ダイヤモンドは貨幣の代わりにもなる!経済や交渉の手段の他インフラ整備も実現

NEW
ダイヤモンドは貨幣の代わりにもなる!経済や交渉の手段の他インフラ整備も実現

ダイヤモンドは、古くから価値があるものとされています。その理由は、美しい輝きがある一方で、あまり手に入れることができないからです。現在では、お金としての価値はありませんが、過去にはお金としての価値があり通貨の代わりになっていました。ここではダイヤモンドの価値や実態を見ていきます。

迫害をうけたユダヤ人の中にはダイヤモンドで命の交渉

ユダヤ人はイスラエルに住んでいましたが、正式な国がありませんでした。イエスキリストが生まれたのもイスラエルでユダヤ人であるとも言われています。国がない人たちは、国から守られることもなく、住んでいる国で戦いに巻き込まれれば逃げ惑うしかありません。このように、ユダヤ人は歴史の中でたくさんの迫害を受けしてきたわけです。この時大事にしたのがダイヤモンドとされています。なぜこれを大事にしたかと言えば、持ち運びが便利だからです。現金を持ち運ぶ方法もありますが、逃げるときにたくさんの現金を一度にもっていくのは至難の業です。しかし、ダイヤモンドならばポケットに忍ばせておくだけで簡単に持ち運ぶことができるでしょう。そして、落ち延びた国でそれを現金に交換することでたくさんの現金を手に入れることができました。この教えは、現代でもユダヤ人の間で伝えられており、教育の次に大事なものとされています。ちなみに3番目にユダヤ人が大事にしているものは金や銀あるいはエメラルド等の価値のある宝石です。

ダイヤモンドはゴールドと同じく世界中で資産価値があり通貨同様に経済を促進

ダイヤモンドは、産出している国の中だけで価値があるわけではありません。実は、世界中で価値があるものとして知られています。当然ながら日本も例外ではなく、ゴールドと同じように高値で取引されていることは事実です。このように資産価値がある理由は、やはりその美しさにあると言えます。もちろん、他の宝石等も美しいため同じような価値があるように感じますが、ダイヤモンドが高価なのは小さい割には頑丈だからと言えるでしょう。いくら美しいものでも、少しの衝撃で壊れてしまうことや、かけてしまう場合には、そこに値段をつける事は難しくなります。なぜなら、持ち運んでいる間に少しずつ価値が減ってしまう可能性があるからです。現在でも高値がつけられているのは、上記の理由に加えてヨーロッパの王侯貴族にも愛された宝石だからと言う理由もあります。古代ヨーロッパでは、たくさんの宝石を持っている王侯貴族がえらいとされてきました。特に、ダイヤモンドは高価であったという事実もあります。

巨大ダイヤや4Cを高水準で満たすダイヤモンドは買取も高額査定で家計の補填

ダイヤモンドにもいろいろな種類や大きさが存在しています。一般的に、庶民が手にするものは0.1カラットかそれより小さいものになるでしょう。それでも100,000円以上の価値がつくことも珍しくありません。一方で、富裕層は巨大ダイヤを所有しているケースや4Cを高水準で満たすダイヤモンドを所有していることも少なくありません。4Cとはダイヤモンドの価値を決めるものでCarat(カラット=重さ)・Cut(カット=輝き)・Color(カラー=色)・Clarity(クラリティ=透明度)の4種類のことを言います。これらの基準をそれぞれ満たすと、高い価値があるものと判断されるわけです。この基準は日本だけでなく世界的な基準となっているため覚えておいた方が良いでしょう。もし家に価値があるダイヤモンドを所有している場合には、金銭的に苦しいことがあった場合それを買取業者に買い取ってもらうことでお金を生み出すことが可能です。高額査定を行ってくれる所ならば、家計の補填になるのは間違いのないところです。

まとめ

ダイヤモンドは、古くから価値があるものとされてきました。特にユダヤ人は、迫害を受けて逃げるときにポケットに忍ばせていたと言われています。価値がある理由として、美しい輝きを放っていることや壊れにくいこと、そして昔からヨーロッパの王侯貴族がこれを大切にしていたことなどがあげられます。現在でも、その美しさや芸術性に魅了される人が多くいます。その稀少性から巨大なものや4Cを高水準で満たしているものは、世界的に見ても高い価値があるのです。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る