ダイヤモンドの評価を決める基本的な用語を分かりやすく解説

NEW
ダイヤモンドの評価を決める基本的な用語を分かりやすく解説

ダイヤモンドの価値は4Cという専門機関で定められた評価基準によって決定することができます。4Cとは市場に出るまでに4つの観点で評価され、価格が決定します。この中でどの評価基準でもグレードが高ければ希少価値の高いダイヤモンドとして判断されます。

一番有名な基準は重さを表すカラット

カラットとはダイヤモンドの重量で、gでは表示されません。1カラットはグラムに換算すると0.200gで「1ct」と表記されます。採掘されたダイヤモンドのほとんどは1ctに満たないため、重量は電子天秤を使用してカラット数は1000分の1まで正確に測定して小数点第3位が8なら切り捨てて9なら位をあげる、または小数点第3位まで数字を詳細に表記されます。そのためカラット数が大きければ希少価値も上がり、高額なダイヤモンドになります。しかし採掘される原石のほとんどが小さく、研磨すると重さがさらに半分以下になるので、重量のあるダイヤモンドは大変重要であるとみなされます。カラットは昔地中海で宝石の重さを量るのに使われたイナゴ豆が語源になっているといわれています。さらに1800年代終わりにカラットの実重量を世界的に統一しようという動きがあり、1907年に1ctは0.200gという基準が国政的に認められました。加えて1ctのダイヤモンドについて、100ポイントと表記することもあるようです。

カット(輝き)・カラー(色)・クラリティ(透明度)も評価基準

評価基準にはほかにダイヤモンドのスタイルやプロポーションを表すカットや、色を表すカラー、また透明度を表すクラリティがあります。ダイヤモンドはただ形よく削れば、市場で売れるというわけではありません。角度よく研磨してよい形に成形をすることで、より美しく輝くことができます。そのためカットはダイヤモンドを加工する職人の手によって決まる評価基準となります。またダイヤモンドには色がついているものが多く、研磨して加工して無色透明なダイヤモンドで価値が高いかどうかを評価するのがカラーです。中には薄く黄ばんだダイヤモンドが存在していて色がついているものほど、価値は下がります。カラーの評価は価値の高い順にDからZまでのアルファベットで表されます。さらにクラリティはダイヤモンドの透明度を表しており、価値が高いことを意味しています。どのダイヤモンドにも内包物が存在していて、その大きさや位置、また傷や欠けの有無によってクラリティが評価されます。

4つの基準の頭文字から4Cと呼ばれている

「カラット」「カット」「カラー」「クラリティ」は英語表記をすると「carat」「cut」「color」「clarity」となり、各頭文字を組み合わせて「4c」と呼ばれています。4cはダイヤモンドの価値を決定する評価基準として1950年代に米国学会で開発され、国際的に使用されるようになりました。ダイヤモンドは自然界に存在している鉱物なので、内包物や色がついているかどうか、傷の有無など産出されたダイヤモンドによって違いがあります。そのため4cを用いることで度合を測定して、価値を判定します。国際的に統一された評価基準は、世界でダイヤモンドを取引する時に価値や相場の目安としても使われます。評価基準は目視でわかるものとそうではないものに分けられており、ダイヤモンドを店頭で選ぶ場合には重量を示すカラットと石のプロポーションを示しているカットを重視することで、理想の石を見つけることができるといわれています。

まとめ

価値が高い品質のダイヤモンドかどうかは4cで決められ、グレードが上がると価値が高まるとされているようですが、ダイヤモンド同士で持っている価値を見比べた時に同じグレードの評価基準を持っていてもほかの評価基準が異なると、価格は変わる可能性があります。そのため1つの評価基準が高いからといって、優れている、または高価なダイヤモンドは言えない場合があります。ダイヤモンドを選ぶ時に各評価基準のグレードを知っておくのは、とても重要なことと言えそうです。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る