コラム

マーキースカットのイエローダイヤモンドの特徴と買取の概要

マーキースカットとは、ダイヤモンドの加工方法の一つです。楕円形の両端をとがらせ、ラグビーボールのような形に加工します。そして、イエローダイヤモンドは、黄色がかかったダイヤモンドです。イエローダイヤモンドは、数あるダイヤモンドの種類の中では流通量も多く、比較的価格が安い物が多いです。ただし、カナリーイエローという、黄色の発色が濃い物は希少性が高く、相場は高くなります。また、安価であるので、大きなサイズの物でも手に入りやすい価格なので、人気があります。 以上のような特徴があるので、カナリーイエロー以外のマーキスカットのイエローダイヤは、買取価格はそこまで期待はできません。しかし、宝石としての価値は最低限有しているので、全く値段が付かないということはないでしょう。できるだけ高く買い取ってもらいたいのであれば、買取価格を比較して、高いところに買い取ってもらうと良いです。前述のように、価格が安いので、手に入れやすいという意味では、イエローダイヤモンドは需要があります。そのため、在庫を必要としているお店は、必然的に高めの査定をしてくれます。特にマーキースカットであれば、シャープな印象を与えるため、普段使いの用途に良く用いられるので、その傾向は高いです。

ダイヤモンドの買取は4Cの事柄が中心となって行われている

ダイヤモンドの買取の相場は、そのダイヤモンドの希少性や価値から重さなどにもよって、大きく相場が変わってきます。また、ダイヤモンドを買取に出す場合に一番大切になってくるのは、4Cと言われている4つの事柄です。この4Cとは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つの事柄を指しています。この4の事柄が基準となり、ダイヤモンドの買取価格は決まってきます。 ダイヤモンドには、いろいろな種類があり、形やカラーも様々です。レッドやブルー、イエローなどのカラーのダイヤモンドのことをカラーダイヤモンドと呼んでいますが、天然のカラーのものもあれば、人工的に着色されているものもあります。イエローといったカラーは、比較的数量が多いカラーダイヤモンドになっています。 マーキースカット呼ばれているカットは、船状の形をしているシャープでエレガントな形となっています。このマーキースカットは、原石が細長い石のときに用いられています。 ダイヤモンドの買取の基準は、基本的には、4Cの事柄を中心にして査定が行われますが、査定してもらうダイヤモンドが本物ではなく偽者だった場合には、通常の買取価格よりも低くなってしまいますし、値段すら付かない場合もあるので注意が必要です。

ダイヤモンドの買取の基準とマーキースカットについて

ダイヤモンドの買取をする際に重要になってくるのが、キャラット、カラー、クラリティ、カットのこの4つの事柄が重要になってきます。この4つの事柄を合わせて4Cと言って、この4Cを基準にしてダイヤモンドの買取は行われています。キャラットは重さ、カラーは色、クラリティは透明度、カットに関しては、天然ではなく唯一人工的にコントロールすることのできる部分になっています。 イエローなどの色の付いているダイヤモンドのことをカラーダイヤモンドと言って、様々なカラーのダイヤがあります。イエローのダイヤに関しては、比較的、数量が多いカラーになっています。天然のブルーやピンク、パープルといったダイヤに関しては、希少性が高いダイヤになっています。ブルーやピンク、パープルといった希少性が高いものでも、人工的に着色されているダイヤに関しては、天然のダイヤと比較しても、希少価値が低くなってしまうので注意が必要になってきます。 マーキースカットと呼ばれるカットは、船状の形をしていて、シャープでエレガントなシェイプになっています。このマーキースカットに関しては、原石が細長い石のときに用いられているカットになっています。他にもハートカットやエメラルドカットなど様々なカットが存在しています。