宝石・ジュエリー
2021年11月4日

これで失敗を回避しよう!自分に適したダイヤモンドの選び方

NEW
これで失敗を回避しよう!自分に適したダイヤモンドの選び方

ダイヤモンドとは無色透明の美しいルースであり七色の偏光色を放つ美しい宝石です。どんな洋服にもコーディネートでき人気が高いです。その反面、希少性が高く高価であるために、購入する際は失敗しないように慎重に吟味が必要です。

ダイヤモンド選びの心構え

ダイヤモンドは、ゴールドやプラチナと並び高価で資産価値があるものです。単にアクセサリー感覚で購入することは避け、資産保全を意識した心構えで購入することが大事です。例えて言うならば、家や土地を購入する感覚に似たものがあり、きちんとしたリサーチと下調べ、相場を把握しておくことが大事になります。ダイヤモンドとはどんな原石から作られているのか、産地はどこが多いのか、ダイヤモンドのクオリティを図る指標についてや宝石市場での価格相場など勉強しておくことが賢明です。そうすることによって、市場よりもはるかに高いダイヤモンドを買ったり、質の悪い資産価値のないダイヤモンドを掴まされることを回避することが可能となります。さらにはダイヤモンドのカットの種類、相性の良い台座、台座に用いられる金属のデザインなどについても勉強が必要です。それには、ファッション誌やネットでダイヤモンドジュエリーショップのカタログを沢山見て学ぶのも良いです。自分にとってどんなデザインのジュエリーが似合うのか、どんなカットのダイヤモンドが手元やデコルテラインを美しく演出するのかが、自ずと分かってくるようになります。ダイヤモンドは一生付き合うかけがえのないジュエリーになります。見聞を広げ勉強し、後悔の無いダイヤモンドのお買い物を心掛けましょう。

価値観に合わせたダイヤモンドの選び方

ダイヤモンドの選び方で大事なポイントの一つとして、自分の価値観にあった物を選ぶことが挙げられます。ダイヤモンドに対してどんな価値を求めるのか、それをよく自問自答してみることも大事なのです。ダイヤモンドのクオリティの価値をあらわす指標の、ダイヤモンドの4Cがあります。4Cとはカット、カラー、クラリティ、カラットを示します。カットは研磨、カラーは色味、クラリティは透明度、カラットは重量をそれぞれ示してます。これらすべてを高水準で満たしているダイヤモンドを買えるに越したことはありません。しかしながらすべてパーフェクトに満たしたダイヤモンドであると、その価格は数千万円とも数億円ともなります。これほど高額なダイヤモンドを買えるのは王族か貴族ぐらいであり、現実的ではありません。多くの人は予算内で、4Cのどの指標を最も重視するか、自分が重きを置く指標や価値は何になるのかを見い出しダイヤモンドを選ぶことになります。予算50万しかないけれども、大きさを最も重視する人はカラット指標が高水準の物を選ぶとよいでしょう。また予算100万円だが透明度の価値を重視し、それは妥協できないという人ならばインクルージョンのほとんどないルースを選択して、カットやカラー指標は少し妥協して選び購入すると言ったことが大事です。

ダイヤモンドの結婚指輪を選ぶ基準

結婚の際にチャペルで永遠の愛を誓い、結婚指輪を交換します。左の薬指にお揃いのデザインの指輪を互いにはめて、二人が夫婦であることを公にするのです。お揃いのリングをはめることで、絆や一体感をより感じることができ、日本でも結婚指輪をはめているカップルは実に多く存在します。ダイヤモンドがあしらわれたデザインの結婚指輪も人気であり、選ぶ基準や選ぶポイントが知りたい人も多いです。エンゲージリングとは異なり、結婚指輪の場合は巨大なダイヤモンドが施されることは少ないです。毎日指にはめて仕事や家事、育児に介護などをこなすために、大きなダイヤモンドが邪魔になってはいけません。エンゲージリングのようにダイヤモンドが台座から突出していると、引っ掛かりの原因や物へぶつける可能性もありため控えめなダイヤモンド装飾が施されるのが一般的です。ダイヤモンドの結婚指輪は、日常使いで仕事や家事の邪魔にならず、ルースが引っ掛かったり取れて紛失してしまわないようなデザインを選ぶことがポイントと言えます。それにはメレダイヤやテーパーダイヤなど小粒なものが台座に埋め込まれてデザインされているものが良いです。埋め込み式のデザインであれば、リング表面はフラットで、引っ掛かりやダイヤモンドが取れて紛失する可能性が極めて低いからです。

