コラム

ラディアントカットのレッドのダイヤモンドは相場が高い

不要品として家の中で保管しているジュエリーにラディアントカットのダイヤモンドがある方はぜひ買取に出してみましょう。

このカットが用いられているジュエリーの場合にはカットの精度が高いことが多く、そのカットの素晴らしい出来栄えに対して査定額が付けられます。ですからこうした特徴的なカットが施されているジュエリーならば高く売れるという事実にもつながりますから、是非売りにだしましょう。中でもレッドの色の場合には情熱と愛を感じさせるダイヤとして相場が高くなる傾向にあります。この場合にはカット方法とカラーに対してダブルでプラス査定がされますから是非売却を考えるのが良いでしょう。ダイヤモンドの買取を実施しているお店には質屋やジュエリーショップなどがありますがそのような店舗では市場でのダイヤの相場などを参考にして価格が付けられますから概ね満足できる買取額になることでしょう。ラディアントカットのレッドカラーのダイヤならばあなたの大切にしていたジュエリーでも高く売ることができます。愛着を持って現在まで大切にしていたダイヤモンドがある方はぜひ相場の高いお店に出してみましょう。親切丁寧な高額査定をしてもらえるので安心です。

ダイヤモンドの買取で気をつけておきたいこと

ダイヤモンドは高価な宝石であることが知られていますが、特に、レッドやブルーなどのカラーダイヤモンドは世界でも非常に希少で価値が高く、数十億円で取り引きされるほどです。これらの高価なダイヤは、普段は市場に出回っていませんから、博物館などで展示されているものを見ることしかできません。

このように高価なダイヤですが、透明のダイヤであれば、もしかしたら、ご自宅に眠っているかもしれません。もし、使わないまましまってあるのでしたら、非常にもったいないことですから、買取を利用して売却してみてはいかかでしょうか。もしかしたら、想像以上の高値がつくかもしれません。

ダイヤの買取を利用する時に気になるのは、相場ではないでしょうか。やはり、せっかく価値の高いダイヤを売却するのですから、少しでも高く売却したいと考えるのは当然のはずです。そのような時には、まず、事前にダイヤの知識を勉強しておくことも必要です。たとえば、カット方法の場合、ラウンドブリリアントカットのダイヤは、国際基準の評価対象になりますから、価値が高くなりますが、ラディアントカットや、ハートカットなどのような、ファンシーカットとよばれるカットの場合には、価値が少し下がることを頭に入れておきましょう。また、人工的に作られたダイヤもあり、天然と比較してもわからない場合もありますから、その点も気をつけるようにしましょう。

ダイヤモンドの買取見積は4C基準!レッドやブルーなどは高価

ダイヤモンドの買取見積は4Cというダイヤの品質を評価する基準で行われます。4Cはカラー、カット、クラリティ、カラットの4点の評価になります。

カラーはDからZまでの23段階があり、最高ランクがDで無色透明になります。Zに近づくにつれて黄味がかった色になり価値が下がります。Zよりも濃いイエローやブラウンのダイヤとそれ以外の色(レッドやブルーなど)のダイヤはカラーダイヤモンドに分類されます。カラーダイヤの場合は濃ければ濃いほど価値が上がります。ただしイエローやブラウンの場合はそれほど珍しくない色でもあります。レッドやブルーなどの希少な色と比較すると価値が下がります。また、カラーダイヤには無色のダイヤに人工的に色を出したトリートダイヤというものもあります。こちらは希少性がないので価値がかなり低いです。カットの評価はラウンドブリリアントカットにのみ基準があります。それ以外のカット(クッションカットやラディアントカット)はファンシーカットに分類され割安になります。クラリティは結晶化されていない炭素や内包物、キズなどの有無や数などを総合的に査定します。カットによってはダイヤの内部が透き通るように見えるため、このクラリティが重要になることもあります。カラットは大きければ大きいほど希少価値が高くなり、買取も高価になります。