鑑定書・鑑別書なしでも宝石売却は可能?宝石買取に与える影響は?

NEW
鑑定書・鑑別書なしでも宝石売却は可能?宝石買取に与える影響は?

多くの場合、ダイヤモンドやルビーなどの宝石は購入時に鑑定書や鑑別書が付属しています。しかし、不要になった宝石を売却しようとした際に、これらの書類が見つからないというケースも少なくないでしょう。ここでは、鑑定書や鑑別書が宝石買取に与える影響について解説していきます。

鑑定書・鑑別書の役割と内容

鑑定書や鑑別書は、宝石の購入や売却の際に非常に重要な役割を果たすアイテムですが、まずはこれらの書類が果たす役割と記載内容について押さえておきましょう。

鑑定書とは、ダイヤモンドのみに発行される書類で、グレーディングレポートとも呼ばれます。ダイヤモンドは、4Cと呼ばれるカラー(色)・カット(研磨)・クラリティ(透明度)・カラット(重量)の4つの基準により価値が決められているのです。4Cはダイヤモンドの世界共通の評価基準で、鑑定書にはこれら4つの項目の評価結果が記載されています。つまり、鑑定書はダイヤモンドの通信簿や成績表のような存在と言えますが、価格については常に変動していることから鑑定書には記載されません。

一方の鑑別書は、ダイヤモンド以外の宝石にも発行される書類です。鑑別書とは、簡単に言うと宝石の証明書のことで、科学的な検査に基づくさまざまな情報が記載されています。具体的には、宝石の種類・天然石か人工石か・施されている処理といった情報に加え、透明度・カラー・カット・重量・寸法・屈折率・蛍光性などの情報が記載されていますが、鑑定書とは異なり宝石の評価については記載されていません。鑑別書に宝石の評価が記載されない理由は、ダイヤモンド以外の宝石には明確な評価基準が存在しないためです。

なお、鑑定書や鑑別書はさまざまな機関から発行されていますが、特に信頼性が高いことで知られている機関としては、GIA(米国宝石学会)やAGTジェムラボラトリー、中央宝石研究所などが挙げられます。

鑑定書・鑑別書なしでも買取依頼は可能

鑑定書や鑑別書に記載されている情報は、宝石の価値や質を見極める判断材料となりますので、宝石査定の経験が浅い鑑定士の場合、これらの書類がない状態では宝石の正しい価値判断の難しいことがあります。特に天然石の場合は、プロの鑑定士でも宝石の種類や価値の見極めが難しいケースも少なくありません。加えて、鑑定書や鑑別書があれば再販する際に購入者に安心感を与えられますので、宝石の買取を行っている業者によっては、これらの書類がない状態では買取を断られるケースがあります。

一方で、経験豊富な鑑定士の場合であれば、鑑定書や鑑別書がなくても宝石が持つ価値を見極めることが可能です。特に、ダイヤモンドの場合は明確な評価基準が存在しますので、経験が豊富な鑑定士であれば鑑定書のない状態でも価値を正確に判断することができます。経験豊富な鑑定士であっても、これらの書類のあった方が査定はスムーズに進みますが、自身の目で宝石の価値を確かめることができますので、鑑定書や鑑別書がない状態の宝石でも積極的に買取している業者も数多く存在しています。

このように、鑑定書や鑑別書があった方が買取依頼できる業者の幅は広がりますが、これらの書類がない状態でも宝石売却は可能です。したがって、不要な宝石が自宅に眠っているものの、鑑定書や鑑別書が見当たらないという場合でも売却を諦める必要はありません。

鑑定書・鑑別書があった方が高額買取につながるケースもある

鑑定書や鑑別書がない状態の宝石でも積極的に買取を実施している業者も数多く存在しますが、このような業者でも鑑定書や鑑別書のあった方が高額買取につながるケースもあります。

特に、ルビーやエメラルド、サファイアといったカラーストーンの査定は、経験豊富なプロの鑑定士でも難しいといわれていますので注意が必要です。カラーストーンは、ダイヤモンドのような明確な評価基準が存在しないことに加えて、宝石が持つ本来の美しさを引き出すために、加熱処理や含浸処理といった人工処理が施されているケースが少なくありません。基本的に、加熱処理や含浸処理などの人工的な処理が宝石の価値を大きく低下させることはありませんが、人工処理が施されていない宝石の方が高く評価されています。しかし、プロの鑑定士でも人工処理の有無を自身の目だけで判断することは困難です。特にカラーストーンの場合は鑑別書があった方が高額買取につながりやすい傾向があります。

また、近年は技術革新によって天然石と見違えるほどの人工石や模造石も増加していますし、宝石によっては産地が価格に大きく影響することもありますので、基本的に鑑定書や鑑別書があった方が高額買取の可能性が高まります。そのため、宝石を購入した際に鑑定書や鑑別書が付属していた場合は、紛失しないように大切に保管しておくことが大切です。

鑑定書・鑑別書が見当たらない場合は信頼性が高い買取店に相談するのがおすすめ

購入時に付属していた鑑定書や鑑別書が見当たらない場合、通常の宝石買取よりも慎重に買取業者を選択する必要があります。もし、十分な経験や技術を持たない鑑定士しか在籍していない買取店を選択してしまった場合、適正価格よりも大幅に安い金額で買い取られる可能性が高まります。鑑定士は、自身の目で価値が判断できない品物が持ち込まれた場合、リスクを避けるために買取相場よりも大幅に安い金額を提示するものです。また、金やプラチナなどの貴金属も使われたジュエリーを買取依頼した場合、貴金属のみの買取金額を提示されることもありますので、鑑定書や鑑別書がない状態の宝石を買取依頼する際は、信頼性の高い買取業者を選択することが重要です。

なお、買取業者の信頼性は、所属している鑑定士が保有している資格である程度判断することができます。宝石査定に関する資格にはさまざまなものがありますが、特にGIA(米国宝石学会)が発行するG.Gや、Gem-A(英国宝石協会)が発行するFGA、JBS宝石ジュエリー鑑定士といった資格は信頼性が高いとされています。そのため、買取業者を選定する際は、これらの資格を保有している鑑定士が在籍しているのかどうかをホームページなどで確認しておくと良いでしょう。

また、鑑定書や鑑別書は再発行も可能ですが、再発行には費用も時間もかかりますので、まずは信頼できる買取業者に相談してみることがおすすめです。

まとめ

購入時に付属していた鑑定書や鑑別書が見当たらないという場合でも、宝石買取を依頼することは可能です。しかし、鑑定書や鑑別所は宝石買取において非常に重要なアイテムですので、あった方が買取額が高くなるケースもあります。そのため、買取を依頼する前にもう一度探してみることをおすすめします。また、どうしても見当たらないという場合は、確かな技術と豊富な経験を持った鑑定士が在籍している信頼性が高い買取業者に相談すると良いでしょう。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る