【ミントガーネット(ライムガーネット/ミントグリーンガーネット)-MintGarnet(LimeGarnet,MintGreenGarnet)】の買取

NEW
【ミントガーネット(ライムガーネット/ミントグリーンガーネット)-MintGarnet(LimeGarnet,MintGreenGarnet)】の買取

ミントガーネットはグリーンガーネットの中でも特に淡く爽やかな緑色が特徴の宝石で、ジュエリーでの人気も高いです。発見されてからの歴史は浅く、大きな原石の少ない珍しい宝石でもあり、カラーチェンジ効果も注目されます。

ミントガーネット(ライムガーネット/ミントグリーンガーネット)の特徴と宝石言葉

ミントガーネットはその名の通り、鮮やかなミントグリーンが特徴の緑色ガーネットで、ライムガーネットの名前でも流通している宝石です。一般的にガーネットは赤色の宝石であると考えられていますが、鉱物学的に柘榴石にはいくつもの種類があり、赤色のものはアルマンディンやパイロープと呼ばれる種類の鉱物で、パイラルスパイトと総称されます。これとは別に主に緑色を呈する種類はウグランダイトと称され、強い輝きを持つデマントイドや、ケニアでしか産出されない深い緑色が特徴のツァボライトが含まれます。ミントガーネットはウグランダイトに属するグリーンガーネットで、ツァボライトと同じグロッシュラーと呼ばれる鉱物の一つです。グロッシュラーは灰礬柘榴石と呼ばれる鉱物です。同じ種に属する鉱物と均等に混ざり合う固溶体と形成しやすいガーネットながら、豊富に含まれるカルシウムのイオンの半径の違いから、赤色を呈するアルマンディンやパイロープとは固溶体を形成しにくいため、主に緑色の鉱物として産出されます。ミントガーネットはこうしたグロッシュラーの中でも極めて透明感の高い緑色が現れた個体で、『変わらぬ愛』や『実りの象徴』という宝石言葉を持っています。恋愛の成就や勝負に勝つといった縁起の良さが特徴です。

 

ミントガーネット(ライムガーネット/ミントグリーンガーネット)の色と魅力

ミントガーネットは鮮やかな黄緑に近い緑色が最も代表的な色味ですが、黄色味が強い個体もあればやや青みがかったミントブルーを帯びた個体まで、さまざまなカラーが存在します。グロッシュラーの名称は、鉱物の色が西洋スグリの果実・グーズベリーと似ていることに由来しており、ミントガーネットは特に新鮮な色合いがよく似ています。こうしたグロッシュラーの緑色は微量に含有されるクロムやバナジウムに起因しており、その影響が強く出ている場合はより深い緑色を呈し、ケニアのツァボ国立公園で採掘されたツァボライトが代表的な存在です。ミントガーネットはツァボライトに比べると輝きの強さは引けを取りませんが、色はずっと淡く高い透明感を持っています。しかしながら、ミントガーネットの魅力は透き通った緑色だけではなく、紫外線によってカラーチェンジ効果が現れる点にもあります。ミントガーネットの中には紫外線に反応してピンク色やオレンジ色に見える個体があり、人工照明に照らされた表情と紫外線を含む日光に照らされた表情が異なるものが存在するのです。カラーチェンジで現れるピンク色やオレンジ色は濃厚な蛍光色に近く人気も高いのですが、このような個体は産出量が多くないため、質の高い個体は今後価格が高騰すると考えられています。

 

ミントガーネット(ライムガーネット/ミントグリーンガーネット)の産出国

柘榴石という鉱物は世界中から産出される鉱物ですが、緑色を呈するウグランダイトは赤色のパイラルスパイト系のものよりも産地が少ない傾向にあります。それでも灰礬柘榴石はアメリカやメキシコの他、カナダではケベック州において石綿にともなって産出されたり、イタリアやスリランカからも産出されるなど、世界各地で産出される鉱物の一つです。ところがミントガーネットは非常に限られた土地でしか産出されず、中でもメレラニ・ミントガーネットと呼ばれるメレラニ産のものは高く評価されています。このメレラニは東アフリカに位置するタンザニアのアルーシャ州にある鉱山を示しています。アルーシャ州は多くの野生動物が保護されているセレンゲティ国立公園やキリマンジャロ山、火山のメルー山を抱えるアルーシャ国立公園といった多くの自然環境に囲まれた土地です。タンザニアはさまざまな宝石が産出されることでも知られていますが、ミントガーネットと同じくグロッシュラーに属するツァボライトを算出するケニアと隣接しており、緑色ガーネットの主要な産出国でもあります。このほかにもマダガスカルやブラジルからも産出がありますが、ミントガーネットは宝石の中では産出国が少なく、大きな原石の採掘も珍しい希少性の高い宝石です。

