金を高く買取してもらうためには相場の変動を見抜け

NEW
金を高く買取してもらうためには相場の変動を見抜け

ほとんどの業者では、ホームページにて金の買取価格を掲載しています。そもそもこの買取金額というのは世界の金相場によって決められているのです。そのため、できるだけ高く買取をしてもらうためには相場の変動を見抜かなければいけません。そこで今回の記事では、金の買取価格に影響する相場の変動について詳しく解説します。

相場はどういった要因が影響して変化するのか?

金を買取している業者が買取価格を決める際に参考にしているのが金相場の動きです。この相場の動きによって、どのくらいの値段で買取されるのかが左右します。では、金の相場はどういった要因が影響して変化しているのでしょうか。

もっとも影響を与えているのが、世界中の社会情勢の変化です。過去の相場を分析すると、大きな社会情勢の変化が起きたときに金相場も大きく動いています。

特に影響を与えるのがアメリカでの出来事であり、世界に影響を与えるドルと金には深い結びつきがあることは言うまでもありません。例えば9.11同時多発テロがアメリカ国内で起きたときにはドルへの不安が高まり、金相場が大きく値上がりを見せました。

またリーマンショックによってアメリカの株式市場が大きく値下がりを見せたときも、金相場は逆に値上がりを見せたのが特徴です。そして世界に大きな影響を与えた新型コロナウイルス感染拡大の際にも金の価値は大きく上がっています。

さらに時代を遡り古くは世界大恐慌が起きた際にも、世界中の人々が貨幣制度へ不信感を抱き始めたことにより金が逆に値上がりを見せたという事実もあるほどです。

このように世界中へ大きく影響を与えるような出来事が起きると、普段多くの国々や投資家が投資をしている株式や債券への不安が高まります。このとき逆に最も人気を集めるのが金なのです。

金は現物があることから「安定資産」と見なされており、有事のときには非常に信頼される投資対象でもあります。そのためできるだけ金を高く買取してもらいたいという場合は、世界中のさまざまな出来事にアンテナを張っておくと良いでしょう。

 

時代によって金の価格は大きく変化する

ここまで紹介したように、相場に大きな影響を与えるのは世界中の社会情勢の変化です。有事のときの金と言われているように、金は信頼できる資産として世界中の国々や投資家に人気を博しています。しかし、実は金の価格は時代によって大きく変化を見せているのはご存じでしょうか。

例えば近年最も金価格が値下がりを見せたのは、1983年の原油価格の大幅な値下げがOPECによって行われたことが原因です。当時は金1gあたり1000円を下回るなど、現在では考えられないほどの値下がりを見せました。世界中で経済の成長が著しかったこともあり、株価の成長が大きく影響したのです。

金が安定資産としてみなされているということは、経済状況が安定している時代にはそこまで需要がありません。もっぱら株式や債券など他の投資対象へとお金が集まりがちです。

さらにその後、時代とともに金相場は大きく変化をしていきます。

例えばアメリカがイラクに侵攻したイラク戦争や、上記でも紹介したアメリカ世界同時多発テロ、リーマンショックなど、世界に大きな影響を与える出来事が数多くありました。

こういった世界に不安を与える出来事があると、金相場は上昇傾向を見せます。実際に1983年に1000円前後だった価格も、新型コロナウイルス感染拡大があった2020年には約7000円前後まで値上がりしました。

このようにあくまでも時代の出来事によって左右されるものであり、普遍的な価値を維持し続けるものではありません。確かに長期投資として人気ではありますが、ずっと価値が下がらないということはないため注意が必要です。

もし金投資をしようと考えている方は、時代背景などをよく考えてみてください。いま金は上昇傾向にあるのか、それとも価値を下げているのかしっかりと見極める必要があるでしょう。

 

金買取の見積には有効期限がある

金の相場が高騰していると高値で売ることができます。買取業者は安く買った金を価格が高騰しているタイミングで売却し利益を出しています。また、高値が続いていると買い取る際も、良いレートで買い取ることが可能です。なので、売り手にとってもこのタイミングは「売り時」ということになります。

しかし、金のレートが変動することによって当然リスクもあるため、買取業者は見積額を提示する際に、有効期限を設けています。期限の期間は買取業者によって変わりますが、最長でも1ヶ月程度が多いようです。

近年上向き傾向ではある金の買取価格ですが、この先さまざまな理由によって下落する可能性は否定できません。もし業者に見積もってもらって満足できる金額だったとしても、その金額が永久的に保障される金額ではありません。ですので、万が一即決で買い取ってもらわない場合は、見積額の期限について必ず確認しておく必要があります。

 

まとめ

今回は金を高く買い取りしてもらうために重要な金相場について詳しく解説しました。時代によって金の相場は大きく変化するため、常に最先端の情報を入手する必要があります。買取業者に金製品を持ち込む際には、必ず今どういった相場なのか確認しておきましょう。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。