ロレックスの磁気抜きをする方法 磁気帯びさせない対策も紹介

NEW
ロレックスの磁気抜きをする方法 磁気帯びさせない対策も紹介

ロレックスの腕時計を使っているときに、精度が落ちたり、歯車がうまくかみ合わなかったりすることがあります。そのときは磁気帯びによる故障かもしれません。せっかく高いお金を出して買った高級腕時計が磁気で壊れると、ショックも大きいでしょう。

こうした事態を避けるため磁気対策や、壊れたときの対処法などを知っておくことが大切です。今回はロレックスの腕時計をいつまでも大切にしたい方のために、磁気のリスクと対策を紹介します。これを読めば磁気から守る方法がわかるでしょう。 

 

ロレックスにとって磁気のリスクとは?

 

ロレックスに限らず、高級腕時計は磁気に要注意です。基本的に腕時計は金属でできています。電化製品の近くに置き続けると、故障につながるでしょう。磁気リスクの詳細を以下にまとめました。 

腕時計に限らず金属製の精密機械は、磁気に気をつけながら管理してください。磁気によって腕時計のムーブメントが影響を受けるからです。性能を落とさないためには、普段の置き場所に気をつけましょう。

腕時計はデリケートな機械なので、磁気のせいでいつ壊れてもおかしくありません。生活空間を確かめ、電化製品から遠ざけることが大切です。日ごろからの配慮が、腕時計をトラブルから守ります。

ロレックスの腕時計を使っていたり、これから買おうとしたりしている方は、時計の管理方法を考えておきましょう。

とくに電化製品付近は、腕時計にとって要注意です。電気を使うさまざまなアイデムから、磁気が起きています。うっかり腕時計を置いてしまうと、磁気にさらされ、機能に悪影響を及ぼすでしょう。

たとえばスマートフォンやタブレット、パソコンなど、身近な電化製品からも磁気が起きています。近くに長時間置いていると、腕時計の精度を狂わせてしまうのです。使わない時間帯では、腕時計を安全な場所に置いてください。

腕時計と電化製品の位置関係を意識すれば、安全な管理が可能です。

 

磁気帯びはどうやって起きるのか?

 

磁気帯びのメカニズムを紹介します。磁気は腕時計のムーブメントを狂わせ、精度を奪うのが難点です。最悪腕時計がまったく動かないこともあります。以上から磁気帯びによる故障リスクに気をつけてください。 

磁気帯びとは、金属が磁場の影響を受け、磁石のような状態になることです。腕時計のムーブメントは、強磁性体の部品が多いため、磁気に弱いとされます。このような精密機械は、電化製品との位置関係に注意しなければなりません。

たとえば電化製品の近くで放置すると、強磁性体の部品が磁気にやられてしまいます。とくに脱進機の働きが悪くなり、精度に影響が及ぶでしょう。精度の狂った時計は役に立たず、日常生活にも響きます。磁気帯びは時計の機能を狂わせ、時間を確かめにくくするリスクがあるのです。

磁気のせいで、腕時計のムーブメントが狂ってしまうリスクを知りましょう。磁気は時計の内部に深刻なダメージを与えるおそれがあります。腕時計の寿命をうっかり縮めないためにも、保管方法の検討が大切です。

とくにヒゲゼンマイを使っている腕時計には注意してください。このタイプはとくに磁気帯びの影響を受けやすいからです。磁場との接触が動力に悪影響を与え、運針の動きが早くなったり遅くなったりします。

ロレックスの腕時計は、基本的に磁気に弱いのがデメリットです。とくにヒゲゼンマイ型は壊れやすい点に気をつけましょう。

以上からロレックスの腕時計も磁気帯びを受けると、動きが不安定になります。時計が実際の時刻よりも早く進みすぎたり、遅くなったりするからです。実際の時刻からズレた腕時計は、使いづらいといえます。

