宝石・ジュエリー
2021年11月3日

知っておきたいファンシーカラーダイヤモンドの色の違い

NEW
知っておきたいファンシーカラーダイヤモンドの色の違い

ファンシーカラーダイヤモンドはさまざまな色を持つダイヤモンドです。ダイヤモンドというと透明な宝石というイメージを持つ人が多いですが、実際には色が入っていたり、その色が非常に強かったりすることがあります。そのような鮮やかなダイヤモンドについて詳しく紹介していきましょう。

多彩な表現を可能にするファンシーカラーダイヤモンド

ファンシーカラーダイヤモンドはただ単に色が付いているだけではなく、透明度もそれぞれ異なっているため、石によって全く違う印象を受けます。濃い色であるほど珍しいと言われていますが、色の違いによっても希少性は異なってくるのです。最もレア度が高いのはレッドで、パープル・ピンク・ミディアムブルー・グリーン・ライトブルー・オレンジと続き、最も低いものがイエローとなっています。イエローはダイヤモンドにおいてはよく見られる色で、採掘された通常のダイヤモンドも若干色を帯びていることが多いようです。ダイヤモンドは地下の深いところで炭素が変質して生成された鉱物なのですが、時として異なる物質が入ることがあり、窒素はその代表的なもので、これが含まれるとイエローに発色します。透明度が高い(無色透明)ダイヤモンドを好む人が多いため、この色を帯びると価値は減ります。しかしファンシーカラーダイヤモンドという分類の中で見ると、鮮やかなイエローは身に着ける人の表現力を高めるとされ、そしてそれがレッドやパープルであればさらに多彩な表現の可能性を生み出すのです。

高額取引されるファンシーカラーダイヤモンドの豪華さ

ファンシーカラーダイヤモンドの価値は、欲しい人がどれだけ多いかによって左右されます。たとえば以前は、無色透明なダイヤモンドしか高い価値を認めないというような風潮があったため、色が付いていると価値は上がりにくかったのです。ところが、一定以上の鮮やかな濃い色を持つファンシーカラーダイヤモンドはすべてのダイヤモンドの採掘量の中でも、ごく一部に限られます。つまり、レア度が非常に高いため逆に多くのコレクターが注目するようになりました。基本的にファンシーカラーダイヤモンドは高額取引されており、その取引額を決めるのは色の種類と濃さ、そして大きさです。一定以上の大きさで濃い色のダイヤモンドは世界でもなかなか見つかりません。そのためそれが市場に出ると、その豪華さから世界中の資産家の注目を集めることになります。21世紀に入ってからは人工ダイヤモンドの製造技術も向上し、カラーダイヤモンドも多く作られるようになりました。それでも、プロの鑑定士が見れば簡単に見分けられるので、天然のファンシーカラーダイヤモンドの価値はそれほど下がっていません。

ファンシーカラーダイヤモンドの価値が上がったオークション秘話

ファンシーカラーダイヤモンドの歴史において、オークションでの出来事が、その価値を高める非常に大きな転機となっていることは確かです。代表的な出来事としては、1987年のニューヨークのオークションで、レッドのファンシーカラーダイヤモンドに高額落札価格が付きました。その額は88万ドル(当時のレートで1億円)で、1カラット単位では当時の世界最高額を出したのです。無色透明のダイヤモンドどころか、すべての宝石を含めての最高額ですから、ここで一気にファンシーカラーダイヤモンドのステータスが上がりました。この時に落札されたものはレッドで、最もレア度の高いカラーです。また、ブルーのファンシーカラーダイヤモンドもオークションでは注目の的になることが多くあります。1995年にジュネーブで行われたオークションでは、世界最高額の6割程度の価格ですが、超高額落札として世界的な注目を浴びました。このような数々のオークションを経て、ファンシーカラーダイヤモンドの価値はぐんぐん上がっていったのです。

まとめ

ファンシーカラーダイヤモンドにはさまざまな色があり、どれも鮮やかな見た目をしています。その色を好む人にとっては、無色透明なダイヤモンドよりもずっと価値の高いものになるでしょう。色が濃くて大きなダイヤモンドは通常のダイヤモンドよりも高額で取引されることが多々あります。レア度によってその価値が大きく増減する宝石ではありますが、多種多様なバリエーションを持つ宝石であると言えます。多くの人を魅了するこの宝石は、これからも注目を集めていくことでしょう。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。