ホワイトゴールドが持つ魅力とは?プラチナとの違いも解説

NEW
ホワイトゴールドが持つ魅力とは?プラチナとの違いも解説

ホワイトゴールドは近年ジュエリーによく使われている人気の金属です。しかし、プラチナと比較されることが多く、どちらを購入したらいいのか悩む方も多くいることでしょう。この記事では、ホワイトゴールドの魅力だけでなく、購入するメリットなども合わせて解説していきます。

ホワイトゴールドってどんな金属?

ブライダルリングとしても多く使われており、キラキラとした輝きがとても美しい貴金属です。見た目はシルバー寄りのホワイトのように見えますが、ホワイトゴールドはれっきとした「金」。まずはどんな特徴を持つ金属なのかを見ていきましょう。

ホワイトゴールドは合金

ホワイトゴールドは、ベースとなる金にパラジウムや銀といった白い金属を混ぜ合わせて作られる合金です。配合の割合は、金属の純度によって異なっています。

完成したばかりですとシルバーのように見えるのですが、ここからさらに磨きをかけてしっかりとコーティングを行い、より美しい白色に変化させたものがホワイトゴールドです。

金は、純度が高いものほどとても柔らかいため、ジュエリーに加工するには向いていません。ジュエリーに適した硬さにするために、他の物質を混ぜ合わせて合金とするのが普通です。ホワイトゴールドは、パラジウムなどの割合が多いことでとても強度があります。

 

ホワイトゴールドとプラチナ、その違いとは?

プラチナとほぼ見た目が同じなので、どう違うのか分からないという人も多いでしょう。「どっちを買っても同じなのでは?」と思われがちですが、実は全くの別物です。値段も大きく異なるため、購入を検討する際はしっかりとそれぞれの特徴を知っておくことが大切となります。

プラチナってどんな金属?

プラチナは金と比べると採堀できる量が非常に少なく、希少価値が高い金属です。プラチナは一見ホワイトゴールドと同じ色に見えますが、ホワイトゴールドが合金加工により人工的に色を作り出している一方、プラチナは元々が白い金属であるため、輝き方が全く異なります。天然の白い輝きがとても美しいプラチナは、その希少価値の高さも相まって、ブライダルリングにぴったりだと多くの女性に愛されることとなりました。

なお、ホワイトゴールドは金75%のK18などが主流ですが、プラチナは90%以上のPT900などが多く用いられています。

ホワイトゴールドを購入するメリット

プラチナは高級感があるため非常に人気がありますが、価格が高いことから、近年では安価で購入できるホワイトゴールドを好む方が増えてきました。ホワイトゴールドを購入するメリットを知り、プラチナとどちらが良いかしっかりと比較していきましょう。

軽くて耐久性が高い

金の純度は高ければ高いほど耐久性が低くなります。ホワイトゴールドには他金属を混ぜあわせているため耐久性が非常に高く、プラチナと比べてより傷が付きにくいことが大きなメリットです。結婚指輪として購入し、ずっと身に着けておきたいと考えている場合には、強度が高いホワイトゴールドの方が壊れにくいため、長くお使いいただけます。

また、プラチナと比べて非常に軽いため、常に身に着けていても負担を感じにくいところも人気の秘訣です。ずっと使い続けるものだからこそ、ストレスを感じさせない軽さを好む方も多いのではないでしょうか。

日本人の合う色味で価格も安い

ホワイトゴールドはプラチナと比べて若干黄色の色味が残るため、日本人の肌の色にとてもよく合います。服装やシーンを選ばずマッチしやすい色味なので、普段から使いやすいでしょう。

また、ホワイトゴールドはプラチナよりも値段が安いため、プラチナを買うまでの予算はないという方にも大変人気があります。同じデザインのジュエリーであっても、ホワイトゴールドに変更するだけで価格が抑えられますので、予算重視の場合は非常におすすめです。

 

まとめ

ホワイトゴールドはプラチナと比べて購入しやすく、とても強度があるため、普段使いに適している金属といえるでしょう。残念ながら希少価値はプラチナより劣るものの、安価で手に入れることができるため、予算が少ない方にもおすすめです。自分に似合うホワイトゴールドをぜひ見つけてみてください。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。
まずは査定額を聞いてみる
通話無料 0120-555-600
お得なクーポンはこちら