1. 買取専門店・おたからやTOP
  2. 和楽器買取
おたからやメインビジュアル
おたからやメインビジュアル
今すぐ査定額を知りたい!方は

和楽器買取ならおたからや

和楽器は職人によって丁寧に作られているものも多く、骨董的価値のあるものや銘の入った尺八や琵琶、欅作りの和太鼓や紅木の三味線などは高額査定が期待できます。

おたからやにはプロの査定士が在籍しており、的確に査定をいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

和楽器の買取実績

※画像はイメージとなります。
まずは無料査定 無料通話 最短1分で査定額をお伝えしますWEBで簡単診断 申込特典 買取金額10%UP!

和楽器買取で
「おたからや」が
選ばれる理由

和楽器の高価買取実績No.1級のおたからや
日本全国1000店舗以上の実績で
高価買取を実現します。

よく売買されている和楽器の種類と特徴

今でもよく売買されている中古の和楽器は、さまざまな種類があります。特に取引が多い三味線は、15世紀から16世紀頃に日本に伝来した、三つの弦を弾いて音を鳴らす日本の撥弦楽器です。棹には細棹・中棹・太棹の3種類があり、皮の張り方や棹の太さによって音色が大きく異なるのも特徴の一つです。 三味線の元となった三線も人気があります。別名「琉球三味線」とも呼ばれているぐらい、沖縄にはなくてはならない楽器です。三味線と同じく、三つの弦を張って弾いて音を鳴らす撥弦楽器ですが、棹が少しだけ短いなど、三味線とは見た目に違いがあります。 横笛も取引されています。横笛には雅楽に使用される竜笛、勝雅楽笛、高麗笛など、能や歌舞伎で使用される能管、お囃子や伝統音楽、民謡などに使用される篠笛の3種類があります。 琴に鍵盤がついた大正琴はピアノの鍵盤と同様の配列で、初心者でも比較的簡単に弾くことができます。音域や弦の数に決まりはありませんが、最近は5本または6本の弦が主流のようです。現在は100以上の流派や会が存在し、愛好家も100万人を超えると言われています。 その他にも13本、または17本の糸を張って演奏をする筝、琴、尺八、和太鼓、三味線を小型にしたような形で弓で音を鳴らす胡弓、卵を半分に割ったような胴が特徴的な琵琶など、多種多様な和楽器が市場に出回っています。

和楽器は作家や流派によって査定が変わる

和楽器の中でも高額で取引される楽器は、二つに分類されます。 まず、特定の作家によって作られたものや、特定の流派で使用されるもの。これには尺八が挙げられます。 尺八にはさまざまな流派がありますが、二大流派として都山流・琴古流があります。特に琴古流の人口は少なく、江戸時代から続く伝統的な流派で希少価値も高くなっています。 都山流は人口が多いため多様な尺八がありますが、中には高額のものもあります。また、特定の作家の名前が彫られている在銘入りの尺八は価値が上がります。尺八の作家としては河野玉水が有名です。3代続く尺八作りの名匠で、現在でも人気が高く高値で取引されています。 また、延管と呼ばれる一つの竹から作られた尺八も希少性があります。 このように同じ尺八でも、作家、流派などで使用されているものや希少性の高い材料を使用しているものは価値に差が出ます。 その他、琵琶は和楽器の中でも骨董的価値がつきやすく、高額買取になることがあります。

和楽器は作りや材質によって査定が変わる

和楽器の中には、内部の造りや使用されている材質によって価格が大きく変わるものがあります。主に三味線や和太鼓がその部類に入ります。 例えば三味線に使われる材質には花梨・紫檀・紅木といったものがありますが、どの材質で作られているかによって価値が変わります。この中でも紅木で作られた三味線は希少性が高いものです。また金細と呼ばれる上級品は、樹齢200年以上の木が使用されており、和楽器の中でもかなりの高値で取引されます。その他、花梨は初級品、紫壇は中級品として扱われています。 和太鼓には、長胴太鼓や平太鼓、鼓などさまざまなものがありますが、長胴太鼓や平太鼓では欅を使用したものが高級品です。需要も高く、売却先にも歓迎されることが多いでしょう。 平太鼓には黒牛革を使用した高級品の他、ナラやニレ、カリン、タモ、トチといった木が使用されている比較的安価な一般品まで、材質によりさまざまです。 その他、琴は内部が複雑で綺麗な彫りが入っていればより高額なものとして扱われます。すだれ模様と呼ばれる一本線が並ぶものや単調な作りのものは初級品として安価で取引されています。

