1. 買取専門店・おたからやTOP
  2. コラム
  3. ブランド品のお役立ちコラム
  4. エルメスの双璧であるバーキン
    とは
    歴史と起源に迫る話

エルメスの双璧であるバーキン
とは
歴史と起源に迫る話

エルメスを代表するバッグと言えばケリーと
バーキンに他なりません。
この二つは似ているデザインですが、
オリジナルの起源は同じバッグに行き着きます。名作中の名作バーキンが生まれた背景を含めて迫っていきます。

エルメスの創業期のスタイル

エルメスがパリのマドレーヌ地区バス・デュ・ランパール通りに創業したのは、1837年のことでした。創業者のティエリー・エルメスはドイツから単身この地へやって来て、レザークラフトを学び独立して工房兼ショップとして馬具専門店を開設したのです。
当初はブーツや手綱や鞍などを製作し、細々とした経営を行いながら自分のスキルとお店の認知度を磨いていきました。若くして両親や家族を失ったティエリー・エルメスは、勤勉で確かな腕を持っており責任感の強い青年だったのです。
子供を成して工房の経営も軌道に乗り、1867年には第二回万国博覧会のクラフト部門で銀メダルを授賞し、エルメスの名前はフランス中に広まりました。二代目シャルル・エミール・エルメスは工房を、エリーゼ地区のフォーブル・サントノーレ24番地に移転し、この工房が現在のエルメスの本店になっております。この時代はまだ馬車が全盛の頃で、事業も堅実に上昇していきました。
シャルル・エミール・エルメスの時代に現在のエルメスを語る上で、絶対に欠かせない名品が生まれます。それは馬の鞍を収納して運ぶオータクロアというバッグの誕生でした。頑丈なボディにフラップを付けて、ベルトで補強する現在のエルメスを彷彿とさせるデザインであり、重い馬の鞍を運んでもびくともしない耐久性を持っていたのです。
実はケリーやバーキンも、元をたどるとこのオータクロアが原形になっております。まだ馬が人々の交通の要でしたから、馬具だけではなく馬具を運ぶ鞄も重宝されました。エルメスの名声は万博以降国内に留まらずに、周辺各国まで鳴り響いていたのです。
三代目のエミール・モーリス・エルメスは、熱心な営業マンでした。ヨーロッパの王族や貴族や富裕層に、自社の馬具やオータクロアを紹介して、オーダーメイドで顧客の気に入る製品を生み出していきます。時の権力者である皇帝ニコライ二世にもセールスを行い、見事に馬具と鞍を購入してもらったと伝えられているのです。こうした生産活動と営業活動が実を結び、エルメスは確実に成長の道を進んでいきました。これから20世紀に突入して、激動の時代を迎える前夜のことです。

エルメスのバーキンの
誕生エピソード

1981年、エルメスの社長ジャン=ルイ・デュマは、ロンドン行きの飛行機の機中で美しい女性の隣席になりました。彼女の名前はジェーン・バーキン、女優にして歌手であり世界で最も有名な女性の一人だったのです。
ジェーン・バーキンの足元には籐のカゴバッグが置かれており、雑然とした中身が見える状態でした。世界を飛び回りながら忙しく子育てをするジェーン・バーキンは、隣に座った男性が世界的な皮革ブランドのエルメスの社長と知ってか知らずか、身の回りの物を収納して哺乳瓶を直ぐに取り出せる洒落たバッグがないことを嘆きます。
ジェーン・バーキンの言葉に頷いたジャン=ルイ・デュマは、二つ返事で必ず気に入るバッグをプレゼントしますと約束しました。ジャン=ルイ・デュマは得意な創造性を活用しながら、オータクロアからサック・ア・クロアを経由して新しいバッグを作り上げます。それはケリーバッグの姉妹モデルとして現在知られている、エルメスを代表する名品バーキンバッグになりました。
最初のオーナーはジェーン・バーキンです。自らの名前が冠されたエルメスのバッグは、ラフに使っても壊れずに長年愛用されたと言われております。ケリーは繊細でフォーマルな印象であり、ハンドルは一つですが、バーキンはハンドルを二本持ち左右のマチをストラップで広げられる構造です。子育て中で手荷物が多いジェーン・バーキンに配慮して製作されたので、少ない荷物にも荷物が増えても対応出来る調節機能を重視しました。
フラップを開ければ大きく開口部が開き、哺乳瓶を取り出すことにもストレスはありません。カフェの床に置いても汚れないように、安定感の高い底部には頑丈な底鋲を打ってあります。バーキンは内縫いタイプのみで、ぶつけたりしても大丈夫なようにパイピングで角部分を柔らかく仕上げているのが特徴です。エレガントでありながらマザーバッグとしても使えるだけの、実用性を重視したのがこのバーキンの特徴になります。
ジェーン・バーキンはオリジナルの40センチサイズを愛用しましたが、日本ではワンサイズ小さ目の35センチや30センチが人気です。使いやすく見た目よりも荷物が入り実用的で、誕生から数十年経っても色褪せない魅力があるのがバーキンになります。

