コラム

オレンジダイヤはラウンドカットが一番ではない

ダイヤモンドは色がつけばつくほど価値がなくなり、買取価格も低い値をつけてしまいます。その中にも例外が存在し、美しく見える色石のことをファンシーカラーダイヤと別称し、価値のあるダイヤと定めています。 ファンシーカラーダイヤの一つオレンジダイヤなのですが、普通のダイヤとは違った買取査定を行われます。 まず普通のダイヤモンドの場合、ラウンドカットが最も高価なものとされるのですが、オレンジダイヤの場合、必ずしもラウンドカットが一番高くなるとは限りません。というのもカラーダイヤは全般的に見た目による評価を受けます。現在オレンジダイヤで最も高値をつけているものは35億ほどなのですが、それはペアシェイプカットと呼ばれるものになっています。これを普通のダイヤに施した場合、あまり評価はよくありません。しかし、オレンジダイヤを代表とするカラーダイヤの場合、色合いと形がマッチしていれば高価買取を望まれるのです。ちなみに、最も高いオレンジダイヤのことを、見た目が涙っぽいことから「オレンジの涙」と称されています。 こういったことから、オレンジダイヤには必ずしもラウンドカットを施したほうがいいといわけではありません。自分の好きなシェイプを取り入れることをオススメいたします。

ダイヤモンドの買取の相場とラウンドカットについて

ダイヤモンドの買取の相場は、その買取に出すダイヤモンドが持っている希少性や価値にもよって大きく異なってきます。また、いくら希少性のあるダイヤモンドだったとしても、査定してもらったら偽者ということがわかった際には、値段すら付かないということがあり得るので、注意が必要になります。 ダイヤモンドには、オレンジといった色の付いているカラーダイヤモンドと呼ばれるダイヤモンドもあります。カラーダイヤモンドは、オレンジの他にも、レッド、ブルー、ピンク、イエロー、パープルといったように様々なカラーがあります。また、希少性の高いカラーのダイヤもありますが、天然のものなら希少性は高くなりますが、人工的に着色されているものに関しては、希少性は低くなってしまいます。 ラウンドカットと呼ばれるカットは、ダイヤモンドの輝きを最も美しく効果的に映し出すことのできる58面体のカット方法になっています。ラウンドカットは、他のカットと比べても強い輝きが放たれていて、均等で完璧な丸型のシェイプを得ているので、原石の50パーセントが失われています。ですので、他のシェイプと比べて割高になります。 ダイヤモンドの買取の相場は、希少性や価値にもよって変わってきますが買取の基準となる事柄は、4Cと言われている、クラリティ、カラー、カット、キャラットになっています。

ダイヤモンドの買取は4Cが基準となって行われている

ダイヤモンドの買取の際に行われている買取の基準は、4Cと言われている4つの事柄を基準にして、買取は行われています。この4Cとは、クラリティ、カラー、キャラット、カラーの4つのことを言います。 ダイヤモンドには、オレンジといった色のあるダイヤのことをカラーダイヤモンドと呼んでいて、いろいろなカラーのダイヤがあるのが特徴です。このカラーダイヤモンドは、天然の色のものもああれば、人工的に着色されているカラーのダイヤもあります。オレンジなどの人工的に着色されているカラーの場合は、天然のカラーのダイヤと比較しても価値は下がってしまいますので、買取価格も低くなってしまいます。 ラウンドカットは、ダイヤモンドの輝きを最も美しくする58面体のカット方法です。ラウンドカットは、他のカットよりも強い輝きが放たれていて、均等で完璧な丸型のシェイプを得ているので、原石の半分が失われています。ですので、他のシェイプと比較して、少し割高になっています。 ダイヤモンドの買取は、基本的には4Cを基準として行われますが、査定してもらったらそのダイヤが偽者だと判明した場合には、買取価格が安くなってしまったり、値段すら付けてもらえない場合もあります。