金は世界中の市場で取引されている?何に使われているのか詳しく解説

NEW
金は世界中の市場で取引されている?何に使われているのか詳しく解説

人間の長い歴史とともに常に歩み続けてきた金。高い価値を有し続けている金は、現在でも世界中の市場で取引されています。そこで今回の記事では、そもそも取引されている金が何に使われているのか詳しくみていきましょう。

世界で取引されている金

金は1度採掘されるとなくならず残り続けているので、はるか昔から常にその総量は増え続けています。

人間が金を採掘するようになってから現在までおよそ20万トン以上採掘されてきたといわれており、現在では様々なものに使われているのが金の特徴です。

これまで採掘されてきたものを全て一箇所に集めるとフランスにあるエッフェル塔の1階部分の踊り場を超えるほどといわれており、人間がどれだけ金を採掘してきたのかを実感できるのではないでしょうか。

 

主な使用用途

今この瞬間でも採掘され続けている金ですが、大量に採掘されたものはいったいどのような使われ方がされているのでしょうか。実は多くの人が思い浮かべるものから、意外なものまで金の使用用途は様々です。そこで以下では、代表的な使用用途について詳しく解説していきます。

医療関係と美容関係

意外な使用用途として挙げられるのが医療関係です。

検査をするためのコーティング剤やリウマチの患者への資料など様々な使われ方をしています。

また誰もが思いつくのが、歯に入れる金歯ではないでしょうか。金は腐る可能性が低いので、詰めものとしては最適であることからよく使われています。

医療だけではなく、実は古くはクレオパトラが美容に金を使っていた記録が残っているほど、金と美容の関係は深いことをご存じでしょうか。

金が有している電気の流れを改善する効果は、人体にも良い影響があり体の中の血流を良くする働きがあるといわれています。そのためセレブや芸能人なども、極的に使用していることもあり、美容では 非常に高い評価を受けているといえるでしょう。

食料関係と工業関係

食用としてもよく使われており、洋菓子や高級料理などに金粉がかけられているのをみたことがある人も多いのではないでしょうか。

特に栄養面で優れた効果を有しているわけではありませんが、視覚的に派手で満足感を与えてくれることから、金粉を料理に使うのは料理人の人にとっても一般的な料理法です。

また工業分野でも欠かせない存在になっているのが金です。

現在では生活に必要不可欠になっているPCなどに必要な精密機器を作るためにも、必要不可欠な原材料となっています。

特に他の鉱物よりも丈夫で加工しやすいメリットがあるので、今後も工業分野では欠かせない原材料なのは間違いないでしょう。

 

まとめ

はるか昔から世界中で取引されている金が、いったいどのように使われているのか詳しく解説してきました。食事関係から工業分野まで、実は私たちの生活に欠かせないものとなっているのが分かったのではないでしょうか。また今後思いもよらない活用法によって、さらに金の重要度が増す可能性もあります。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る