品質の良さが魅力的なバーキン

エルメスの歴史を紐解いてゆくと、馬具製作に打ち込んだ歴史が技術力の背景になっていることが分かります。馬に負担をかけずに人間が使いやすいようにデザインされた馬具は、見た目だけではなく機能する道具でなければなりません。
ステッチが太過ぎたりなどが原因で擦れてしまうと、乗馬中に馬具が壊れて人間が落ちてしまいます。それだけではなく、馬は装着の具合が悪い鞍を乗せられるとストレスが溜まり、気性が荒くなってしまうのです。人にも馬にも優しく安全性が求められる道具であり、座り心地も見た目もエレガントであることは、貴族や王族が乗馬を嗜みにしていたことも背景になっております。
馬の鞍作りや馬具作りで鍛えられたスキルとノウハウ、感性やデザインの追及は、後にモータリゼーションの時代を迎えた時にもエルメスを支える財産になってくれました。使いやすく構造的に頑丈でありながら、しなやかでデザイン性が良いこと、ラゲッジバッグに必要な機能を全て兼ね備えていることで、エルメスのバッグは世界中で人気になっております。
素材選びから独自の製法まで、馬具作りからフィードバックされたノウハウは少なくありません。自動車や公共交通機関が移動手段を変えましたが、人々の生活スタイルの中で移動中に荷物を持ち運ぶことは現在も変わっていないのです。より時代に適合したバッグのスタイルを追求してゆくと、エルメスに到達することも必然になります。
エルメスは伝統的な技術を使って、世界中から集められた最良の素材の一番良い部分だけを使い製作を行うのです。レザーは部位によって伸びやすかったり柔らか過ぎたり、厚みにムラがありますがエルメスは最も品質が安定して丈夫な、背中側の部位のレザーしかバッグ本体には使いません。だからこそ長年の酷使にも耐えられますし、昔ながらのハンドメイドで作られているので修理対応も可能なのです。
エルメスは各国に専門窓口を設けて、アフターサービスを重視しています。ステッチ穴を活用しながらなるべく元の状態に戻し、修理後にも長く使えるように修理を行うのです。エルメスのバッグは高額ですが、優れた職人が最良の素材を使いハンドメイドで製造していることを知れば納得の価格になります。

エルメスのバーキンの魅力は
使いやすさ

ケリーバッグは25サイズ以上の場合はショルダーストラップが付属しており、肩掛けとしても使うことが可能です。ケリーバッグはモナコ皇妃グレース・ケリーが、急にカメラを向けられた時にそのバッグで自分のお腹を守ったことから有名になったバッグになります。当時彼女は妊娠中で、カメラを向けられた時に母性本能から咄嗟に、お腹をバッグで隠したと伝えられているのです。
ケリーバッグは実はサック・ア・クロアと呼ばれるシリーズ名でした。名品オータクロアの流れを汲み、1935年に発表されたバッグになります。1956年に上記のエピソードが起こってから、後に正式にケリーバッグと呼ばれるようになりました。内縫いと外縫いのモデルがあり、6サイズの展開でエルメスを代表する名品として知られております。エレガントでパーティバッグとして有名であり、女性の間では憧れの逸品です。
ケリーと双璧を成すバーキンは、バッグを裏返して縫い上げて元に戻す内縫いモデルのみの展開になります。サイドの縫い目は外側からは見えずに、縫い目にはパイピング処理が施されているのが特徴です。柔らかい印象であり、体がぶつかっても痛くありません。サイド部分はベルトによって厚みを変えられるようになっており、台形で底部にゆくほど広がっており安定感は抜群です。しなやかでアクティブな印象は、ケリーの姉妹モデルですが大きく異なる印象を与えてくれます。
ケリーは一本だけのハンドルで出来ておりますが、バーキンは左右から二本のハンドルで構成されているのです。このハンドの部材は六種類の素材を使い、手に握った時に滑らずに持ちやすく耐久性が高いような構造をしております。クロアとターンバックルでフラップを挟み込み、開口部を確実に閉めることが出来るのです。さらにカデナにより南京錠を付けることが可能で、これは原型であるサック・ア・クロアと呼ばれるバッグが、旅行カバンとして活躍した意匠の流れだと言われております。中央のフラップは金属のベルト通しで、確実に固定も可能です。
内部へのアクセスがしやすいのも特徴になります。フラップを開けるとフロントにオープンポケット、背面にファスナーポケットが装備されているのです。小物の整理がしやすい最適なデザインになります。

