルイ・ヴィトンはフランスで1854年に創業されました。当時は旅行鞄を製造するブランドで、顧客は王侯貴族が主だったのです。トランクの上に布を張るのが珍しく、貴族や王族の間でそのデザインが話題になり、世界中の王侯貴族に愛される旅行鞄となっていきました。しかし愛用者の、もっと日常使いが出来る鞄が欲しいとの要望を受け、ルイ・ヴィトンはデイユースの鞄などを開発していったのです。ダミエという格子状の文様を施したバッグが発売され、瞬く間に人気となりました。しかしその模造品も多く作られ、ルイ・ヴィトンは長年にわたり戦いを強いられることになります。対抗し開発されたのが、世界中で最も人気があり日本人にも愛用者の多い、モノグラムなのです。モノグラムは日本の家紋にインスピレーションを受け開発されたデザインです。そのため日本人にも受け入れやすく、爆発的な人気になりました。モノグラムを使ったバッグのシリーズは沢山ありますが、最近は中でもシテやヴィバシテが人気となっています。大容量で荷物がたくさん入るほか、外ポケットも備えられて日常使いに最適です。このほかにもモノグラム柄を用いたバッグは沢山あり、最近ではセミオーダーでイニシャルを施せるようにもなっているのです。世界的なアーティストや芸術家、他ブランドとのコラボレーションも見られ、若い世代を取り組むことにも成功しています。

実用性を兼ね備え特徴的な
ヴィバシテ

ヴィバシテは非常に特徴的なネーミングで気になっている方も多い事でしょう。シテとはフランス語で都市を表し、タウンユースのために開発されたバッグであることを指し示しています。このヴィバシテの最大の特徴は、その収納力にあるでしょう。マチをたっぷりとることで、大容量のバッグを実現しています。長方形のシルエットに、外ポケットがいくつかデザインされているのです。外ポケットがあると、いちいちファスナーを開ける必要がなく、非常に利便性が高いです。すぐに取り出したい定期券や鍵、スマートフォンやお財布なども収納できるのです。バッグの開口部はファスナーが付いており、防犯面でも安心して使うことが出来るバッグです。通学鞄やビジネスバッグとして活用するのも良いでしょう。大容量で500mlのペットボトルも入り、ママバッグとしても最適と言えます。持ち手部分は二つのハンドル仕様になっています。ハンドバッグとして使うほか、肩から掛けて持ち歩くこともできます。肩掛けにすると両手が空くので、仕事や作業がしやすくなります。持ち手はヌメ皮で作られており、最初はベージュ色ですが使い込むほどに飴色に変化し、その色の移ろいを楽しむことができます。使えば使う程肌なじみも良くなり、末永く使い続けることが出来るでしょう。モノグラムは水にも強く、傷や汚れが付きにくい耐久性のあるバッグです。そのため使った後は柔らかい布で拭う程度で、お手入れが簡単なのも魅力です。

ヴィバシテは
主に三つのサイズ展開

モノグラムのヴィバシテは、主に三つのサイズが展開されています。モノグラム ヴィバシテMMと、モノグラム ヴィバシテGM、モノグラム ヴィバシテPMとなっています。モノグラム ヴィバシテMMは31×14.5×9センチの大きさとなっています。ミドルサイズで、最も人気のある大きさです。洗練されモダンでありながら、清楚なイメージを与える鞄です。それゆえ通勤通学に限らず、食事会やデートにもマッチするバッグなのです。ワンピースやパンツスーツとの相性も抜群です。前面のポケットは2つあり、マグネット式で利便性が高いです。モノグラム ヴィバシテGMは33×22×10センチの大きさです。最も大きいサイズで、クラシカルな雰囲気が漂うバッグです。コレクターにとってはたまらない鞄と言えるでしょう。外側ポケットはバッグの大きさに合わせた丁度良いサイズで、スマートフォンや鍵、定期券などが収納できます。鞄の中には内ポケットがたくさん付いています。物を整頓して収納でき、探し回らずに済む利便性の高いバッグと言えるでしょう。大きなバッグなので、タブレットを入れたり一泊二日程度の小旅行なら十分対応できます。男性が使っても違和感のない大きさで、実際に愛用している方も多いです。最後はモノグラム ヴィバシテPMです。19×14×9のサイズで、ヴィバシテの中で最も小さいです。長いショルダーストラップが付属しており、斜め掛けや肩掛けショルダーとして使えます。見た目よりマチが大きく、たくさん物を収納できます。小柄な女性に最適な鞄です。

