コーチのニューアイコンバッグ「レガシー」はタッセルが可愛くて印象的!

NEW
コーチのニューアイコンバッグ「レガシー」はタッセルが可愛くて印象的!

コーチは1941年にニューヨークで誕生した人気のブランドですが、中でもレガシーは落ち着いた印象があります。クラシカルなので派手さはないものの、通勤から冠婚葬祭にも使えるほど幅広く活躍してくれます。タッセルが特徴的で、実用性を兼ね備えています。

クラシックデザインと機能性「レガシー」の魅力

コーチには様々なコレクションが存在しており、どれも人気が高いです。また象徴的なCCマークのバッグは、街中でもよく見かけるほど定番です。数多くのコレクションを発表してきたコーチの中で、一番クラシカルなのはレガシーです。名前の意味は遺産で、2006年に誕生しました。タッセルが魅力的なのですが、動くと揺れるので非常にお洒落です。CCマークの代わりにレザープレートが付いており、コーチの名前が刻印されています。形や細部の部品など、レガシーのデザインは全体的に落ち着いています。その分タッセルが付いていることで、地味になっていないのが素晴らしいです。デザインだけでも優れていますが、機能性も充実していて使いやすいです。レガシーは全てファスナーで開け閉めすることができますし、内側にはポケットが付いています。商品の大きさによってポケットの数は異なりますが、2〜3個は備わっているので安心です。見た目はコンパクトなのに、小分けに収納することができて便利です。外側にもポケットが付いているため、通勤にも適しています。高品質のレザーが採用されていて、長持ちするのも魅力的です。レザーが使われていると重くなることが多いですが、レガシーは軽量です。たくさん収納しても快適に持ち歩けて利便性が高いです。

 

「レガシー」の人気シリーズ展開をピックアップ

レガシーにはいろんな種類のバッグが展開されていて、どの商品もクラシカルな雰囲気が漂っています。ただ種類によって多少はデザインが異なっていて、どれを選んだらよいか迷いやすいです。人気のシリーズをピックアップすると、まずはミニタナーが挙げられます。ミニタナーは四角い形をしていて、一見スクエアにも似ています。3wayになっているのが特徴で、使い勝手が良いバッグです。さらに有名な海外セレブたちが愛用していることでも知られています。海外セレブが使っていることで一般的な知名度が上がり、レガシーの中で特に人気になりました。変わらずタッセルは備わっているのですが、さり気なく施されているのでそこまで目立たないです。ストラップは取り外すことが可能で、ショルダーバッグにもなります。上の部分が横向きに開いており、少し斬新なデザインです。ストラップを取り外せばそのままハンドバッグになるので、外食やパーティー等でも使用することができます。もっと気楽に持ち歩きたい時は、斜め掛けで使うとお洒落です。次に人気があるのはヘイリーサッチェルで、ボストンバッグとして使うことができます。上部は若干幅が狭くなっていますが、大容量なので収納力は抜群です。ダブルファスナーで大きく開きますし、底には4つの底鋲が備わっていて安定感があります。

 

「レガシー」の人気素材とおすすめカラーをチェック

人気が高いレガシーには複数の素材が使用されています。さらに色のバリエーションも豊かで、好みのものを選ぶことが可能です。まずレガシーで主に使われているのは、グラブタン・レザーです。このレザーは1958年に登場したのですが、耐久性が優れているのが大きな特徴です。グラブタン・レザー自体が野球のグローブに着想を得て作られていて、使い続けるうちに風合いが増していきます。最初のうちは硬いですが、だんだん柔らかくなって手触りも変化します。この素材はレガシー以外のバッグにも採用されているので、コーチの定番です。カラーの展開も充実しており、人気があるのは黒や白です。海外セレブも愛用しているミニタナーには、淡いピンク色も存在しています。もっとはっきりした色彩のバッグもあるので、落ち着いた装いの時には引き立ちます。バッグを主役にしたいなら、少し派手な色を選ぶのもおすすめです。CCのマークが施されているレガシーには、キャンバスの素材が使われています。定番の色はカーキとベージュですが、他の色も揃っています。キャンバスの素材はとても軽くて、耐久性が優れているのが魅力です。レザーと組み合わせて使用されているため、より一層傷や汚れには強いです。買い物などのお出かけで使用するのにぴったりで、気軽に持ち歩けるバッグです。

 

「レガシー」のシグネチャーも定番アイテム

様々な人気コレクションの中でも落ち着いた印象が強いレガシーには、シグネチャーのバッグも用意されています。基本的には無地のレザーが採用されており、幅広い世代の方々が使えるデザインになっています。しかしCCのマークが入ったシグネチャーは定番の柄で、根強い人気があります。シグネチャーが入ったものにはキャンバスの素材が使用されているのですが、同時に革素材も使われていて耐久性が高いです。フォーマルな場所や通勤の時に愛用したいなら、無地のレガシーを選んだほうが無難です。普段からカジュアルに使いたい方には、シグネチャーをおすすめします。コーチならではのデザインが楽しめますし、ラフなお洒落をしたい時にも活躍します。レガシーのバッグを持っているだけで、お洒落の幅が広がるので便利です。持つだけでワンランク上の装いに仕上がります。耐久性が優れていることもあって、少し雑に扱ったとしても汚れや傷がつきにくいのも魅力です。キャンバスの素材だからこそお手入れも簡単で、長く愛用することが可能です。見た目も美しいですが、機能性が高いのも素晴らしい点です。シグネチャーのバッグにも内側にポケットが付いていて、そこに色々なものを収納することができて、利便性も良いです。タッセルは変わらず備わっているので、動くたびに揺れて美しいです。

 

ベーシックとトレンドの魅力が詰まっている「レガシー」

新しいバッグを購入する時、トレンドを意識する方は少なくないでしょう。確かに重要な要素ですが、ファッションの流行はすぐに移り変わります。少し前まで流行っていたデザインが、いつの間にか時代遅れになっていることも多いです。こうした問題を避け、長く使い続けるためにはベーシックなデザインのものを選ぶとよいでしょう。コーチのレガシーは登場した頃から変わらないデザインですが、その時々で流行をさり気なく取り入れています。全面的にトレンドを打ち出しているわけではないので、時代遅れになることはありません。レガシーを象徴するのはタッセルですが、これは現在でも備わっています。無地で落ち着いた印象があるものの、タッセルが付いていることで高級感があります。最近は形や細部にトレンドを取り入れており、斬新な一面を感じさせます。あくまでもベーシックな見た目なので、いろいろな場面で使用することができます。パーティーに呼ばれた時も、レガシーがあればお洒落を引き立ててくれます。少しトレンドが加わっていることで、日常から特別な日まで使えるところが魅力です。機能性も昔から高いですが、レザーやキャンバスの素材が軽量になって、もっと使いやすくなりました。コンパクトな見た目で美しいですが、中には複数のポケットがあるので、色々とものを収納できて機能的なバッグです。

 

まとめ

コーチで人気のレガシーは2006年に誕生したコレクションです。全体的にクラシカルな印象が強く、上品さと高級感が漂っています。レガシーの象徴はバッグに付けられたタッセルで、持ち歩くと揺れ動きます。無地のレザーか定番ですが、人気のシグネチャーも販売されています。ボストンバッグや3wayのハンドバッグ等、種類が充実している点も人気の理由です。ベーシックでありながらさり気なく流行を取り入れており、長く愛用できます。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る