身代金となって命を救ったリチャード1世のブレリオットオブインディアというダイヤモンド

NEW
身代金となって命を救ったリチャード1世のブレリオットオブインディアというダイヤモンド

現在では世界中で多くの人が身につけるようになったダイヤモンドですが、最初はヨーロッパで広がり、貴族たちの間でとても愛されてきました。そのためもあり、ダイヤモンドはヨーロッパ貴族の間で数々の物語を生み出しています。その1つ、リチャード1世の物語について解説しましょう。

リチャード1世のエピソードの他ユダヤ人迫害などでも命を救ったダイヤモンド取引の歴史

イングランドでヘンリー2世の三男として生まれたリチャード1世は、父の死後王位を継承しました。しかし、父が亡くなるまでは、フランスが干渉してきたり兄弟間でもめたりとトラブルが続きました。戦いの多い人生だったことから、リチャード1世は「獅子心王」という異名もつけられていたほどです。その彼も十字軍の遠征の際、敵に捕らえられてしまいました。その後解放されることになるのですが、身代金代わりになったのが、「ブレリオット・オブ・インディア」という名前のダイヤモンドだったのです。

また、ユダヤ人も、ダイヤモンドと深い関係があります。イスラエルが建国されるまで、ユダヤ人は迫害を受け続けてきました。迫害から逃れる際、小さなダイヤモンドであれば持っていくことができ、子孫に受け継ぐ財産となることから、ユダヤ人には特に愛着が強いというエピソードもあります。

時に命をも救うダイヤモンドは希少性や資産価値が高く買取でも高額査定

ブレリオット・オブ・インディアというダイヤモンドがリチャード1世の命を救ったように、また、迫害されるユダヤ人の気持ちを安心させたように、ダイヤモンドは人の命をも救うことができます。

ダイヤモンドは採掘される天然石であり、人工的に作ることができないため希少性が高いものです。そのため、資産価値が高く、世界中で高い価値で取引がされます。

現金を持っていなくても、資産価値の高いダイヤモンドを持っていると安心でしょう。いつ命を脅かされることがあってもそれを身代金代わりにしたり、遺産として子孫に残したりできるためです。

今や世界中に愛されているダイヤモンドは、需要が高く供給が少ない状況です。つまり、ますます資産価値が高くなっているため、いつの時代でもダイヤモンドは高額で取引ができるでしょう。不要になったダイモンドがあれば、高額での買い取りが期待できます。

まとめ

ダイヤモンドはただ美しく輝くだけでなく、高い資産価値が人の命や心を救うこともあります。ヨーロッパの貴族だけでなく、世界中の人々に愛されるようになった現在もなお資産価値は高いままを維持しており、衰えることはありません。

同じ原石のダイヤモンドでもカットや磨く職人によって輝きが変わってきます。また、大きさによっても価値は変わってきますが、もし不要となったダイヤモンドがあれば、買取業者に査定を依頼し、適正な価値を見出してもらうとよいでしょう。

 

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る