エルメスのサイズ展開

バーキンとは、日常生活で持ち運ぶアイテムを整理整頓しながら、取り出しやすく使いやすいようにデザインされたバッグです。歌手であり女優のジェーン・バーキンの要望をアイデアのソースにしており、当時子育て中だったジェーン・バーキンの意見によって、マザーバッグのような性質を持っていると言われております。ジェーン・バーキンはエルメスの社長のジャン=ルイ・デュマから、このバーキンバッグをプレゼントされました。幅が40センチのオリジナルサイズでした。
現在、バーキンは通常モデルは30センチ35センチ、オリジナルの40センチの3パターンが用意されております。エルメスの特徴ですが同じモデルでも定番商品は、複数のサイズ展開をすることが知られています。体格や収納の関係から選んで、自分のライフスタイルに一番合う大きさを愛用することが出来ます。不思議なことに同じデザインでも、大きさが変わると同じバッグとは思えないほど印象も変化するのです。
例えば、エルメスのショルダーバッグの新定番で知られている、リンディシリーズは2007年に発表された比較的に新しい製品ですが、3つの大きさが設定されており、ミニミニと呼ばれている20センチはポーチのように使うことが出来ますし、サブバッグとしても活躍させられるのです。身の回りの最小限の荷物を収納して、電車に飛び乗って買い物や食事に出かけるのにも最適になります。
他にも、リンディは26センチと30センチサイズを展開しており、30センチサイズならばA4の紙が折らずに収納することが可能です。よって落ち着いたカラーを選べば、ビジネスバッグとしても活用可能になります。2WAY仕様で手持ちでも肩掛けでも使えますから、アクティブに使えるので小旅行や出張などにも対応してくれるのです。
このように、エルメスのバッグはサイズ展開により、使うシーンを変化させることが出来ます。ビジネスからフォーマルまで、ユーザーの人生に寄り添ってくれる魅力があるのです。アフターケア体制にも力を入れているので、愛用のバッグが壊れてしまっても修理対応が可能になります。ジェーン・バーキンがバーキンバッグをラフなマザーバッグとして使ったように、大切にしながら愛用の道具として活用するのがエルメスの使い方です。

素材で選ぶバーキンの楽しみ方

バーキンとはエルメスの定番ハンドバッグです。左右にハンドルを持ち、収納力も高いのでトートバッグのようにラフな使い方も可能になります。以前はわざとフラップを内側に入れて、本当にトートのような使い方をすることが流行りました。高価なバッグだからこその遊び心であり、決して粗末に扱っているわけではなく自由な精神を持ってエルメスを楽しんでいる証拠なのです。
バーキンは定番モデルなので、色や素材も数えきれないほど豊富なことも特徴になります。最も一般的なのは牛革であり、カウハイドやステアハイドなどを使って素材にしているのです。このレザーは世界中で生産されますが、天然資源の副産物でありランクもさまざまになります。エルメスは最も良質な素材のみを世界中から集めてアトリエに保管し、その世界最高のレザーを使って優れた職人が時間をかけて、バッグまで仕上げることで高い品質を保っているのです。
レザーの仕入れ先はタンナーと呼ばれており、世界にはタンナーのブランドも少なくありません。有名なのはフランスにあるデュプイ社やアノネイ社になります。生後6カ月までの子牛の革を鞣し、銀面を美しくしなやかに仕上げたレザーは美しく繊細で、手触りも最高の牛革なのです。
デュプイ社やアノネイ社のボックスカーフの最良のグレードがエルメスに納品され、アトリエで温度と湿度を管理しながら鞄に加工されるのを待ちます。レザーだけではなく底鋲や芯材や内装材まで、エルメスは最良を求め完璧を追求しているのです。だからこそ鞄になった時に気品がありながら、極めて高い耐久性を維持します。
レザーは他にもドイツのぺリンガー社やWEINHEIMER社などから仕入れていることが有名であり、他にもヘンローンー社や、エキゾチックレザーが得意なタンナーブランドなど、素材別に、エルメスの眼鏡にかなった物だけが仕入れされてストックされるのです。
ボックスカーフは艶消しと艶有りモデルがあり、美しい光沢やマットな質感を楽しむことが出来ます。黒や濃いブラウンならば落ち着いているので、ビジネスシーンでも利用可能です。リザードやアリゲーターならばリッチな雰囲気を楽しめますし、軽く丈夫な山羊革であるならば収納を多くしても手の負担が少ないなどのメリットがあります。