たとえばアナログクォーツ式だと、磁気のせいで時計が止まるかもしれません。ほかにも方位計測機能がある腕時計だと、方角をうまく示せない可能性があります。磁気によって、腕時計のさまざまな機能がマヒするおそれがあるのです。ロレックスは多種多様の機能が使える商品をそろえていますが、磁気の影響でうまく使えなくなるリスクには注意してください。

 

ロレックスのクォーツ式腕時計も磁気帯びに注意

 

ロレックスのクォーツ式腕時計も、磁気帯びに気をつけなければなりません。モーターに磁石の性質があり、磁気に反応しやすいからです。長時間の帯磁リスクは機械式腕時計より小さいといえますが、磁気にさらしすぎると精度が狂うおそれがあります。 

クォーツ時計について、磁気に強いと考える方もいるでしょう。ヒゲゼンマイを使っていないからです。しかし実際はクォーツ時計も、磁力の影響を受けます。クォーツ時計に搭載されたモーターに、 磁石の性質があるからです。

モーターの機能が狂うと、クォーツ時計でも時間の進み方が不安定になります。こうなると外出先で、時間どおりの行動がうまくいかないかもしれません。クォーツ式でも磁気にさらしすぎると、針が止まってしまうリスクさえあります。以上から腕時計は形式にかかわらず、磁気の脅威に注意です。

一方でクォーツ式腕時計は、長時間の帯磁リスクが比較的小さいとされます。機械式と比べると、磁気への耐性がそれなりに認められるからです。うっかり電化製品の近くに置いても、トラブルになりづらいでしょう。

機械式時計はヒゲゼンマイの磁気化により精度が狂い、修理を要する可能性があります。しかしクォーツ式の腕時計は磁気を出すものから離せば、機能が戻りやすいでしょう。それでも磁気にさらしすぎると、時計として使い物にならなくなります。以上からクォーツ式の粗雑な管理は禁物ながら、ある程度磁気リスクに対処できると認識してください。

 

ロレックスを磁気帯びさせない方法

 

ロレックスの腕時計を大切に扱うには、磁気対策が重要です。とにかく磁気のあるものに近づけないようにしましょう。これから腕時計を買おうとしていて、故障リスクが気になる方は、磁気に強い商品を選んでください。磁気対策を以下にまとめました。 

腕時計の管理時は、磁気のあるものに近づけないことが大切です。多くの電化製品から磁気が起きるため、安全な場所を確保しなければなりません。できれば腕時計を買う前に、自宅での管理方法をマニュアル化しましょう。

腕時計と磁気からの距離は、5~10cmが望ましいといえます。ユーザーにとって大切なのは、生活空間に電化製品のないゾーンを設けることです。腕時計の管理場所を決めるには、電化製品の置き方まで考えましょう。腕時計の管理が難しい状況なら、電化製品の置き場所の変更も必要かもしれません。

故障リスクに対処するなら、磁気に強いロレックスを選んでください。うっかり磁気のある場所に置いてしまっても、ある程度はダメージを最小限に抑えられるからです。磁気リスクに対応した設計は、長期的な使用にも向いているでしょう。

ロレックスで磁気に強いシリーズには、ミルガウスがあります。こちらは1956年に誕生した老舗シリーズです。磁気が起きる場所にも耐えられるように開発を受けてきました。以上から磁気の影響が気になる方にとって、味方になるでしょう。

ただしミルガウスでも、磁気にさらし続けていいことにはなりません。無駄に寿命を縮めないためにも、電化製品に近づけない工夫は必要です。それでも長期的な使用を見据えているなら、ミルガウスに注目してください。 

 

ロレックスの磁気抜きの方法

 

万が一ロレックスに不具合が起きたら、磁気を帯びているかもしれません。そこで磁気抜きの方法を覚えましょう。最初に腕時計の状態をチェックし、帯磁が認められたら抜いてあげる必要があります。市販の磁気抜き器もあるので、合わせてチェックしてください。 

