摩訶不思議なこの世の光と思えない七色の偏光!ブリリアントカットの誕生秘話とカットの種類

NEW
摩訶不思議なこの世の光と思えない七色の偏光!ブリリアントカットの誕生秘話とカットの種類

ダイヤモンドを最も美しく、かつ輝かせる方法はブリリアントカットだと言われています。中央部は丸い形になるようカットして、中央からは放射状にカットされています。ほかにもさまざまなカット方法があり、魅力的な七色の偏光を生み出すのです。ブリリアントカットが誕生した秘話やカットの種類を解説します。

14世紀以降にさかのぼりインドからパリにダイヤモンドが流入しブリリアントカットが誕生

14世紀頃まで、原産地でもあるインドでは加工する必要がなかったので、ダイヤモンドの加工は主にヨーロッパで行われていたといいます。インドからヨーロッパに持ち帰ったダイヤモンドは、6面や8面、12面など等軸結晶になる美しさを持つものはなく、インドでは使い物にならない低品質もしくはマクルと呼ばれる双晶結晶のダイヤモンドのみでした。なぜかというと、インドでは、身分制度の証で使用していたなどの歴史があり、国外の者に対して王様と同じ位を示す等軸の美しさを持つものを与えることがなかったからです。ダイヤモンドは衝撃には脆いけれども、ひっかき傷がつきにくい非常に硬い性質を持っています。硬すぎて加工することができないため、身分が高い人々はリングにそのまま取り付けて原石のまま身に着けていたといわれています。インドからヨーロッパに原石が流入した当初から試行錯誤を繰り返しながら研究され、そして時代が変わるごとにさらに美しさを引き出せるカット手法が開発されてきました。これがブリリアントカットの誕生へと繋がります。

14世紀初頭はインド人に四つカボションやローズカットが主流

ローズカットは、16世紀に登場したダイヤモンドをカットする方法で、バラの蕾に似ているドーム型のダイヤモンドです。ベルケムは、人類史上初めてダイヤモンドを研磨したといわれている伝説の研磨師です。ベルケムなどを含め研磨技師の活躍よって、ダイヤモンドのボートを使い12面や16面、24面や32面など時代を追うごとに複雑な加工が可能になっていきます。この時代にはまだ電気などがないため、作業はろうそくの明かりの中で行われていました。薄暗いろうそくの明かりの中で、幻想的に磨くことが求められていた時代だったのです。そのような中で、最先端技術を駆使して作り出されたローズカットやカボションなどの、曲線面にモザイク模様のような面を持つカットに注目が集まり、社交界や貴族の間で人気を集めるようになりました。ちなみに、カボションは原石を丸い山形に整えて研磨する、光の反射を利用するのではなく石そのものが持つ光沢および文様を生かすカット手法を意味します。

現代はラウンドブリリアントカットのニーズが高く品質の良いダイヤモンドは高額査定

ブリリアントカットは、ラウンドブリリアントカットやマーキーズブリリアントカットなどダイヤモンドの研磨方式の総称です。17世紀にイタリアのヴェネツィアで原形が考案され、1919年にダイヤモンド加工業の名門といわれるベルギーの数学者であり宝石職人のマルセル・トルコフスキー氏により作り出されたカット手法です。ダイヤモンドの屈折率や反射率など、光学的特性を数学的に考え最も美しく、かつ輝く形を理論的に導き出すもので、ファセットの形状や角度を計算したとされます。現代のダイヤモンドの代表的なカットであり、美しい輝きで魅力的なことからニーズが非常に高いため、品質が良いダイヤモンドなどでは買取の際にも高額査定になることも珍しくありません。ダイヤモンドの品質は、購入時に商品と一緒に受け取っているギャランティーカードがその証明をしてくれます。買取の際には、ギャランディーカードの有無で査定額や買取までの時間の節約に繋げられることから必ず用意することをおすすめします。

まとめ

18世紀初頭には、オールドマインカットを進化させたオールドヨーロピアンカットが誕生して、ブルーティング技術の向上によりテーブルを正面に丸い形状に仕上げることができるようになりました。これは58面体に研磨されたもので、現代のラウンドブリリアントカットのルーツになるものです。ラウンドブリリアントカットはダイヤモンドのカットの中でも代表的であると同時にニーズが高いもので、ダイヤモンドそのものの品質により高額買取の可能性も高まります。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る