金投資をする上で絶対に知っておきたいアメリカと金の深い関係

NEW
金投資をする上で絶対に知っておきたいアメリカと金の深い関係

金投資をする上で絶対に知っておかなければならないのが、アメリカと金の関係です。世界経済の中心で回るアメリカのドルと金は、常に深い関係を有しています。そこで今回の記事では、アメリカと金にどのような関係があるのか詳しく解説していきます。

なぜアメリカの経済と金は深い関係があるのか

そもそも金はお金と引き換えに手に入れられるもの。そのため世界で最も多く取引されているアメリカのドルと金は、常に深い関係を有しているのです。

これまでの相場を分析すると、アメリカの経済状況が上向きのときには金は売られる傾向でした。なぜなら経済状況が良いときには仮想通貨や株式など他の投資対象が成長することで利益を得られるためです。

もちろんアメリカの歴史の中で、常に経済状況が成長していたわけではありません。リーマンショックや9.11同時多発テロなど、アメリカ経済に大きく影響を与えるような出来事があったときには株式市場の価格が大幅に下がりました。そして投資に集まるお金が金へと移る傾向を見せています。

これは社会情勢が不安なときには、自分の所有している資産を紙切れになる可能性のある株式や債券から安定資産である金へと移したいという心理的なものも影響しているでしょう。

これまでのアメリカと今後を予想する

これまでのアメリカ経済は、2001年に起きた9.11同時多発テロや20008年に起きたリーマンショックの際に大きな落ち込みを見せています。

また世界中を巻き込んだ新型コロナウイルス感染拡大によっても、一時的に国内では経済状況の落ち込みを見せていました。しかしこのような世界中を巻き込む出来事がアメリカを襲ったにもかかわらず、数年で経済は復活を遂げているのが特徴です。

さらに新型コロナウイルス感染拡大も一時的にはアメリカ経済に影響を与えましたが、その後為替市場は上昇傾向にあり2021年現在でも大幅な値下がりを見せてはいません。

そのため今後のアメリカ経済も大きな出来事によって、一時的に経済が落ち込む可能性もあるかもしれません。しかしまた上向いてくる事も予測して、経済が不調に陥ったときに投資をすると、その後経済状況が上向いたときに利益を得られる可能性があります。

 

経済対策によって景気が上向く可能性も

新型コロナウイルス感染拡大後、2021年現在には経済活動を本格的に再開しようとする動きがアメリカ国内で目立っています。

労働市場でも供給の制約が緩和する傾向にあるため、労働需要が満たされることで雇用者の総数が大幅に伸びることが予想されるでしょう。そうすると、少しずつではありますが失業率も減少すると思われます。

またリーマンショック後も住宅価格は高騰していますが、ローンを借りる人々の返済能力がリーマンショック前よりも良好であるため、今後さらに不動産関係の投資が活発化する可能性があるでしょう。

金融政策においても雇用の本格的な回復が確認され、2022年にはテーパリングが開始される見込みが高くなりました。そのため利上げ開始後には失業率が大幅に下がっていき、経済状況の安定化も見込まれます。

アメリカ経済が安定するであろう景気予測から考えると、今後緩やかではありますが金の価格は下がっていく可能性が高いでしょう。経済状況が回復して再び成長率が伸びる状況になると、金ではなく株式や仮想通貨などの投資対象へとお金が集まります。

あえて金を大量に買い込むことによるメリットは少なくなるため、万が一の場合に備えて分散投資をする対象として金を利用するのがおすすめです。

 

利上げによってさらにアメリカ経済の復権が加速する恐れも

そして金投資において最も知っておきたいのが、アメリカ政府による利上げです。

上記でも利上げについて触れましたが、簡単に説明するとアメリカの中央銀行が政策においての金利を上げることを指します。

なぜこれが金投資において重要かというと、利上げが行われることによってまず確実に世界中のお金がドルへと集まることになるためです。世界のお金がドルへと集まればアメリカ経済の影響力はさらに増すことになるため、世界の国々や投資家からしても投資対象として非常に魅力的なものとなります。

一方で金はあくまでも安定資産であり投資対象の1つでしかないため、他の投資対象が魅力的になると売られてしまう可能性が高いのです。また株式や仮想通貨などは所有しているだけで利回りを得られますが、金には金利が付きません。

こういった様々な理由から、利上げが政策として行われると金の価格を下げていくことになります。

金投資をしている方やこれから始めようと検討している方は、アメリカの経済状況だけではなく利上げに関する政策についてもしっかりと注視しなければならないでしょう。

 

まとめ

今回の記事では金投資をする上で絶対に知っておきたいアメリカとの深い関係について詳しく解説しました。大きな社会変動が起きるとドルから金へとお金が移ることになりますが、その逆もまた然りです。金投資をしている方もしくはしようと検討している方は、常にアメリカに関する最新の情報を追っていく必要があるでしょう。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。