宝石・ジュエリー
2021年11月4日

ダイヤ原石はどうやって採掘される?時代ごとに変化する産出国

NEW
ダイヤ原石はどうやって採掘される?時代ごとに変化する産出国

特別な宝石として知名度が高いものには、ダイヤモンドをあげることができます。ジュエリーに使用されているものも、もとは原石として採掘されたものです。ダイヤモンドの採掘方法や、産出国をはじめとするさまざまな知識を知ることで、改めてその価値の高さを認識できるでしょう。

ダイヤ原石の採掘は3通り!現在は大規模採掘が主流

ダイヤ原石を採掘する方法は、主に3つあります。まずはパンニングという手法をあげることができます。これは古くから採用されている初歩的な採掘方法で、パンニング皿と呼ばれる大きな皿を持って川に入り、砂を川の水で上手く流しながら、ダイヤモンドを探すやり方です。ただし、地表で採掘できる原石はごくわずかなので、労力の割には得られる原石が少なくて小さいものになります。次に、パイプ鉱山という地面に大きな穴を開けて採掘する方法があります。具体的なやり方は、土地の形状や特性を考慮して選ぶ必要があるものです。大規模な採掘を実現することができますが、崩落のリスクもあるので安全性を確保しながら実施することが必要です。そして、漂砂鉱床はパイプ鉱山よりもリスクが低く、パンニングよりも効率的に採掘を行うことができるようになりました。ダイヤ原石を含む岩石であるキンバーライトの特徴を活かした採掘方法であり、パワーシャベルやブルドーザー、真空吸引機などを使ってダイヤモンド原石を含んだ砂利を回収し、そこから原石を見つけるのです。現在は大規模採掘が主流であり、パイプ鉱山や漂砂鉱床によるものがほとんどだと言えます。保有しているダイヤモンドやジュエリーショップで販売されているものは、これらの手法を用いて見つけ出された可能性が高いと知っておくと良いでしょう。

 

活発なダイヤ原石採掘で世界市場をリードするロシア!

ダイヤモンドの産地には、世界中もさまざまな場所があります。残念ながら、日本で採掘することはできません。それならば、我々が購入できるダイヤモンドはどこからやって来たのだろうと感じる人も多いでしょう。近年は、ロシアでのダイヤ原石採掘が活発だとされています。世界市場をリードする勢いであり、ダイヤ原石採掘で注目を浴びていることを知っておきましょう。最初にダイヤモンドが発見されたのはインドだったのですが、その後、次第にブラジルで多く採掘できるようになりました。更に、1800年代の半ば頃には、南アフリカで発見されるようになったという歴史があります。しばらくは南アフリカのさまざまな場所で、ダイヤ原石の採掘が行われていました。そして、1950年代に入ってから、ロシアでの採掘の注目度が高まったと言えます。採掘ポイントが数多く発見され、たくさんの原石が見つかったことで世界中から注目されるようになりました。1950年代から現在に至るまで採掘されているのであれば、採掘されつくして枯渇していそうだと考える人も多くいるようです。しかし、まだ大量のダイヤ原石が眠っていることが予測されており、これから先もロシアでたくさんの原石を発見できる可能性が高くなっています。今後も、この世界市場をリードするのはこの国であり、美しく素敵なダイヤモンドの原石が豊富に見つかることが期待されています。

 

買取なら価値あるダイヤモンドを手放せる!出会える!

ダイヤモンドは、日本で採掘することができない稀少性の高い宝石です。そのため、価格も高くなっています。質が良かったり、色がついていたりすると、さらに稀少性が増すために、高額で取引されているのです。だからこそ、ダイヤモンドを手放す場合には、買取サービスを利用することがおすすめだと言えます。買取サービスでは積極的にダイヤモンドの買取を行っており、買取したものは新たな持ち主となる人に販売されるのです。婚約の際にもらったダイヤモンド指輪を使用しなくなって、宝石箱の中で眠らせている人も多くいるでしょう。不要になってしまった場合、稀少価値が高いものをそのまま捨ててしまうことはもったいないためにできません。また、ぞんざいに扱ってしまう可能性がある人に譲ることも気が進まないことです。買取サービスで売却すると、鑑定士が正しい判断をして価格を付けてくれます。購入するときにも買取サービスの店舗を利用することが可能です。ここでは一般的なジュエリーショップよりもリーズナブルな価格で販売されていることが多いため、価値があり高級なダイヤモンドでも比較的手に入れやすいと言えます。ジュエリーショップで素敵なものを見つけても値段の高さを理由に購入を断念する人が多いですが、買取サービス店で販売されているものであれば諦めずに済む可能性が高いです。ダイヤモンドを手放したり、手に入れたりしたい場合にも、買取サービスを利用してみることが最適であることを知っておくと良いでしょう。

