ユーレカはアフリカで初めて発見された奇跡のダイヤモンド!

NEW
ユーレカはアフリカで初めて発見された奇跡のダイヤモンド!

ダイヤモンドが世界で一番初めに発見されたのは、インドの田舎の河川でした。その後ロシアやオーストラリアなどでも採掘されるようになり、現在では南アフリカも産出国として知られています。その南アフリカで奇跡といわれるダイヤモンドが発掘されたのですが、いったいどのようなものでしょうか。

ユーレカは南アフリカで発見された

南アフリカでダイヤモンドが発掘され始めたのは、1860年代のことです。インドで採掘されるようになったのは紀元前のことなので、南アフリカのダイヤモンド採掘の歴史は浅いです。一番始めにダイヤモンドが採掘されたのは当時アフリカ南部にあったオレンジ共和国という地域で、そのダイヤモンドは「ユーレカ」と名付けられました。ユーレカという名前は、アルキメデスがアルキメデスの原理を発見した時に「エウレカ」という言葉を発したことがもとになっています。「エウレカ」には「われ、発見せり」という意味があります。

南アフリカで採掘されたこの石はロンドンで大きなダイヤモンドであると鑑定され、「高い価値があり、この石の近くには他にもたくさんダイヤモンドがあるに違いない」とその後の採掘につながり、南アフリカは世界でも有名なダイヤモンド産出国となりました。

 

ユーレカの歴史は15歳の少年から始まった!

ユーレカを発見したのは15歳の少年でした。1866年貧しい羊飼いのヤコブ少年は、透明で輝く石を拾い宝物にして遊んでいました。しかしその宝物にも飽きた少年は母親に渡すと、今度は母親から隣人の手に渡っていきます。当時の南アフリカではそれがダイヤモンドだとは誰も知りませんし、何の知識もありません。隣人の手からまた別の人のところに行き、それがダイヤモンドだと分かったのは、南アフリカから遠く離れたロンドンでのことでした。そこで「発見した」という意味でユーレカと名付けられたといわれています。

そのユーレカはカットされて、10.73カラットのダイヤモンドとしてロンドンのクリスティーズに出品されました。それを南アフリカのジュエリー会社が買い取って国に寄付をし、南アフリカの博物館に展示されています。

現在では南アフリカはダイヤモンドの産出国として有名ですが、一番初めの発掘のときは誰もその価値を知らなかったのです。

 

まとめ

現在では南アフリカは世界有数のダイヤモンド産出国と知られています。しかし、インドでは紀元前にダイヤモンドが発見されていることと比べると、1866年に初めて発見された南アフリカのダイヤモンドの歴史は浅いです。しかし、南アフリカで高品質なダイヤモンドが多く産出されることが知れ渡ると、多くの人が押し寄せダイヤモンドラッシュで沸き、南アフリカは大きく発展しました。それは一つのユーレカというダイヤモンドから始まったことなのです。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る