カリフォルニアのゴールドラッシュ当時と現在

NEW
カリフォルニアのゴールドラッシュ当時と現在

アメリカ史上の出来事の一つとして語り継がれるゴールドラッシュ。果たして、当時発掘された数多の金はどこへ行ったのでしょうか。カリフォルニアの金鉱は枯れてしまったのでしょうか。今回は発掘当時と現在についてご紹介します。

カリフォルニアのゴールドラッシュ当時

アメリカのカリフォルニアで、1848年から1850年半ばに起こったとされるゴールドラッシュ。1849年には、世界中から数多の人々がアメリカン・ドリームを叶えるために、金を求めてアメリカへ渡りました。まずはその経緯を解説していきます。

ゴールドラッシュの経緯

始まりは、1848年にジェームズ・ウィルソン・マーシャルという大工がカリフォルニア州の川で金をみつけたことでした。金発見の知らせは、すぐさま各地に広がります。そして国内外から30万もの人々がカリフォルニアに集まりました。わずかな資金をもって一念発起した者、金鉱探しに必要な物資やサービスを提供すべく商人や数々の業者たちが押し寄せたとされています。この大勢の人々は「フォーティ・ナイナーズ」と広く呼ばれています。

ゴールドラッシュ当時の人々

現代を生きる我々にとってのゴールドラッシュとは、西部劇のような別の世界に感じられるかもしれません。しかし当時の人々にとってゴールドラッシュへ乗じることは、莫大な富を得るための現実的な手段であったでしょう。

カリフォルニアに渡った人々は、当初原始的な技術で砂金を探しました。その後、金探鉱のためのより洗練された探鉱手段が開発され世界各地に広がることになります。ゴールドラッシュの影響により交通体系が発達し、カリフォルニアは大きく発展しました。そして採掘者は個人から会社組織へと移行します。その結果、ごく少数の莫大な富を得た者と涙を呑んで故郷へと帰還した大多数の者が生まれました。

一方で、先住民への被害は大きくなってしまいます。病気の拡大、飢餓、および大虐殺の犠牲になりました。今日では、金の採鉱過程から生じた科学物質が水域の環境を汚染したことも知られています。

金の行方

当時の人々がどのように金を利用したかご紹介します。当時の金は、カリフォルニアで食料・生活用品の購入や住居の費用に使われました。また娯楽のための資金としても使われています。十分な量の金を手に入れた人々の中には、金を故郷に送ったり所持して帰郷したりした人もいました。商人らは、金を使用して海外からの輸入品を購入します。これらの取引は、いずれも慎重に重さを測った金のやり取りで成り立っていました。

ゴールドラッシュが進展すると、銀行や業者によって金と交換する紙幣が発行されます。1854年に金は公式のアメリカ合衆国金貨へ鋳直され、国内で流通しました。

 

ゴールドラッシュ現在

ここまでは当時の様子に触れました。巨額の富を夢見て数多の人々がカリフォルニアを訪れ、そのうちの多くは断念して帰郷します。一部では会社体系をつくって成功した者がいましたが、現在のカリフォルニアの金脈は、どのようになっているのでしょうか。

枯れぬ金脈と採鉱停止の謎

カリフォルニアの砂金は、ゴールドラッシュのブームの中で採りつくされた印象がありました。しかしカリフォルニアには、いまだ手つかずの資源が眠ると伝わっています。

当時の人々はまだまだ金が眠っている可能性があったにもかかわらず、なぜ採鉱をやめてしまったのでしょうか。その問いには、経済的な理由が絡まっています。カリフォルニアはゴールドラッシュとともに経済が潤い整備を固め、発展を重ねました。一方、金の採鉱事業は広く展開され流通量は過多になります。こうして需要と供給のバランスが崩れ、金の市場価値は大暴落してしまいました。そしてついには資本家が金山から手を引き、採鉱は行われなくなったのです。

 

まとめ

今回はカリフォルニアの金鉱について、ゴールラドッシュ当時と現在をまとめました。ゴールドラッシュはカリフォルニアに多くの発展と代償を与えたのです。

現在カリフォルニアに眠る金脈はアメリカン・ドリームを叶える手立てになるかもしれません。しかし過去には、多くの犠牲があったことを事実として刻んでおく必要があるでしょう。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る