宝石・ジュエリー
2021年11月4日

【ターコイズ】の基本情報をわかりやすく解説!

NEW
【ターコイズ】の基本情報をわかりやすく解説!

ターコイズは、トルコ石とも呼ばれる宝石で、12月の誕生石として親しまれています。紀元前5000年前には、ターコイズのビーズが発見されており、古くから人々に愛され続けてきた石として知られています。そのターコイズに関する知識や情報を、詳しくご紹介していきましょう。

ターコイズの意味と特徴

ターコイズの名前はフランス語でトルコの石を意味している「poerre tuquoise」から由来されているといわれており、日本でもターコイズは「トルコ石」の名前で親しまれています。ただしこのトルコ石という名前は、トルコで採掘される石という意味で名づけられたわけではありません。世界各国で採掘されたターコイズは、トルコの商隊によって貿易品としてヨーロッパに持ち込まれました。全ヨーロッパに普及したことから、次第にこのような名前で呼ばれていきました。またトルコの商隊が旅の安全を祈願するため、お守りとして身に着けていたことがありました。現在でも「旅の安全」という宝石言葉が残っています。ターコイズは、美しく鮮やかな空の色を彷彿とさせる明るいエネルギーを持っています。ネガティブなエネルギーを吹き飛ばし、困難を乗り越えることが可能と考えられています。かつてのネイティブアメリカンたちの中では、地球を取り巻く美しい空を表す神の石として信じられており、雨ごいや神の声を聴く儀式の際に用いられてきました。

ターコイズの色と効果

ターコイズの色は先ほどもご紹介したように空色、またはまるで大地を潤す水を象徴するような色をしています。人々の心を癒すことができるオアシスのような存在となる石ですので、不安感やイライラを鎮めるヒーリング効果があるとも言われています。ターコイズにはこの他にも様々な効果がありますが、能力をアップしたり、人間関係を円滑にさせたり、魔除け効果があると考えられています。例えば仕事や学力アップを目指し、資格取得や昇進など一定の目標に対する能力アップの効果が発揮できる石としても使うことができます。また、精神面を支えてくれる事で人間関係を円滑にできる石と考えられており、普段からコミュニケーションがあまり得意ではない方や、人間関係でストレスを感じている方にとってのサポート役になってくれる事でしょう。そのため、人間関係を円滑にしたい方にはぴったりの石といえます。邪悪な自身を気から守護するという効果が期待できるため、魔除けとしても最適な石です。後ろ向きな気持ちを前向きに転換できるといった意味でも大変お勧めです。

ターコイズの産出国

ターコイズが採掘できる産地はいくつかありますが、その中でも代表的な産地がイラン産のものです。イランは世界で第一位の供給量と言われており、2000年にわたって採掘されてきたという長い歴史があります。産出量が世界一なだけではなく、いつまでも美しいターコイズブルーの色味を保てる最高品質の石が採掘されるのが、イラン産ターコイズの特徴です。この他にアメリカは、ターコイズを採掘することができる有名な産地です。アメリカ産の特徴は、一般的なターコイズに入っている「メイトリックス」と呼ばれる黒い模様が入っていないものが存在します。それはアリゾナ産のもので、イラン産のものに比べると耐久性が低く、更に変色する事も多いため、原石に透明なアクリルを事前に浸透させてから加工するという工夫がされています。この他の地域として、中国でも採掘されます。中国産のものは、メイトリックスが入っているのが特徴です。一般的なターコイズブルーではなく、少しグリーンがかった石が多いです。中国産のものも耐久性が低く、アクリルを浸透させて加工してからカットされていきます。ターコイズの最高品質のものを手にされたい時は、イラン産のものを選ばれると良いでしょう。

ターコイズのお手入れと保管方法

ターコイズは他の天然石と比べると、耐久性が低くもろい性質を持っていますので、取扱いには十分な注意が必要です。ターコイズには無数の穴が空いているのが特徴です。また汗や水に弱く、それらが穴から浸透してしまう可能性があります。これがターコイズの劣化につながり、変色の原因にもなってしまうので注意しなければなりません。ターコイズを身に着けて外した時は、そのまましまうのではなく、柔らかな布などで汗や水、汚れをふき取ってから保管されるのが良いでしょう。どうしても汚れがひどい場合は、薄めた中性洗剤で軽く洗浄する方法があります。しかし、無数の細かな穴から洗浄成分や水が入ってしまう可能性が高く、ふき取っても浸透してしまうため、できれば普段は乾拭きをして水に濡らさないように気をつけたが安心です。また、ターコイズは硬度が6と衝撃には弱い性質を持っていますので、落とさないように気をつけて取り扱う必要があります。更には直射日光にも弱いため、保管される際は直射日光の当たらない場所に保管しておくようにしましょう。

12月の誕生石の種類

ターコイズは、12月の誕生石として大変有名な石です。この他にも、タンザナイトやラピスラズリといった石も12月の誕生石として親しまれています。いずれの石も、12月の誕生石は青色をしているのが特徴です。タンザナイトは、日中は自然光で鮮やかなブルーに見えます。一方で、夜間は月光や人工的な灯りの下で紫がかった美しいブルーに見えるのが特徴です。タンザナイトは1967年にルビー採掘をしていた際にタンザニアの鉱山で発見されたものであり、比較的新しい石と言えるでしょう。1980年代にティファニーのプロモーションで一躍有名になり、世界で愛されるようになったことから、様々なジュエリーに使われています。ラピスラズリは、単一の鉱物ではなく、ラズライトとソーダライト、アウイン、アゼノンの4つの鉱物から構成されている石です。モース硬度は5と低いため、ターコイズよりも衝撃には弱い性質があります。いずれも美しいブルーが魅力的な石で、誕生石として使われる場合は、色味で選んだり透明度や輝き方でお好みのものを選ばれると良いでしょう。

まとめ

古い歴史を持つターコイズは、ネイティブアメリカンなどから親しまれ、現代でも世界中で愛されている石です。12月の誕生石ではありますが、爽快で鮮やかな空色は夏のシーズンにもぴったりな色のため、夏のジュエリーとしても良く使われています。良質なターコイズは、色みやメイトリックスのバランスの良さでも価値を見分けることができますので、注目されてみると良いでしょう。長くターコイズのジュエリーを楽しむためには、水や汗は定期的にふき取り、直射日光になるべく当てないように気をつけて使用するようにして下さい。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。