馬に由来する人気ブランドを知ろう!今回は「コーチ」のバッグダービーに焦点を当てます

NEW
馬に由来する人気ブランドを知ろう!今回は「コーチ」のバッグダービーに焦点を当てます

1941年に創業した皮革製品のブランドが、コーチです。馬と深いかかわりがあるブランドは他にも多いのですが、コーチもその一つ。今回はコーチを象徴するダービーに焦点を当てながら、その魅力について迫っていきましょう。

馬に由来するブランド「コーチ」の成り立ちや現在の潮流

コーチは1941年にアメリカで創業されたのが始まりです。しかし創業当時は「コーチ」の社名ではなく、現在のような高級ファッションブランドでもありませんでした。アメリカの地方都市によくあるような、革職人が集まった工房だったのです。転換期が訪れたのは1960年代のこと。経営メンバーの一人が野球観戦をしていた際に、選手が使っているグラブのような柔軟で靭性に優れた製品を作ろうと考えたのです。これが同社の代名詞となるグラブタンレザーの始まりとなりました。この素材を使って作り出した、たった12個のバッグは、そのかつてない出来栄えから当時業界の度肝を抜いたのです。このバッグを売り出す時に使ったのが「コーチ」のブランド名でした。ここから現在しているブランドの歴史が始まったと言えるでしょう。

ちなみにCoachと言うのは馬車のことです。元々はハンガリーの一都市「コチ」が語源となっています。コチは馬車の製造で有名な街で、後に世界各国は馬車のことをコチと呼び始めたのです。同ブランドもそれにちなんでCoachと名付けています。さらにロゴデザインには馬車を採用しており、何らかの意味を持っている事は明白ですが何故この社名なのかは明らかにされていないようです。現在では馬車が大切な荷物を運ぶことから、ユーザーに大切なアイテムを届けたいと言う願いが込められていたのだろうと推測されています。現在でもアイテム名には馬車や馬をイメージさせる名前を冠したものが、幾つかラインナップされていますが、特に乗馬向きと言うわけではなさそうです。

 

「コーチ」が人々に受け入れられている理由に迫る

コーチはグラブタンレザーの製品を世に送り出して以来、様々な革新的な取り組みを行ってきました。特に1962年に雇用したボニー・カシンとの出会いは、このブランドの運命を大きく変えたと言えるでしょう。ボニーらは卓越したファッションセンスの持ち主で、当時としては異色のデザインや色使い、機能性を持つバッグを次々と手掛けていきました。ここで特筆したいのが、この革命的と言える取り組みはいずれも市場ニーズを先取りしたものだったのです。単に奇抜なのではなく、人々が潜在的に求めていた価値を具現化しつづけたのが、ボニーたちの真の功績でした。そして革新的な製品はかつての皮革工房時代から受け継がれた職人の高度な技術によって手掛けられます。時代を先取りする先見性と、崩してはならない価値を守り続けてきた伝統が、コーチが人々に受け入れられる基礎部分となったと言えるはずです。

数々のセンセーションを巻き起こしたアイテムは揺るぎない定番として定着し、いまでも根強い支持を集めています。モデルチェンジを経ても、時代の流れの中で変わらない魅力を持ち続けているのです。この揺るぎない価値があるからこそ、このブランドのアイテムに憧れる人が後を絶ちません。

また革新的なチャレンジは、現代においても続けられています。高い職人技術とブランドの理念はそのままに、新しい価値の創造にも余念がありません。コーチのブランド名のごとく、進み続ける馬車のようにファッション業界のパイオニアとして、今もなお新しい世界に向けて歩み続けているのです。

 

コーチブランドの中でも人気が高いLバッグダービー

コーチの手掛けているアイテムは人気の品が多いですが、中でもバッグ・ダービーは名の知られた存在です。このブランドの定番とも言える人気を誇っており、何時か手に取ってみたいと考えている方も珍しくありません。ビッグサイズでたっぷりと荷物を持ち運べるのが特徴で、機能性はもちろんデザインも優れています。一目見ただけでは平凡なルックスに感じやすいのですが、実は完成度の高いバランスに優れたひと品です。幅広いファッションにマッチしますし、悪目立ちすることもありません。それでいて控えめなコーチのロゴや細部の作り込みから、高級感や品格が溢れているのです。