ダイヤモンド選びのまとめ

ダイヤモンドを購入する際には、資産保全の役割も果たすことを心得ながらできるだけ高品質なダイヤモンドを選ぶことが大事です。単にデザインが好きだから、キラキラ光るのが好みだからといった理由だけで購入するのであれば、アクセサリーのキュービックでも十分だと言えます。ダイヤモンドの資産価値は、永久不滅でゴールドやプラチナと肩を並べるものであって、ダイヤモンドの価値指標である4Cを念頭に自分の価値感と予算に見合った物を購入することが何よりも大事です。予算には限りがあり、4Cの基準の中で何に自分が一番重きを置くのか、それ以外に妥協できる指標は何かを明確にして購入することが大事です。さらに自分が好きなデザインや、自分に似合うカットのダイヤモンドなどを十分把握することも大事なんです。華奢な指の人が、巨大なダイヤモンドリングをしていてもどこか違和感を覚えます。体系のグラマラスで豊満な人が、0.1カラットのプチダイヤモンドネックレスでは貧相な雰囲気になります。自分自身を良く見つめ、色々試着してみて似合うか否かを自覚することも大事です。そしてファッション誌やネットのジュエリーカタログなどを見たり、ファッションショーを動画で閲覧するなど見聞を広め、トレンドやデザインの勉強をすることも大事です。そうすることで本当に良いもの、そうではないものの目利きや審美眼が養われます。

質の良いダイヤモンドを扱うお店の特徴

後悔の無い失敗の無いダイヤモンドの購入には、お店選びも大事なポイントとなります。悪徳な店では、ダイヤモンドに関して無知なことをいいことに、品質の悪いダイヤモンドを高額で購入させることもあるので注意が必要です。やはりダイヤモンド購入に際しては、無知であることが最大のネックになるのは言うまでもありません。市場相場やダイヤモンドの4C指標は、事前に学習して購入に備えることが大事です。そしてお店選びに際しては、ダイヤモンドソムリエなど有資格者のスタッフを配置していることが見極めのポイントとも言えます。また、ダイヤモンドのジュエリーに必ずGIAやCGLの鑑定書を付けてくれるお店であることが大事です。鑑定書のレポートは、そのダイヤモンドが正真正銘の本物であり天然石であることの証明書です。鑑定書が無ければ、そのダイヤモンドが人造ダイヤモンドの可能性もあります。現代では人造ダイヤモンドの作りも精巧になっていて、プロの鑑定士でも見分けることが難しくなってます。大事なお金をどぶに捨てることなく、資産保全するためにも鑑定書は必要不可欠です。さらに質の良いダイヤモンドを扱う店には、特徴があります。それはお客様の予算やこだわりを聞き、そのうえでダイヤモンドの産地の南アフリカやオーストラリアやイスラエルに、直接バイヤーが買い付けに言ってくれたり、独自のルートで高品質なルースを買い付けてくれる店です。老舗ジュエリー店ではよくある直接買い付けであり、理想のダイヤモンドを購入できます。

まとめ

ダイヤモンドを購入する際には、市場相場やデザイン、ダイヤモンドの4C指標を学び、それらを念頭に置いて購入する必要があります。そうすることで後悔や失敗のない購入が実現します。さらに自分自身を見つめ、見聞を広げデザインやトレンドを学習し、自分の好みや価値観にあったダイヤモンドを購入することも大事です。そして資産保全を念頭に、CGLなどの鑑定書をつけてくれるダイヤモンドソムリエなどの有資格者のいる店で購入することも大事なんです。質の良いダイヤモンドを扱う店は、原産国買い付けなど独自ルートを持っている等の特徴があります。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。
通話無料
上へ戻る