世界でも人気の金を使った伝統工芸品まき絵の歴史と魅力

NEW
世界でも人気の金を使った伝統工芸品まき絵の歴史と魅力

金を使った工芸品は数多くありますが、日本で1番有名なのがまき絵ではないでしょうか。約1300年近く前から作られている伝統工芸の装飾法であり、海外でもとても人気です。今回はそんなまき絵の歴史や魅力について詳しく解説していきます。

そもそもまき絵とは

漆に金や銀をふんだんに使うまき絵は、日本の中でも長い歴史を有している伝統工芸品への装飾技法の1つです。 

金や銀などの見目麗しい色の粉を使って、漆の器の表面を美しく飾りつける技法になります。海外でも「makie」と呼ばれて、古くは江戸時代には数多くのものが海外へと輸出されていたようです。

現在でも日本を訪れた外国人観光客の人々が好んで購入していくことで知られており、密かに外国で人気の伝統工芸品となっています。 

 

まき絵の歴史

金や銀など美しい粉を使って漆の器を飾りつけるまき絵ですが、約1300年近く前から行われている技法だといわれています。いったいなぜ漆に対してこのような技法で飾りつけるようになったのでしょうか。以下でまき絵の歴史について詳しく解説していきます。

はじまりは奈良時代 ?

現在ではまき絵がいつ流行しだしたのかはまだ分かっていませんが、おおよそ奈良時代ではないかといわれています。

奈良時代の貴族である公家の人たちに対してまき絵で装飾された作品が献上されており、現在でも正倉院の蔵に残されていたことが分かっているからです。

奈良時代から脈々と続いていたまき絵による装飾は、平安時代に大きな注目を浴びて人気になったといわれています。

平安時代といえば貴族の文化が最も発展した時代であり、金や銀を使用した見目麗しい調度品が好まれていたからです。例えば、十円玉で有名な平等院鳳凰堂や金をぜい沢に使って建築された中尊寺金色堂などが漆を主に使って作られています。

一般庶民に浸透しはじめた江戸時代

そもそもの発想が貴族に好まれた調度品ですので、江戸時代まで一般庶民の間ではそこまでなじみがありませんでした。しかし一般庶民の中にも商人など裕福な人が現れはじめたことから、まき絵が施された様々な品が出回るようになったようです。

実際に江戸時代には日本の独特の文化として海外の国々にも輸出されていたこともあり、高級品として一般庶民の中でも徐々に人気を獲得していたことが分かっています。

その後数々の時代を経て受け継がれてきたまき絵は、明治時代に一気に日本中へと広がることになります。現在にも残されている作品では、特にこの時代には日本中に広がったことによって地域ごとの特色がみられるようになったのが大きな特徴です。

 

まき絵の魅力とは?

現在では日本の中でも伝統工芸品として認められ、海外でも愛されているまき絵。奈良時代からはじまって長い歴史の中で受け継がれてきた伝統工芸の装飾技法であるまき絵ですが、いったいどのような魅力があるのでしょうか。 以下で詳しく解説していきます。

漆との美しい調和

本来漆とは長持ちするように木を補強する役目を有しており、他にもツヤ出しや接着の効果があります。

金や銀などをふんだんに使用して飾りつけるまき絵は、美しいツヤを出す漆と絶妙に調和するのです。実際に装飾を施す職人の人々によって、まき絵は様々な顔を見せます。 特に最近では海外の人にも人気が出てきたことから、伝統的な作り方にも少しずつ変化が起きつつあるのが特徴です。

今後は世界への需要が高まるとともに漆との美しい調和がどのような変化をしていくのか、業界でも注目されています。

生活に伝統工芸品を持つことのできる魅力

日本の法律でも伝統工芸品として認められていますが、現代日本に生きる人々にとってこのような歴史と伝統を有している工芸品に触れる機会はなかなかありません。

しかし漆器にまき絵によって装飾が施された様々な品々は、生活の中で楽しむことのできるものが数多くあります。

例えばお茶わんや筆など毎日使用するものも数多くあるので、気軽に生活の中に伝統工芸品を取り入れることが可能です。こういった生活の中に取り込められる伝統工芸品は、世界でも高い評価を得ておりパリで行われた万博でも絶賛されています。

そのため日本が好きで伝統工芸品をさりげなく生活の中に取り入れたい人にとっては、とても便利なものといえるでしょう。

 

まとめ

長い歴史の中で受け継がれてきたまき絵。現在では日本でも伝統工芸品として法律でも認められており、海外でも万博で絶賛されるなど高い評価を受けています。お茶碗わんなど気軽に生活に取り入れられるものも多いので、興味がある方は1度使ってみてはいかがでしょうか。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る