金持ちなら持っていて当然?みんな大好きピンクダイヤモンドの魅力

NEW
金持ちなら持っていて当然?みんな大好きピンクダイヤモンドの魅力

世界中のセレブが注目する宝石の代表としてピンクダイヤモンドが挙げられます。世界中で産出されるダイヤモンドの中でもピンクを帯びているものはごくわずかしかありません。その希少価値とパワーストーンとしての効果から、大金を投じても欲しがる人が大勢いるのです。

ピンクダイヤモンドが金持ちを魅了する理由とは?

2010年のオークションで、あるピンクダイヤモンドが4600万ドルで落札されました。24.78カラットという大ぶりのサイズで、色も魅力的です。ピンクダイヤモンドが富裕層の人々を魅了しているために、皆が求めようとしてそれだけ価格が高騰するわけですが、その理由には色の秘密が関係しています。多くの人工的なカラーダイヤモンドがどのようにしてピンクの美しさを得ているかは知られていますが、天然のピンクダイヤモンドがどのように色を得ているかについては、憶測しかありません。塑性変形と呼ばれる構造上の欠陥が原因でカラーがついているという科学者がいます。平たく言うと、ダイヤモンドが地表に押し出されたときに、ダイヤモンドの構造が何らかの理由で変形し、この欠陥によって光の吸収が異なりピンクに発色するというものです。その濃さはさまざまなレベルがあり、それによって価格が異なります。目を凝らさなくてもわかるほどの発色になると目が飛び出るほどの金額になるのです。謎に包まれていながら、永遠の輝きを放つため富裕層をはじめ多くの人から愛されていると考えられます。

持っているだけで幸せ感がアップするピンクダイヤモンド

ピンクダイヤモンドの魅力は、ダイヤモンドの澄んだ輝きと心温まるピンク色が共存していることです。しかも宝石として希少価値があり、加工も難しいのです。ホワイトダイヤモンド、いわゆる普通のダイヤモンドと比べて研磨が難しく3倍の時間がかかるといわれています。それを極めて美しく輝くカットに仕上げられたものを身に付けていると、自分が特別な人間になった気分になるという人もいるようです。希少価値について驚くべき情報があります。ピンクダイヤモンドの90%以上を産出するオーストラリアのアーガイル鉱山で採掘されるダイヤモンド原石の内、販売できるレベルのピンクダイヤモンドは100万分の1ほどしかないといいます。それだけの価値のあるものを持っているという満足感は計り知れないもので、幸せ感や自信が増すのは間違いありません。女子テニス選手のアンナ・クルニコワは、大きなピンクダイヤモンドの指輪をしたままプレーしていました。どんなときでも自信を持って試合に臨むためだったと推測できます。

金持ち必需品!パワーストーンはピンクダイヤモンド

ピンクダイヤモンドは美しさや力の象徴であり、無敵という意味も持ち、身につける人に意志の強さと自信、強い性格を与えます。精神的な原因による病気はダイヤモンドを身につけることで改善する可能性があります。また注目すべき点として、嫉妬心を抑える効果も挙げられており、ストレスを感じたくないと思いながらも、他人の幸せや成功を見ると嫉妬を感じてしまう人にとって重要な情報でしょう。ピンクダイヤモンドはさらに無気力やエネルギー不足、疲労感、記憶力の低下などの改善をサポートします。やる気のなさや落胆に対しても力を与えてくれるはずです。魂と体のつながりや、自分と他人への気づきを促します。他には首や心臓のチャクラを整える効果もあるといわれています。ですから瞑想を習慣としている人はピンクダイヤモンドを持つことで、より高い瞑想の効果が得られるのです。信仰心や自制心が高まり、生産的で前向きな人になれるでしょう。さらに色に関係なくダイヤモンドは富と繁栄の象徴ですから、持っているだけで幸運が訪れると言われています。

まとめ

ピンクダイヤモンドがピンク色を帯びる理由は、はっきりとはわかっていません。それだけに、濃い色のものは人気が高く、価格が高騰します。しかも原石が珍しいだけでなく加工が難しいため、宝石としての価値が高くなります。持っていると高い満足感を得られことによって、常に自信を持って活動するためにアクセサリーの形で身に付けている人が多いようです。パワーストーンとしても効果が高く、嫉妬心を抑制し無気力を改善する効果があり、さらに瞑想をパワーアップさせる効果も期待できます。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る