 

知るほどに親しみが湧く!世界を旅するダイヤたち

ダイヤモンドは価値が高いもの、婚約指輪によく使われているものだという認識を持っている人は多いはずですが、ダイヤモンドに関するそれ以外の知識を持っている人はあまりいません。ダイヤモンドは知れば知るほど親しみが湧くものなので、その魅力に迫ってみることをおすすめします。限られた場所で採掘されていることにより、採掘をされた後、その多くは他の国へと運ばれていくことになります。海外の採掘現場で働く人たちが汗水流しながら日々採掘を行っており、見つかった原石はサイトホルダーやディーラーの手に渡るのです。原石のままでは宝飾品として加工できないので、そこから、ベルギーやイスラエル、インドや南アフリカ、アメリカなどにあるカッティングセンターに運ばれます。そこで研磨や加工が行われた後、加工が終わったダイヤモンドは各地の取引場などに運ばれるのです。日本のジュエリーメーカーは海外に出向いたり、現地にスタッフを常駐させたりすることで仕入れを行い、買い付けた後にアクセサリーとして加工していることが多いのです。このように、ダイヤモンドは購入者の手に渡るまでに、世界中を旅していると言えます。ダイヤモンドは多くの人の努力の結晶であり、世界を巡ってあなたのもとにやって来たことを知ると、手にしたアクセサリーに愛着がわきます。何気なくダイヤモンドを持っていた人もいるでしょう。ですが、そのダイヤモンドがやって来たことは奇跡的なことだと言えます。

 

宝石とジェリーの買取相場が上昇中!

実は、近頃は宝石やジュエリーの買取相場が上昇しています。50年前と最近のダイヤモンドの価格相場を比較すると、10倍以上も上昇しており、今後はさらに上昇する可能性が高くなっているのです。ロシアなどの産出国では、まだダイヤモンド原石が採掘できると考えられていますが、採掘すればするほど埋蔵量が少なくなります。今後は採掘量が徐々に減っていく可能性もあるため、希少性が高まり価値が上昇していると知っておきましょう。もちろん、他の宝石に関しても同じことが言えます。価格が上昇しているのはジュエリーショップの販売価格だけではありません。稀少性が高まることによって、販売価格が高くなるのであれば、買取相場も自然と上昇することを理解しておくとよいでしょう。買取サービスの買取相場は、市場での需給のバランスによって変化します。市場で宝石やジュエリーの稀少性が高まると、高額でも購入したい人が出てくるため、必然的に買取相場も高くなってくるのです。宝石とジュエリーの買取相場が上昇していることは、今後、資産として持っておこうとする人にとっては、購入のチャンスだと言えます。買うタイミングが遅くなればなるほど、値段が高くなってしまっている可能性が高いからです。ダイヤモンドをはじめとする宝石やジュエリーを購入したいのであれば、早めに行動を起こすことで満足度の高い購入を実現することができると知っておきましょう。

 

まとめ

ダイヤモンドは美しく魅力のある宝石で、高額であることを誰でも知っているものですが、これは日本ではなく海外で採掘されています。すぐに日本に入って来るのではなく、世界中でさまざまな工程を経て日本のジュエリーショップなどに並んでいることを知ると、その価値が高い理由がわかります。ダイヤモンドは宝石の中でも特別なものであり、高額であるため、なかなか手に入りにくいものです。今後もますます価値が高まっていくことが予測されているので、この宝石について詳しく知った上で、売ったり買ったりすることがおすすめだと言えます。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。
通話無料
上へ戻る