また機能的にも細やかな配慮があるのも特徴でしょう。使いやすいマグネット式のフックを採用していたり、サイドポケットや内ポケットなどを設けたりと、随所に工夫が見られます。価格的にも高価過ぎないので実用的です。このため実際に普段使いにしていて、ダービーの良さに気付いたと言う方もあるはずです。

カラーラインナップは多彩で、コーチらしい明るくて鮮やかな色あいの製品が見当たります。またホワイトのような平凡な色でも何とも言えない味わい深さがあるほか、装飾にゴールドをあしらうなどしてお洒落さも高めです。シックなブラウンや黒にも独特の魅力があり、こちらも捨てがたい選択肢となっています。またバッグの内と外で色を塗り分けるため、お洒落感は倍増しています。全体的にどのカラーを選ぶかは迷ってしまいますが、価格的には入手しやすいので、複数の色を集めてコーディネートを楽しんでみるのもおすすめです。

 

コーチブランドのバッグダービーのブランド買取での評価

コーチのバッグは全体的に人気ですが、中でもダービーはブランド買い取りの評価が高くなっています。需要があるアイテムは中古品でも高値で取引されるため、換金性は高いといえます。特に新品同様のコンティションでしたら、値崩れしにくく、予想していたよりもいい査定結果が出る事が期待できます。

実際にいくらで買い取られているかはケースバイケースですが、ネット上には買取店が査定した実例が散見されますので、需要の高さがうかがえます。需要が高いアイテムは高額でも売れやすいですから、ブランド買取りでは積極的な値段を提示される見込みが強いです。買取店同士で取り合いになってしまうので、少しでも査定を上乗せして、自分に売ってほしいと考えるショップが少なくありません。

この点でダービーはハイブランド品としては高額過ぎないため、ファースト・コーチとして選ぶのも悪くはない選択肢です。実用性にも優れていますから、お手頃な価格の中古品を買って使い倒したい人もいるでしょう。このような需要を考えると、この製品を手放したいと考える時は、まずは査定を検討してみるのおすすめできます。

ちなみに人気があるため多少のコンディションの劣化程度では、査定価値はなくなりません。不人気の品だと少し傷があれば捨て値になることもありますが、こちらは若干の型崩れやヨレ、シワ程度なら鑑定に出してみる価値はあります。多少問題があっても修理やお手入れによって状態が回復するので、ある程度の価値がある製品なら、キズモノや訳ありでも買取可能なケースが多いのです。

 

バッグダービーを高く買取してもらうためにできること

まず普段から丁寧に扱うことが何よりも重要です。型崩れや傷などがつかないように気を使いましょう。乱雑に扱うのはもちろんNGですし、保管方法にも気を配りたいものです。保管の仕方が悪いと、匂いがついたりカビが生えてしまったりするケースがあります。このような品はもちろん、使いたいと考える人は減りますから査定価格が低下しやすいです。

次に査定に出す時にも幾つかのポイントがあります。まずコンディションをなるべく、良好な状態にすることが大切です。汚れや埃は柔らかい布で取り除いておきましょう。金属部分のくすみも取り除いておいた方が安心です。クリームを使うのはケースバイケースでの判断となります。下手に塗るとギトギトして評価が下がりかねません。

状態を整えたら、今度は付属品を集めていきます。梱包材や保証書の他にダービーにブランドプレートが付いているなら、これも忘れずに用意して下さい。これらの付属品の中には評価に直結しないものもありますが、丁寧に扱っていた印象を与えられるので、値引きされてしまうのを防げます。

後は買取店をしっかりと吟味することも欠かせません。鑑定士の技術や販売網などは店舗ごとに違うため、適当に選ぶと損をしやすいのです。特にダービーの買取実績がある店舗や、高額査定を出しやすいお店を選んでください。一件だけで判断するのは難しいので、複数の店舗で査定をしてもらって、見比べていくのも選択肢です。基本的に査定だけなら無料なので、良い評価を出せて対応も親切なショップを探すのがおすすめできます。

 

まとめ

馬と関わりがある名門ブランドのコーチは、バッグのダービーが人気を集めています。価格・デザイン・機能性ともに実用的なので、お洒落好きな方は一つ持っておくと何かと役立つでしょう。また買取も人気のコーチの品と言うこともあり高額査定が規定できますから、持ち物を整理したい時には積極的に検討してみるのがおすすめです。近年はネットやLINEを使って気軽に査定を依頼できるようになっているので、試してみてはいかがでしょうか。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る