和楽器の 買取商品モデルとは

おたからやでは、さまざまな和楽器を買取しています。 尺八では都山流、琴古流、河野玉水、延菅作り、和太鼓は欅や黒牛革を使用したもの、三味線は花梨、紫檀、紅木を使用したものなどさまざまです。 その他、銘が入っているものも買取しています。売却できるのかどうか判断がつかない場合は、まずはお気軽にご相談ください。

買取実績一覧

■主な和楽器 尺八/龍笛/能管/篠笛/オークラウロ/笙/篳篥/宮太鼓/小鼓/締太鼓/桶胴太鼓/パーランクー/三板/小切子/笏拍子/鳴子/四つ竹/木魚/編簓/棒ささら/神楽鈴/三線/クーチョー/三味線/胡弓/琵琶/大正琴/和琴/箏/トンコリ/ムックリ

和楽器を 高く売るコツ

和楽器は、作られてから100年以上経過しているものもあり、もはや骨董品と言ってもよい存在です。 歴史的な価値も高く、高値での買取が可能なもの多くあります。 しかし、取り扱いや売り方を間違えると、高額の査定が見込めたものでも、より低い評価が付いてしまうかもしれません。 高く売るためのコツを知っておくことが大切です。 まず、一番重要なのは保存状態です。前述のとおり、非常に貴重なものなので、傷やカビなどがついていないかをチェックしておく必要があります。 今からでも、直射日光を避けて、湿気の少ないところに保管するようにしましょう。 状態によっては、買取ができなくなる可能性もあります。 次に、「こんなものは売れないだろう」と思い込んでしまうのもよくありません。 「価値がないと思って引っ越しのときに捨ててしまった」という方も少なくありませんが、実際は資料的価値が高いものかもしれません。 相談や査定は無料でおこなっています。 処分をする前にぜひ、一度ご相談ください。 最後に付属品です。 三味線では糸巻き、弦、撥、尺八には尺八袋、露切りなどの付属品があることで高額買取できることがあります。 必ず付属品と一緒に査定に出しましょう。

高価買取No.1の理由

まずは無料査定 無料通話 最短1分で査定額をお伝えしますWEBで簡単診断 申込特典 買取金額10%UP!

買取に必要なもの

ご本人様を確認できる
身分証明が必要となります

ご本人様を確認できる、現住所記載の
身分証明書(1)~(7)のうち、
いずれか
一つをお持ちください。

(1) 運転免許証

(2) 運転経歴証明書

(3) パスポート※

(4) 住民基本台帳カード

(5) 健康保険証※

(6) 特別永住者証明書

(7) 個人番号カード

  • 特別永住者証明書は、地金のお取引の際に本人確認書類としてご利用いただけない場合がございます。
  • 18歳未満のお客様の場合は買取いたしません。
  • 18歳・19歳のお客様の場合同意書又は委任状が必要になります。
  • 200万円を超えるお取引の際は、顔写真付きの身分証明書が必要となります。顔写真が無い身分証明書の場合、各種健康保険証に加え、①公共料金の明細 ②社会保険料領収書 ③納税証明書(身分証明書に記載の住所と同一のもの)のうちいずれか1点が必要となります。
  • 有効期限の切れた身分証明書はお取り扱いできません。
  • 親族以外の方からの依頼の場合は、委任状、依頼を受けた方の本人確認書類(身分証明書)が必要となります。
  • 2020年2月4日以降に発行されたパスポートには住所が記載されていないため、ご一緒にご本人様名義の現住所が確認できるものとして、住民票や、公共料金の領収書もしくは請求書が必要となります。

おたからやの買取商品から探す

まずは無料査定 無料通話 最短1分で査定額をお伝えしますWEBで簡単診断 申込特典 買取金額10%UP!
店頭買取

店頭買取

査定だけでもOK!

買取店舗数は業界最多の
1,000店舗以上!

おたからやの店舗数は全国 1,000 店舗以上(待機店舗を含む)。これは、数ある買取店の中で最多を誇ります。日本全国津々浦々にて、地域密着でお買取りを承っております。

最寄りのおたからやを探す

出張買取

出張買取

査定だけでもOK!

買取専門店おたからやの
無料出張買取。

買取専門店おたからやの無料出張買取です。出張料・査定料・買取手数料は全て無料、査定は最短5分です。随時キャンペーンを実施をしております!まずはお気軽にご相談ください!

出張買取の詳細はこちら