インドが世界一の金持ち国という理由

NEW
インドが世界一の金持ち国という理由

インドの経済が急成長を見せており、GDPでは世界2位のアメリカを抜こうとしていることをご存じでしょうか?。急成長を見せるインドですが、お金持ちが沢山いることでも知られています。なぜ世界一の金持ち国なのかを詳しく見てみましょう。

人口と今後の消費拡大

2019年、IMFによるとインドの人口は13億人にのぼり今後も増加する見通しです。中国の人口は14億人ですが、2027年にはインドが中国を抜いて世界一の人口になるでしょう。今後人口が増え続ける中、比例するようにして若者の人口も増えていくと見られています。インドが抱える問題について詳しく見てみましょう。

人口の拡大

インドは日本よりも約8倍も大きな面積であり、世界でも7位の国土面積を誇ります。また1年を通して温暖で比較的雨の量が多いため、作物栽培には困らない土地と言えるでしょう。食べ物が安定的に取れるという理由もあり、人口は右肩上がりに増えていくと考えられています。

若者が増えている

インドの人口構成を見てみると、15歳~64歳が多い人口ボーナス期に突入しています。今後の人口増加も、他国よりも増える見通しが国際連合の2019年Revisionレポートでも明らかにされました。

若者が増えることにより今までの歴史が少しずつ塗り替えられ、新しいインドを建設する者が増えると期待されています。

 

IT業界に参入する人が多い

インドは世界的に見てもIT業界に従事している人が沢山います。なぜ多くのインド人がIT業界に参入しているのでしょうか。その理由として以下のことが考えられます。

  • 数字に強い
  • ITにはカースト制度がない
  • 英語に強い
  • インフラが整っていない

この4つの理由について詳しく見てみましょう。

数字に強い

インドは数学に強いという話を耳にしたことはあるでしょうか。その理由として、以下のことが考えられます。

  • インドには紀元前から数学についての歴史がある
  • 「0」という数字の概念を作ったのはインド人

日本では小学校に入り、最初に習うのは九九です。しかしインドでは、10の段、11の段と多くの公式を頭にインプットしています。効率よく解けるためのノウハウを幼少期から学んでいるのです。

これはパソコンでも同じことが言えます。パソコンは1と0で組み合わされた言語です。これらを組み合わせることで起動するため、数字に強いインド人は難なくクリアできるのではないでしょうか。

ITにはカースト制度がない

インドには多様な宗教が存在します。例えばヒンドゥー教、イスラム教、仏教と数多くの宗教が入り乱れているのです。未だにカースト制度という風習が残っています。この制度が立ちはだかり、仕事でも上下関係の壁が高く存在するのです。

しかしITにはカースト制度がなく、能力次第でどこまででも上がれる実力世界。これに憧れて参入してくる人が多いのだと考えられます。

英語に強い

インドには30の州が存在します。それぞれに公用語がありますが、その中でも英語は多くの人が共通して話せる言語。英語が話せる理由としては、インドがイギリスの植民地だった時代に英語を話せるように教育を受けたからです。この英語力があるからこそ、グローバルで活躍できる人材が多く排出されたと考えられます。

インフラが整っていない

インドがITに強くなったのは、インフラが整っていないためだと考えられます。インドは道路の整備や産業が乏しい国です。電気とインターネットさえあれば仕事ができるITは、このような背景があるからこそ強くなったのではないでしょうか。

 

投資のポイントが上手

インド人は投資のポイントが上手です。日頃から心がけていることが2つあります。

  • 普段はお金の消費をしない
  • バカンスや子供への教育は惜しまない

普段はお金の消費をしない

日本では、友人とお茶をしながら喫茶店や家で話すというのが恒例です。しかしインドでは銀行や企業に毎月定額(サブスクリプション)で支払いをすることで、お客に対してはお茶やお菓子が提供されます。このようなところに行き、ドリンクやお菓子をつまみながらお話をするのです。毎月支払いをしているため気兼ねなく立ち寄れます。使うところではお金を使い、普段は極力お金を使わずに生活できるよう意識をしているのがインド流です。

バカンスや子供への教育は惜しまない

日頃は仕事で忙しくお金も極力使わない傾向が見られますが、バカンスや子供への教育は惜しまない傾向が見られます。この背景には、親が子供の頃にインドは世界から見てもGDPが低い国だったことがあります。仕事も昔から存在するものが多く、苦労してきたのではないでしょうか。そのような苦労があったからこそ子供への教育を惜しまず、気分を入れ替えるためにバカンスを楽しむ人が多いのです。このようにしっかりとメリハリをつけて仕事に取り組むからこそ、お金持ちが多いのではないでしょうか。

 

まとめ

インドにお金持ちが多い理由としては、ITに参入する人が多いことが明らかです。その理由は、インドは数学のレベルが世界から見てもトップクラスであること、英語を使用しているためグローバルでも活躍できること、IT業界にはカースト制度がないことなどがあげられます。またお金に関しては、使うときには使うといったメリハリがしっかりとしているため、インドにはお金持ちが多いと言えるのではないでしょうか。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
LINEで査定をする!
上へ戻る