ブランド品
2021年11月5日

ロエベの代表格ともいえるレザーバッグは「アマソナ」!定番中の定番

NEW
ロエベの代表格ともいえるレザーバッグは「アマソナ」!定番中の定番

ロエベは世界中の女性たちから愛されているブランドですが、その中でもアマソナは人気が高いです。代表的なコレクションでもあり、色鮮やかなレザーか印象深いです。見た目だけではなく、実用性が優れているのも魅力です。

1872年に誕生した歴史あるロエベ(LOEWE)

日本でも大人気のロエベですが、王室御用達の高級ブランドとして知られています。実はロエベは1846年にスペインのマドリードで創業されました。170年以上の歴史がある老舗ブランドで、現在でもバッグを中心に革製品が人気を集めています。創業した当初から革製品をメインに取り扱っていて、バッグからお財布や葉巻入れなどを販売してきました。腕の良い職人たちが集まって立ち上げた工房なので、当時からすぐに口コミで評判が広まりました。革製品の工房が立ち上げられてから26年が経過した頃、ドイツ人の職人がこの工房を訪れました。その職人は工房で働く人達の素晴らしい技術を目の当たりにして、強く感銘を受けます。最高級の革素材を使用して、巧みな技術を持つ職人たちが次々と美しい革製品を作り上げていました。そこで一緒に働きたいと申し出て、本格的にブランドを立ち上げることになります。ブランドの名前となったのは、まさしくスペインの工房を訪れたドイツ人の職人でした。工房の創業は1846年なのですが、ロエベの名前で始動したのは1872年です。いずれにしても長い歴史のあるブランドに変わりはありません。当時は革製品を主に扱っていましたが、ロエベが誕生してからは家具の販売もスタートさせています。工房が大きくなるにつれて評判が王族の耳にも届き、王室御用達のブランドになりました。

 

ロエベアイコンシリーズでも人気のアマソナ

様々なコレクションが販売されているロエベですが、代表するのはアマソナです。創業した当初から高品質の革製品を扱っていることで有名でしたが、定番となったアマソナが生まれたのは1975年です。創業は1872年なので、約100年の時を経て傑作のアマソナが誕生しました。長方形の本体が特徴的ですが、角には丸みが施されています。角張っていないからこそ女性らしさを感じさせ、美しい仕上がりになっています。見た目の通り、収納力が高い点も人気の理由です。ブランドのロゴが主張していると使いにくさがありますが、アマソナはさりげなく入っています。4つの角には型崩れしないようにコーナーパッチが付いていて、長く使い続けても長方形を保つことができます。内装にはファスナー付きのポケットが備わっており、貴重品を収納できるところも魅力です。大容量だからこそ、通勤や旅行にも愛用されています。買い物をする時にもアマソナなら収納に困ることはありません。ハンドルもレザーが使用されているのですが、同じ素材のネームタグが付いています。歩くとそのネームタグが揺れて、とてもお洒落です。一見ボストンバッグのように見えますが、ストラップも付いています。ショルダーバッグとして使用することも可能なので、様々な場面で活躍します。

 

アマソナのサイズごとの収納力をチェック

アマソナはロエベの代名詞とも言われているので、サイズもいくつか展開されています。全部で4種類あるのですが、一番小さいのはアマソナ23です。高さは15センチで横幅は24センチなので、全体的に小さめに作られています。奥行きは11センチしかなく、最小限の荷物を持って出かけたい時に最適です。パーティーに呼ばれた時には、あまり大きなバッグを持って行くことができません。そんな時にアマソナ23は大活躍します。一番サイズが小さいと言っても、スマートフォンやお財布は収納できます。化粧品もいくつかは入りますので、パーティーやちょっとした外出にぴったりです。次に大きいのはアマソナ28で、高さは18センチほどあります。横幅は29センチで奥行きが15センチなので、最も使いやすいサイズです。長財布も収納できますし、A4の手帳やノート類もきちんと入ります。通勤の時にも便利で、愛用者が多いです。アマソナ32になると、高さだけでも23センチはあります。横幅はなんと36.5センチで結構な大きさです。奥行きはアマソナ28と1センチしか変わらず、16センチです。通勤のバッグとしても使用することはできるのですが、少し大きく感じるでしょう。必需品はもちろん、ペットボトルや折りたたみ傘なども収納できて便利です。

 

ビッグサイズなら旅行カバンとしても使える

休暇にはよく旅行に出かける方も多いですが、そんな時にもアマソナのバッグは役立ちます。一番大きなサイズのアマソナ75なら、衣類なども問題なく収納できます。縦幅は24センチ、横は29センチなので、正方形のような形をしています。アマソナのデザインは基本的に長方形なので、一番人気の大きなアマソナ75は特別なバッグです。奥行きも18センチなので、全体のバランスが優れています。奥行きがあるからこそ収納力は抜群なのですが、横幅はアマソナ32よりも小さいです。人によっては横幅が長いほうが使いやすい可能性があるので、その時はアマソナ32を選ぶことをおすすめします。ただ見た目はコンパクトでも、旅行にはアマソナ75のほうが安心です。旅行用の大きなバッグとは別に、小さなショルダーバッグ等も一緒に持ち歩く方は多いです。その場合はショルダーバッグに必需品を入れて、大きなバッグには衣類は化粧ポーチなどを詰め込みます。このように分けて使えば、アマソナ75でも余裕ができます。帰りにお土産を購入しても、しっかりバッグに収納できるのが利点です。開口の部分は広くなっており、ファスナーを全開にすれば中身がよく見えます。スムーズに出し入れをすることも可能なので、旅行の際には大活躍です。日帰りであればアマソナ32もおすすめです。

 

都会的上品さが追及出来るアマソナ

長方形が美しいアマソナですが、流行に左右されない絶妙な色合いが都会的です。ロエベのバッグはどれも明るい色の人気も高いのですが、落ち着いたカラーが特に売れています。素材にはロエベの定番であるカーフスキンが採用されており、質感は滑らかです。少しマットなのであまり光沢感はないのですが、適度に艶があるため美しいです。アマソナのバッグは職人が手作業で一つずつレザーを繋ぎ合わせています。長い歴史の中で受け継がれてきた加工の技術を駆使して、都会的な上品さが表現されているのが魅力です。多くの場合はカーフスキンが使われていますが、中にはスエードやパイソンが使用されることもあります。さらにキャンバス素材のアマソナも販売されているので、カジュアルな装いや場所で愛用したい方に向いています。スエードは手触りが良くて高級感があります。パイソンは野性的な雰囲気が強い素材で、スタイリッシュな装いに調和します。どの素材が使用されていても、アマソナの魅力は保たれています。キャンバスの素材はとても丈夫なので、買い物や旅行でも使いやすいです。ハンドルも持ちやすく、荷物が重くなっても手に負担がかかりません。内装のポケットはどのサイズにも備わっているので、収納力が抜群に高いです。サイズによってストラップが付いており、ショルダーにもなります。

 

まとめ

ロエベが本格的に始動したのは1872年で、スペインの王室御用達のブランドとしても知られています。これほど長い歴史のあるブランドは限られています。ロエベの中でも代表的なコレクションはアマソナで、1975年に誕生しました。長方形のフォルムが魅力的で、通勤から旅行まで幅広く愛用することができます。一番小さいサイズならパーティーにも最適です。主にカーフスキンが使われていて、都会的な上品さがあります。ストラップがあるので、ショルダーバッグにも使えるのが便利です。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。