磁気帯びかもしれないと思ったら、まずは腕時計の状態を確かめましょう。腕時計の付近にコンパスを置いてみてください。その針が大きく動いた場合は、磁気帯びのサインです。帯磁状態は腕時計を痛めてしまうので、早めに対処してください。

腕時計の故障の原因はさまざまなので、何もしないで磁気帯びと決めつけないように注意しましょう。方位磁針を充てて異常がわかれば、初めて帯磁を認識できます。いずれにしても腕時計が思うように動かないときは、コンパスによる状態確認を進めましょう。

腕時計の状態を回復させるために、市販の磁気抜き器もあります。修理店に頼らずに解決したい場合は、こちらを注文しましょう。余分なコストを払わずに、腕時計を回復させられるかもしれません。

一般的な磁気抜き器の使い方は、以下のとおりです。

①時計本体を<磁気抜き器の筒の部分へ直接入れる

②スイッチを押しつつ、時計を筒から並行に離す

③コンパスを充てて針が触れなければ、磁気抜き完了

ただし市販の場合、軽度の磁気帯びしか改善を期待できません。以上の手順を数回やっても精度が戻らないケースもあります。そのときは修理業者への相談を要するでしょう。

自力での解決が難しくても、腕時計の修理店によるオーバーホールがあります。これは腕時計の分解点検修理です。修理店がプロのノウハウで、脱磁作業をしてくれます。以上から磁気トラブルに困っている場合は、修理店への相談も考えましょう。

 

ロレックスが磁気で壊れたときの対処法

 

磁気帯びでロレックスの腕時計が壊れたときは、修理業者に直してもらうのが一般的です。しかし長く使ってきた場合は、修理代を払うよりも買い換えた方が得かもしれません。また使い物にならなくなった腕時計でも、買い取ってもらえる業者がいます。壊れた腕時計について、対処法を以下にまとめました。

自分で磁気抜きができない場合は、修理業者に腕時計のオーバーホールをしてもらいましょう。修理のプロが見ないとわからない欠陥が見つかる可能性があります。

とくに磁気帯びを繰り返した腕時計は要注意です。ムーブメントに限らず、さまざまなパーツにダメージのおそれがあります。修理のプロに頼むと、コストや時間がかかるでしょう。それでも修理業者のおかげで、愛用の腕時計を使い続けられるかもしれません。

長く使ってきた腕時計なら、買い替えも考えましょう。修理を続けるよりも、買い替えた方が手間やコストを抑えられるかもしれません。

たとえば中古の腕時計だと、修理できる部品がないとして、直せないことがあります。生産終了によって部品が少なくなっているからです。とくに年式が古い腕時計なら、無理に直さず、新品に買い替えるべきかもしれません。

壊れた腕時計を処分したいときは、買い取りも考えましょう。状態が悪いと売れないこともあります。しかし業者によっては、故障品を積極的に買い取ることもあるのです。

時計として動かなくても、無事なパーツがあればそこに需要があります。故障品を買い取る業者はそれを踏まえ、きれいな部品の再利用を考えるのです。ロレックスのような高級品は知名度が高いため、故障品でも買い取ってもらえる可能性に期待しましょう。以上から壊れたものでも、業者に買い取ってもらう選択肢があります。

 

まとめ

 

ロレックスは腕時計として高級なので、磁気で壊さないようにしましょう。磁気によってムーブメントが悪影響を受け、精度が狂うおそれがあるからです。こうした事態を避けるには、磁気を出す電化製品に近づけないようにしましょう。

万が一磁気によって壊れた時は、市販の磁気抜き器を使ってください。磁気の放出により、精度が元どおりになるかもしれません。それでも直らない場合は、修理業者にオーバーホールを頼みましょう。

いずれにしてもロレックスの時計を長持ちさせるには、磁気対策が重要です。

ロレックス買取ページはこちら

ミルガウス買取ページはこちら

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
LINEで査定をする!
上へ戻る