エルメスの
オーダーメイドシステム

エルメスのバッグはハンドメイドであり、その年により素材の関係から作られるアイテムも変動していきます。定番モデルでも素材を確保出来なければ一部のサイズの出荷が少なくなることもありますし、素材が確保されればスペシャルなモデルが誕生することもあるのです。
ハンドメイドで一つの鞄を作るのに平均20時間以上の作業時間が必要になります。一人の職人が糸作りからフィニッシュまで行いますので、量産は出来ません。年間で生産出来る数はあらかじめ決まってしまうのです。これが逆にエルメスの名声を高め、品質を維持している魅力でもあります。
バーキンやケリーなどの定番モデルは、パーソナルオーダーという、サイズや素材や色を指定出来るパターンメイドシステムがあります。大変人気で自分のオリジナルバッグを持てるということで、納期は数年待ちになっております。
指定出来るのはハンドルやフラップなどの部品単位であったり、縫製糸のカラーや内装などの細かい部分もオーダーが可能です。バーキンにはクロアやベルト通しなどの金具が使われますが、この金具の色合いも選ぶことが出来ます。マットなシルバーやゴールドなど、通常にはない物を選んでみてもいいかもしれません。
パーソナルオーダーは定期的にエルメス製品を購入している上客で、スタッフとの関係を構築している人が頼めると言われております。またそうした上客の紹介であったり、社会的な立場がある人が可能だとも言われているのです。真偽のほどは定かではないながら、品性や相手への敬意、何よりもエルメスが好きだという熱意が必要になります。
サイズや縫い方や素材、カラーのバリエーションを変更すれば、定番モデルでもスペシャルな逸品になります。素材によっては選べないカラーもありますし、それはカラーの見本帳を参考にしなければなりません。アトリエとの相談が必要であり、要望を伝えて変更しなければならないオーダーもあります。
エルメスのカラーは印象的なオレンジが使われています。元々ベージュがイメージカラーでしたが、戦乱により資材が不足して包装紙にオレンジの紙素材を使ったことが定着したと言われております。カラー選びはそのブランドを象徴する物になります。自分のカラーを使いオーダーすれば、生涯手放せない宝物になることは間違いありません。

まとめ

エルメスのバーキンとは、歌手であり女優でもあったジェーン・バーキンの要望から生まれました。現在も愛される名品として、世界中の女性から憧憬される存在になります。サイズや色の展開も豊富で、オーダーシステムにも対応しているエルメスを代表する定番バッグです。

エルメス買取ページはこちら

オータクロア買取ページはこちら

ケリー買取ページはこちら

バーキン買取ページはこちら

リンディ買取ページはこちら

ブランドバッグ買取ページはこちら

ブランド小物買取ページはこちら

ブランド品の買取価格高騰中!
シャネルやエルメス、ルイ・ヴィトンといった海外ブランドをはじめ、ブランド品の相場が高騰しています。特に好景気で活気付くアジア諸国でブランドバッグの需要が高まり、取引相場が高騰しているため、ブランド品の売却は今がベストタイミングといえます。
ブランド品の高価買取は「おたからや」へ

その他のブランド品
コラム記事

ブランド品買取に役立つ記事を
コラム形式で紹介しています。

タグ一覧

まずは無料査定 無料通話 最短1分で査定額をお伝えしますWEBで簡単診断 申込特典 買取金額10%UP!
店頭買取

店頭買取

査定だけでもOK!

買取店舗数は業界最多の
1,000店舗以上!

おたからやの店舗数は全国 1,000 店舗以上(待機店舗を含む)。これは、数ある買取店の中で最多を誇ります。日本全国津々浦々にて、地域密着でお買取りを承っております。

最寄りのおたからやを探す

出張買取

出張買取

査定だけでもOK!

買取専門店おたからやの
無料出張買取。

買取専門店おたからやの無料出張買取です。出張料・査定料・買取手数料は全て無料、査定は最短5分です。随時キャンペーンを実施をしております!まずはお気軽にご相談ください!

出張買取の詳細はこちら

おたからやの買取商品から探す