 

ミントガーネット(ライムガーネット/ミントグリーンガーネット)のお手入れと保管方法

ミントガーネットはジュエリーとして利用するのに十分な強度を持っているため、日常のお手入れは多くのジュエリーと同じく、着用後にクロスで汗や皮脂を取り除くだけで十分です。汗ばむ時期で汚れが気になる場合には、乾拭きだけで汚れが落とせるセーム革を利用するのがおすすめです。セーム革はカメラのレンズや繊細なことで知られるオパールの手入れにも利用できる天然素材で、研磨剤や洗剤を使わなくても簡単に汚れを落とすことができます。どうしても落ちない汚れがある場合には、台所用の中性洗剤を溶かした水やぬるま湯に浸して柔らかいブラシでこすり洗いをすることが可能です。洗浄の際は洗剤を残さないようにしっかりとすすぎ、水分は軽く拭いて取り除くだけではなく、風通しの良い場所で少し乾燥させるようにします。モース硬度は7.25から7.5ですが、ダイヤモンドやサファイアよりは強度が落ちるため、超音波洗浄を希望する場合は宝石店に相談してください。保管するときは石を傷つけたり他のジュエリーを傷めたりしないように、他のジュエリーと接触しない個別のケースか、他のジュエリーと安全な距離が確保できるジュエリーボックスを使用します。長期間使わない場合には収納前に十分なお手入れをし、爪の歪みなどがあれば早めに修理に出しましょう。

 

ミントガーネット(ライムガーネット/ミントグリーンガーネット)の市場価値

ガーネットは比較的インクルージョンが少なく透明度の高い宝石ですが、ミントガーネットはしばしばシルクやニードルと呼ばれる細長い内包物を含んでいるため、インクルージョンが少なく透明度の高い個体ほど価値が高いです。カラーの面ではミントガーネットを代表する爽やかな緑色が最も人気を博していますが、黄色味のあるライムグリーンにも価値があります。最も希少性が高いのは蛍光色に似た青みを帯びている個体で、ネオン・ミントガーネットとも呼ばれ高い価値が付けられています。いずれの色味であっても、紫外線によるカラーチェンジが顕著なものはそれなりの高値です。タンザニアなど限られた地域でしか産出されないことに加え、大きな原石の産出が少ないことから流通しているものの多くは1カラット未満です。そのため、1カラットを超えるクラリティーやカラーに優れた大粒のものは価格が高騰し、特に3カラットを超えるものは価格が跳ね上がります。宝石の中には採掘後に加熱処理をするなどのトリートメントを施したものも少なくありません。グリーンガーネットの中でも特に人気の高いデマントイドは加熱処理が施されることの多い宝石ですが、ミントガーネットは加熱処理を行わずとも輝きに優れた宝石であることから、トリートメントの有無による価格の差はあまりありません。

 

ミントガーネット(ライムガーネット/ミントグリーンガーネット)の値段と価格相場

ミントガーネットは大きな原石の採掘が少ないため、1カラットを超える大粒のルースは価格が高騰する傾向にあります。1カラット未満のルースの場合であれば、色や紫外線によるカラーチェンジの度合いにもよりますが、0.1カラット当たりの相場は5千円から7千円前後で、2万円台から3万円台ほどの品が多く見受けられます。1カラットを少し超える場合には1カラット当たり3万円から5万円となり、高いものではこれ以上も珍しくありません。もし3カラット前後の大粒のものであるなら、1カラット当たり10万円前後にも価値は跳ね上がり、流通する数も少ないです。加えてミントガーネットは石ごとに色味や紫外線に反応する変色効果が異なってくるので、価格相場には大きな幅があるのが特徴です。ジュエリーに加工されている場合、デザインや地金の種類によって価格の変動はあるものの、小粒な石を用いたシンプルなものであれば2万円未満から品物を探すことができます。石の色味が良いものや、存在感のある大きさの石を用いている品の場合は、5万円以上から40万円を超えるものまでさまざまです。産出量が非常に少ないこともあり、宝石に満たないクオリティーの天然石としての流通はほとんどありません。パワーストーンの目的で購入を考えるなら、宝石質のルースを探してみるとよいでしょう。

 

まとめ

ミントガーネットはタンザニアのメレラニをはじめ、ごく限られた地域でしか産出されない希少な緑色ガーネットです。その名前通りの爽やかな緑色が特徴的ですが、黄色味を帯びたものや青みの強いものもあります。紫外線に反応して蛍光色に変化するカラーチェンジ効果を持った個体もありますが、はっきりとした蛍光色を呈するものは数が少ないです。大きな原石の産出が少ないため、1カラットを超えるものは価格が非常に高くなります。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る