宝石・ジュエリー
2021年11月3日

ベルギーのアントワープはダイヤモンド研磨の聖地でユダヤ人のビジネスコミュニティ

NEW
ベルギーのアントワープはダイヤモンド研磨の聖地でユダヤ人のビジネスコミュニティ

非常に多くのダイヤモンドが取引されていることで有名なのは、ベルギーのアントワープです。そのために、この都市にはダイヤモンドを加工する施設も多くあり、研磨の聖地と言われることもあります。ここでは、この都市とダイヤモンドの関係について詳しく紹介します。

河川運送で交易船が行きかうベルギーアントワープは15世紀ごろからダイヤモンドの研磨聖地

ベルギーはヨーロッパの西側にある国です。ヨーロッパの主要な都市とも近い場所にあることから、古くから貿易の拠点として繁栄していました。アントワープはスヘルデ川という河川の右側に造られた都市で、スヘルデ川は貿易のためにも広く利用されてきました。交易船を使用すれば河川で物資を運搬することが可能なため、ヨーロッパ各地から多くの商人が集まっていました。スヘルデ川はオランダや北海に通じていることから、北欧やオランダとの交易もさかんな都市でした。

アントワープでダイヤモンドの研磨が行われるようになったのは、15世紀頃のことだと言われています。ダイヤモンド取引が盛んになったのは、ダイヤモンドを加工するための技術がこの場所で発明されたからです。器機を使用してダイヤモンドを研磨できるようになったことで、ダイヤモンドの商品価値がより大きく向上したため、アントワープはダイヤモンド研磨の聖地と言われるようになりました。

ベルギーアントワープではユダヤ人が主にダイヤモンドのビジネスに従事

ベルギーでダイヤモンドに関係している仕事をしている人の中でも、特に多いのがユダヤ系の人たちです。アントワープの街自体にも生活しているユダヤ人の数は多く、西のエルサレムと言われることもあります。街にはユダヤ人のコミュニティもあり、多くのユダヤ人が互いに協力しながらアントワープで生活しています。

多くのユダヤ人がアントワープでダイヤモンドに関するビジネスに従事していることは、ダイヤモンド研磨の歴史と関係しています。アントワープでダイヤの取引が盛んに行われるようになったのは加工用の器機が発明されたためですが、この機器を発明したのがユダヤ系のベルギー人であるローデウェイク・ファン・ベルケンでした。そのこともあって、ダイヤモンドの研磨、取引などダイヤ関連の仕事に従事するユダヤ人の数も多くなり、この街のダイヤモンド産業にとってその存在は欠かせないものとなります。こうしてアントワープは世界有数のダイヤモンド街として有名となっていきました。

ベルギーアントワープで研磨されたダイヤモンドは光り方が美しく高額買取が期待

ダイヤモンド研磨の聖地としてベルギーのアントワープが注目されているのは、歴史が長いこと以外にも理由があります。アントワープは非常に品質が高いダイヤモンドが集まる地域としても知られていますが、それはこの街に腕の優れた加工職人が多くいることと関係しています。ダイヤモンドを美しく輝かせるためには、原石の状態をさらにきれいに磨く必要がありますが、どのような方法で研磨するかによっても、仕上がり具合に大きな差が出ます。仕事をする職人の技術も仕上がり具合に大きな影響を与えますが、優れた技術を持つ職人が多いアントワープで加工されたダイヤモンドは、輝きが美しいものが多くなっています。そのために、ダイヤモンドが好きな人の中にはアントワープで加工されたものを好んで購入する人も多く、こうしたこともこの街が研磨の聖地と言われる理由になっています。

アントワープで研磨されたダイヤモンドならば、買取に出すときも高額での査定が期待できます。

まとめ

ダイヤモンド研磨の聖地として知られているベルギーのアントワープについて紹介してきました。この街でダイヤモンドが取引されるようになった歴史は古く、15世紀頃から取引が行われていました。加工をするための器具が発明されたことが、ダイヤモンドの聖地となった理由です。この街でダイヤモンドに関する仕事に従事しているのはユダヤ人が多く、街にはユダヤ人のコミュティもあります。アントワープで加工されたダイヤモンドは品質が高いことでも知られていて、高額での買取も期待できます。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。
まずは査定額を聞いてみる
通話無料 0120-555-600
お得なクーポンはこちら