【グリーンガーネット(ツァボライト)-GreenGarnet(Tsavorite)】

NEW
【グリーンガーネット(ツァボライト)-GreenGarnet(Tsavorite)】

グリーンガーネットは赤色で有名なガーネットの変種で、別名ツァボライトと呼ばれる宝石です。透明感のある奥深い緑色はガーネットの中でも人気が高く、研磨以外に加工を必要としない自然の美しさが魅力といえます。

グリーンガーネット(ツァボライト)の特徴と宝石言葉

柘榴石を呼ばれるように赤色が特徴のガーネットですが、この宝石には複数の変種があり、グリーンガーネットはそのひとつです。緑色を呈する柘榴石はいくつかあり、クロムを豊富に含むウバロバイト、デマントイドガーネットが属するカルシウムと鉄を多く含有するアンドラダイト、そしてグロッシュラーと呼ばれるカルシウムとアルミニウムを含有する鉱物が代表的です。

このうち宝石として利用されるのはアンドラダイトとグロッシュラーがほとんどで、グリーンガーネットの代表であるツァボライトはグロッシュラーに含まれます。グロッシュラーという名称は鮮やかな緑色の果実を付ける西洋スグリに由来し、やや黄色味を帯びた鉱物が多く産出されます。

このようなグロッシュラーの中にあってクロムを含有したことによる濃い緑色を得たものがツァボライトであり、鮮やかで深い緑色の美しさは強い輝きを誇るデマントイドに次ぐ人気を博しているのです。ツァボライトの名称は、この石がケニア・ツァボ国立公園で採掘されたことにちなみ、有名宝石店から世界へと広がりました。宝石言葉は『不変の愛』と『忍耐力』、成熟した精神性を象徴すると考えられ、マイナスの意識や力から身を守り、感情の安定と心身の調和に効果のあるパワーストーンとしても用いられています。

グリーンガーネット(ツァボライト)の色と魅力

緑色を呈する柘榴石の内、主にカルシウムとアルミニウムを含有するグロッシュラーは、西洋スグリに例えられる落ち着いた緑色を呈することが多いですが、ツァボライトは微量のバナジウムとクロムを含むため、鮮やかで青みのある緑色になっています。緑色ガーネットの中でも特に人気の高いデマントイドも同じくクロムを含有して緑色を得た鉱物ですが、ツァボライトはバナジウムを含む点で異なり、強い分散値に由来する輝きが特徴のデマントイドとは違った魅力を持つ宝石です。

ツァボライトは基本的に緑色で、グロッシュラーにしばしばみられる黄緑色のものから、深い緑色まで個体による幅があります。とりわけジュエリーで珍重されるのは深みと鮮やかさをあわせ持った緑色で、エメラルドと混同されることも少なくありませんが、エメラルドに比べて光沢がガラスに近く艶やかなことが特徴です。加えてインクルージョンの含有が少ないため透明感の高い個体が多く、採掘後に加熱やオイルによる処理を加えなくても美しいため、手ごろな価格帯であっても天然の状態で使用されることがほとんどです。人工的な合成が困難な宝石でもあるため、希少な宝石ながら市場に流通しているものは天然のものと考えてよく、広い価格帯から品物が探せるのも魅力でしょう。

グリーンガーネット(ツァボライト)の産出国

柘榴石は世界各地に産地があり、グロッシュラーは欧米やアフリカなど広く分布している鉱物です。石灰岩や炭酸塩岩のようなアルカリ性のスカルンや蛇紋岩、あるいは変成岩中に産する鉱物で、このような条件の揃った土壌は珍しいものではありませんが、深い緑色の要因であるクロムを含有していなければツァボライトは形成されず、産地は限られてきます。

グロッシュラーに含まれるグリーンガーネットはアフリカ各地やインド・スリランカ、カナダといった国に産出されており、カナダでは蛇紋岩鉱床に産する石綿に伴って発見されることがあります。その内のツァボライトはケニアから産出されるグリーンガーネットであり、ツァボライトとは『ツァボの石』を意味する名称です。これは1970年代にアメリカの有名宝石店がクロムを含有する美しいグリーンガーネットにつけた商品名で、現在では一般的に使用される鉱物名にもなっています。ツァボライトが産出されるツァボはアフリカでも最大の国立公園を有する土地で、火山帯から森林に至るまで広い自然環境が広がっており、過酷な暑さに順応してた手紙を持たなくなったライオンが生息する場所です。ツァボライトはこうした過酷な自然環境の偶然により生み出された、非常に貴重な宝石のひとつです。

