金買取は「相場」をチェック!ポイントとなる「品位」についても解説

NEW
金買取は「相場」をチェック!ポイントとなる「品位」についても解説

近年金の価格は高騰し続けており、今が金を売るのに絶好のチャンスとも言われています。金の相場は為替相場や世界の経済状況によっても変動するため、売り時を見極めることが大切です。こちらの記事では、金売却のタイミングを見極めるために知っておきたい情報を解説していきます。

金の買取価格は「品位」で決まる

金には「品位」があります。金の品位とは「含まれる純金の割合」のこと。製品に含まれる金の量が多ければ多いほど金の価値も高くなり、市場では高値で取引されています。どれだけの金が含まれているかを知る手がかりが、「品位」なのです。品位のチェック方法について見ていきましょう。

金の品位とは

金の品位は、「純度」と表現されることもあります。本来は、1000分率といって「100%を1000としたときの割合」を示すのが正式ですが、金の場合は慣例的に24分率で表記されるのが一般的です。24分率では「100%を24としたときの割合」を示します。単位は「K(カラット)」。「K24」「K18」などの表記が、その製品の品位を示しています。

K24はいわゆる純金で、K20・K18などは合金であることを示す表記です。金は非常に柔らかく、そのままでは実用に向きません。そのため、ジュエリーなどに加工する際は、割り金と呼ばれる別の金属を混ぜ合わせて合金として使用されるのが一般的です。例えばK18の表記は、18/24=75%の純金が使われた合金であることを示しています。

品位を知るには、製品の刻印をチェックしましょう。指輪であれば内側に、ネックレスならば留め金に、といった具合に、目立たない箇所に品位が刻印されているのが普通です。もしも刻印が確認できない場合は、買取店などで査定を依頼すると鑑定してもらえます。

金の純度 純金割合
K24 99.9%〜100.0%
K22 91.7%
K18 75%(混合物25%)
K14 58.5% (混合物41.5%)
K10 42% (混合物58%)

もう1つの手がかりは「重さ」

製品に含まれる金の量を知るために、もう1つ必要な情報があります。それは金製品の重さです。「製品の重さ(g)×品位(純度)」を計算することで、含まれている金の量が分かります。例えば10グラムのK18製リングであれば、10×18/24=7.5グラムが金の量です。

こうして判明した金の量に、そのときの金の相場価格(円/g)を掛け合わせることで、その製品の価値が分かります。ただし、こうして計算された価格でそのまま買取されるわけではありません。実際には再販や再加工にかかる費用・買取店の人件費などが差し引かれ、6~7割の買取価格となるのが一般的です。

 

売却のタイミングと買取店の見極めが大切

近年、金の価格が右肩上がりで上昇していることはご存じでしょうか?2010年には1グラムあたり3,500円ほどだった金相場は、2021年9月時点では1グラム7,000円前後まで高騰しているのです。値上がりの理由としては、近年金の需要が高まったことや金が投資商品として注目を集めていることなどが挙げられます。

相場が高騰しているとはいっても、売却のタイミングや選ぶ買取店によって査定額に差が出ることもしばしば。せっかく売却するのなら、できるだけ高く売りたいですよね。

金を手放す時機を読み誤らないよう、金相場が下落する要素や売却時に気をつけたいポイントについて解説します。

金価格の下落要素

金の価格が上昇している現在ですが、このまま必ず上がり続けるとは限りません。金は経済不安や金融不安が解消されると、価格が低下することがあるのです。

株式などの金融商品は、発行元の信頼性などによって価値が変動する反面、保有していると利益を生み出してくれるメリットがあります。経済が安定して他の資産に注目が集まると、金を手放して株式や債券などに移行する人が増え、その結果金価格が徐々に下落していく可能性があるわけです。

また、金の価格はアメリカ経済の影響を受けやすく、米ドル価格が上昇すると金価格は下落する傾向があります。このことから、現在の金価格は年々上昇傾向にあるものの、いつどこで下落するか分からないのです。2021年はコロナショックの影響もあり、金相場の変動予測は専門家でも難しくなっています。金の売り時を把握するには、世界の情勢に注目する姿勢が必要です。

買取店によって異なる「買取相場情報」

金買取を利用する際には、日々更新される買取店ごとの金買取相場情報を確認するようにしましょう。価格の変動幅は1グラムあたり数円~数十円であることがほとんどですが、情勢の変化によりいつ大幅に変動するか分かりません。特にまとまった量の売却を検討している場合には、小さな価格変動でもその影響を受けやすくなります。

買取店では、品位ごとに日々の買取価格を設定しているのが普通です。この価格は前述の金市場相場をもとに設定されていますが、差し引かれる手数料の割合は業者ごとにさまざま。手数料がゼロであっても、もともとの買取相場を低く設定している業者もあるようです。

買取店によっては純金の買取価格のみを公表しているところもあります。その場合には、純金買取価格に前述の「製品の重さ(g)×品位(純度)」を掛け合わせることで、おおよその買取価格を算出可能です。

納得できる価格で売却するには

不当に安い査定額を提示したり、本物を偽物と騙して買い叩いたりする業者も、残念ながらないとは言えません。悪意がなくても、正しい査定眼をもっていなければ同じことです。

売却を検討する際は、1社だけでなく複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。それにより、不当に安い価格を提示する業者や手数料が割高な業者を見つけやすくなります。

前述した「品位」や「製品の重さ」をもとに買取価格の予測を立てておけば、提示された査定額が妥当であるかの判断もできるでしょう。

 

まとめ

現在高値で比較的安定している金価格ですが、今後いつ下がるか分かりません。売り時を逃してしまうと、その後金価格が低下していくこともあり得ます。金の価格がゼロになることはまずありませんが、大切な金を手放すのなら納得できる価格で売却したいですよね。ぜひ金相場の変動理由や買取価格の決定要素などにも目を向けて、満足のいくお取引をなさってください。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る