よく混同する
シテとヴィバシテの差異

モノグラム ヴィバシテに似たモデルがあることを知らない方も多いです。実はモノグラム シテというものもあり、そのフォルムやデザインがヴィバシテとそっくりで、混同している方も少なくありません。長方形のモノグラムといったフォルムに、外ポケットが付いていて、一見すると同じ商品のようにも見えます。しかし細部に違いが見られるのでご説明します。最も顕著に違う部分が開口部のファスナーです。シテはスライダーが二つ付いているのですが、ヴィバシテはスライダーが一本となっています。外ポケットにも顕著な差異が見受けられます。シテはファスナー式ポケットですが、ヴィバシテはフラップ式ポケットとなっているのです。シテはファスナー式のため、大きな荷物を収納する事が多い人に適していると言えます。ヴィバシテはファスナーが二つなので、分けて収納したり、きちんと整理整頓したい方に適しているでしょう。ポケットはフラップかファスナーか、ライフスタイルや、性格、TPOを良く考慮し選択することをお勧めします。シテもヴィバシテも細部に違いがあるものの、非常にクラシカルで洗練された雰囲気が魅力である事は共通しています。ヴィンテージのモノグラムを探している方で、シテもしくはヴィバシテを求める方が多いのは、昔の古き良きルイ・ヴィトンを体感したい人が多いからなのでしょう。ハンドバッグとして使ったり肩から掛ける事もできるので、エレガンスで気品を感じることが出来ます。

まとめ

ルイ・ヴィトンのモノグラムの中で、特に人気があるのがヴィバシテです。ヴィバシテは長方形で外ポケットがあり収納力が高く、その名の通りシティーユースに適しています。サイズ展開は三種類あり、目的に応じて選べます。シテとそっくりなデザインですが、ファスナーとポケット部分に差異が見られます。

ルイ・ヴィトン買取ページはこちら

ダミエ買取ページはこちら

モノグラム買取ページはこちら

ブランドバッグ買取ページはこちら

ブランド財布買取ページはこちら

ブランド品の買取価格高騰中!
シャネルやエルメス、ルイ・ヴィトンといった海外ブランドをはじめ、ブランド品の相場が高騰しています。特に好景気で活気付くアジア諸国でブランドバッグの需要が高まり、取引相場が高騰しているため、ブランド品の売却は今がベストタイミングといえます。
ブランド品の高価買取は「おたからや」へ

その他のルイ・ヴィトン
コラム記事

ルイ・ヴィトン買取に役立つ記事を
コラム形式で紹介しています。

タグ一覧

まずは無料査定 無料通話 最短1分で査定額をお伝えしますWEBで簡単診断 申込特典 買取金額10%UP!
店頭買取

店頭買取

査定だけでもOK!

買取店舗数は業界最多の
1,000店舗以上!

おたからやの店舗数は全国 1,000 店舗以上(待機店舗を含む)。これは、数ある買取店の中で最多を誇ります。日本全国津々浦々にて、地域密着でお買取りを承っております。

最寄りのおたからやを探す

出張買取

出張買取

査定だけでもOK!

買取専門店おたからやの
無料出張買取。

買取専門店おたからやの無料出張買取です。出張料・査定料・買取手数料は全て無料、査定は最短5分です。随時キャンペーンを実施をしております!まずはお気軽にご相談ください!

出張買取の詳細はこちら

おたからやの買取商品から探す