グリーンガーネット(ツァボライト)のお手入れと保管方法

ツァボライトのお手入れは一般的なジュエリーと同じように、使用後に皮脂や汗を取り除くことが基本となります。ふき取りには眼鏡拭きのように柔らかく研磨剤を含まない布か、セーム革と呼ばれる薄く柔らかい皮革が適しています。このセーム革はシカやヤギに由来しており、研磨剤や洗剤を使わなくても汚れ落ちが良いので宝石のお手入れだけでなく、カメラのレンズの清掃にも用いられるものです。

このようなふき取りだけでは汚れが落ちない場合や、全体的無くすみがきになる場合には、ぬるま湯に台所用の中性洗剤を溶かした中で洗浄することも可能です。洗浄の際は柔らかいブラシか指先を使って汚れを落とし、洗剤を十分に流した上で水分を残さないようにふき取り、風通しの良い場所で乾かしてから保管します。細部の汚れが気になる場合には宝石店などの専門店でのクリーニングがおすすめですが、モース硬度7.25から7.5の宝石ですので、超音波洗浄は専門家に相談してから行ってください。

保管する場合は直射日光や高い湿度を避け、石が傷ついたり他の宝石を傷つけたりしないよう、他の宝石とぶつかり合わないジュエリーボックスや、ジュエリー専用のケースに入れて保管します。長期保管の前には十分なお手入れをし、爪のゆがみなどがあれば早めに修理に出しましょう。

グリーンガーネット(ツァボライト)の市場価値

グリーンガーネットは鉱物学的に柘榴石の中のグロッシュラーと呼ばれる鉱物に属しており、グロッシュラーの呼称は緑色が西洋スグリに似ていることから命名されました。それゆえにグリーンガーネットは黄緑色を呈する個体も少なくありませんが、宝石として価値が高いのは純粋な緑色で、その色が濃すぎず透明感が感じられるものの方がより評価されます。特にツァボライトは上質のエメラルドと酷似した見た目をしており、エメラルドと混同されるような色味ほど評価は高いです。

宝石で重要なクラリティの面では、グリーンガーネットはインクルージョンの含有が少ない宝石なので、流通している個体は安価な品でも極端に濁って見えるものは多くありませんが、インクルージョンが少なく透明なほど評価は高いです。宝石の輝きの強さを決定づける屈折率は1.74と高い部類ですので、微細なインクルージョンであれば輝きの方が勝って見えるため、全く透明でなくても美しく価値は大きく損なわれません。大きな原石の発見は少ないため研磨後の重量が1カラットを下回ることが非常に多く、カラット数が大きなものは高い価値が付けられます。宝石にならない色味の濁っている個体であっても天然石として人気があるため、産地の限られる宝石ながら市場では広く流通しているのが特徴です。

グリーンガーネット(ツァボライト)の値段と価格相場

ツァボライトは産出量が少ない宝石であり、市場で流通している安価なルースはツァボライトと呼ばれていてもツァボ産ではなく、タンザニア産のものが多く見られます。タンザニア産のグリーンガーネットはメレラニ・ミント・ガーネットと呼ばれて評価されていますが、多くの場合でツァボ産の深い色合いとは異なった特徴があります。ツァボ産に限らずツァボライトらしい深い緑色が特徴の個体であれば、ルースは0.1カラット当たり10,000円前後が相場です。色とクラリティや大きさに加え、カットにもより価格が変動するため、質の良いものを探すのであれば予算には余裕が必要です。1カラットを超える大きさで透明度の高いものは希少で高額になりますが、クオリティの低いものであればネット通販にも見つかることもあります。

ツァボライトのジュエリーは10,000円台から200,000円を超えるものまで質によって大きな幅があり、質の良いものほど派手で高価な品に加工されることが多いです。また、希少な宝石であることから中古市場からの販売も少なくないです。天然石アクセサリーへの利用もありますが、多くは黄緑色のグリーンガーネットであり、ツァボライトらしい色味のものはあまり出回っていません。珍しい鉱物なので原石での流通もあり、原石の場合は宝石ほど高額ではないです。

まとめ

ツァボライトは主にケニア・ツァボに産するグリーンガーネットで、同じグロッシュラーの中では際立った鮮やかで深い緑色が特徴です。この色は微量に含有されるクロムに由来し、エメラルドによく似た色合いから混同されることもあります。ガーネットの中では二番目に人気がありますが、大きな原石の産出が少ないため、1カラットを超えるものは高く評価されます。屈折率が高くインクルージョンも少ないため、小さくともしっかりとした輝きを放つ宝石です。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る