金の需要が急速に増える新興アジアの背景

NEW
金の需要が急速に増える新興アジアの背景

経済発展のめまぐるしい新興アジアの消費力・投資力の力強さに、先進国は羨望の眼差しを向けています。新興アジア各国内需はもちろん、先進国が経験した経済不況などを教訓に急激な成長を手の内で留められるよう国全体がリスクヘッジを図っている側面もあるのです。今回は世界情勢不安や世界同時株安などの、予期せぬ自体にも比較的安心と言われている「金」の需要が急速に新興アジア圏で急速に伸びている背景について詳しく解説します。

背景には新興アジア特有の金・文化

新興アジアと呼ばれる国は日本を除く、東南アジア約16カ国を指し大国・中国や急成長が著しいとされるインドなども含まれています。新興アジアは先進国の経済発展を静視しながら、アジア通貨危機や世界同時不況などの影響も受けず虎視たんたんと外貨獲得などに力を入れてきました。

中国の金文化とは

アメリカに次ぐ経済大国・中国では、中国の国民性などの影響が非常に強く古くから金への投資は一般的です。アジア人の中でも中国では派手さ・豪快さがステータスとなる背景には、とても面子を重んじる国民性とお金に対する意識の強さが挙げられるでしょう。日本人にとっての一般的な貯蓄は、中国人には不変的な価値がある金への投資が貯蓄のような感覚です。金へ投資することで価値が大きく変わらないステータスを得られる安心感があることも、中国で金への投資が盛んになっている理由のひとつとなっています。

インドの金文化とは

また未来の経済大国とも言われ急成長が著しいインドには、古くから文化的に金が重宝されています。例えば、婚礼儀式などのお祝いごとには必ず金の装飾品が使用されているのです。富裕層・中間層以外のインド人にとっては、キャッシュなどでの貯蓄などを行わず金を所有することで蓄財するケースも多くあります。

更にインドにはアクシャヤ・トリティヤと呼ばれる大吉日と呼ばれる日があります。この日の多くのインド人は新事業ビジネスなどの立ち上げや結婚式を挙げるなどをし、物事が末永く好転していくことを願う文化を大切にしているのです。アクシャヤ・トリティヤの日には金や銀などの高価な貴重品を購入する日にも縁起が良いとされており、この需要時期に合わせる形で金需要も非常に高まります。

 

急増したと考えられる要因とは

2020年度は新型コロナウイルスの世界的な感染などから中国・インドなどを始めとする新興アジアでの金の需要は落ち込みました。しかしそれに伴った金価格の下落や新型コロナワクチン開発のなどが後押しし、急激な金の需要増加の動きが既に始まっているのです。新型コロナウイルスの世界的なまん延が起こる以前の状況でも、国民性や文化的背景で金との関わりの強い中国とインドの2カ国だけで世界の金需要の約50%以上を占めていたと言われています。

金への投資はインフレヘッジのため

基本的に金への投資は将来起こるインフレ・ヘッジのためであるケースが多く、物価の上昇による現金資産の目減りを最小にするためにされています。金を売却することで得られる売買差益・キャピタルゲインを目的とする場合もあるでしょう。しかし株式投資などに比べて金の価格はインフレ率が上昇することで高騰するとも言われており、我慢強く保有することで資産を安全に守れる側面もあるのです。金の相場に深く関わる投資マネーは先進国を中心に現在も低調と言われ、材料の不足や世界的な経済状況への悲観的な見通しなども起因しています。

しかし中国では中国人民銀行が米国債の代わりに金の大量購入をしている動きもあり、国全体でこれらの状況を好機に捉え積極的に安全資産となる金の獲得に注力しているとも言われています。先進国の金への投資マネーが減少しているとされる今、新興アジアでは金の重要性を意識する動きがあるため金の需要は引き続き増えると言えるでしょう。

 

まとめ

金は安全な保有資産の1つとして知られていますが、金の需要の高さには資産としてだけでなく文化背景も強く影響していると言えるでしょう。特に新興アジアは自国経済の急速な成長が後押しし、金への投資や保有を望む人が急増しています。また先進国を中心とした金への投資マネーへの消極的な姿勢を好機と捉える振興アジアの積極的な姿勢が、新興アジア人口の多さや経済成長率などからもいずれ逆転するとの向きもあると言われているのです。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。