結婚指輪や婚約指輪は買取OK?気になる平均価格をリサーチ

NEW
結婚指輪や婚約指輪は買取OK?気になる平均価格をリサーチ

結婚に関する指輪には、結婚指輪と婚約指輪があります。この指輪を買い取ってもらうこともできますが、どうせなら高く買い取ってもらいたいものです。

買取価格を決めるポイントにはどんなものがあり、実際に買取を行ってもらう際はどういった方法があるのでしょうか。

名前が入っているものでもOK?

結婚指輪の場合、作った時の刻印が入っていることが多いものです。例えば誰から誰に贈ったかが分かるようなイニシャルや名前の刻印、ハートマークなどが入っていることが多いでしょう。中には指が触れる内側に、表から隠すように宝石がセットされている指輪もあります。誕生石であることが多いですが、時に「サムシングブルー」にそってブルートパーズやブルーサファイアなどがセットしてある場合もあります。

ただこういった指輪であっても、多くの宝石店やジュエリーショップでは買取を行っています。

というのも、基本的に内側の刻印に関しては、あるからと行って価値が下がるというものではありません。刻印というのは磨き上げたジュエリーの表面に細かい傷やくぼみをつけることによって読めるようになっているものが多いので、ジュエリーそのものの質を下げるわけではないからです。

また、指輪の内側の石についても同様です。基本的に内側の石がついているというだけで買取ができなくなることはあまりありません。

ただ気をつけたいのは、そういった刻印や石があるために買取の価格が下がる場合があります。ジュエリー店はジュエリーを買い取って加工し、店頭に並べるのですが、その時に刻印を消す加工を施すためです。とはいえ、刻印に関しては全く気にせず素材だけの価値で考慮するジュエリー店もあるため、買取の際には様々なお店へ査定に出してみることも大事でしょう。また、何らかの事情で地金の質やブランドを示す刻印が消えてしまっている場合、買取ができない場合もあります。

 

使われている素材も大事!

婚約指輪や結婚指輪に関しては、使われている素材において重要なポイントがあります。

まずは、地金の素材です。結婚指輪に使われるものとして多いのはプラチナですが、ブライダルジュエリーに関しては安く済ませるために、プラチナによく似た輝きのホワイトゴールにしたり、時にはシルバーにしているブランドもあります。この地金の素材は買取の際に重要な要素となっています。高く売れるのはゴールドですが、ホワイトゴールドの場合は純度が若干落ちるので、相場によってはプラチナのほうが高額になります。最も安いのはやはりシルバーです。シルバーは1グラムあたりの値段がそもそもプラチナやゴールドとは段違いですので、指輪を持ち込んでも数十円程度にしかならないことも多いのです。

次に、地金の純度です。地金の純度は高ければ高いほど高く売れる傾向があります。例えばプラチナ1000という純度の高いものと、プラチナ900という合金では、やはり1000の方が高額の買取となるものです。相場では、同じ重さで同じブランドであれば、プラチナ1000の方が300円ほど高額になる傾向があります。

また、最近ではデザイン性を高めるために、プラチナと色のついたゴールドを合わせた合金・コンビなどと呼ばれる指輪も出てきました。個性的なデザインが多いのですが、実は買取価格は若干下がる傾向があります。これは純度や質の違う金属を熱加工などで接着しているために査定が難しい事が多いからです。グラム単位での計算方法であれば、プラチナだけのジュエリーより100円から200円ほど安い場合もあるでしょう。

 

ブランドは買取に大きな影響を及ぼす?

ブランド名が影響するかどうかに関しては、それぞれのジュエリーによってかなり差があります。

というのもブランドはそのジュエリーの質を示す一つの要素であり、質を保証してくれるものだからです。このため、ジュエリーの買取価格を左右する重要な要素となります。

一般的にブランドジュエリーで結婚指輪・婚約指輪に選ばれることが多いのは、世界四大ジュエラーと呼ばれるような有名ブランドです。ティファニー、ハリーウィンストン、カルティエ、ヴァンクリーフアンドアーペルは知名度も質も高いジュエリーで人気があるため、大変良いお値段で買取をしてもらえることが多いでしょう。

他の有名ブランドでいえば、ジラフやブルガリなども当てはまります。四大ジュエラーより少し劣る場合もありますが、やはり相応の値段で買取をしてもらえる可能性は高いです。

もし日本ブランドの場合でも、知名度がある場合はかなり買取額を期待できるでしょう。例えば俄やヨンドシーなどはある程度の値段で買取をしてくれる場合が多いです。

ノンブランドでも買取をしてもらえるところは多くありますが、地金の質とグラム数だけで計算されることが多いため、ブランドジュエリーにあるようなブランドだからこその高額査定は期待できないと考えましょう。オリジナルで作ったジュエリーも買取はしてもらえますが、その金額もやはり使われる地金の質とグラム数に左右されます。

このように、ジュエリーのブランド名は買取に大きな影響をおよぼします。より知名度や質の高いブランドになるほど高額査定が期待できます。

 

安く買い取られてしまう理由!

ブランドものだったり地金の質がいい場合でも、安く買い取られてしまうことがあります。

その大きな理由は変形や変質です。例えばホワイトゴールドのジュエリーは雑に扱っていると変色してしまうことがありますし、力を加えると形が歪んだりしてしまいます。そういったジュエリーでも買取は可能ですが、修理や再販が難しいことから買取金額は高くならないことが多いのです。

もうひとつの理由は、デザインです。買い取った指輪をそのまま転売する買取店の場合は、その指輪のデザインも重視します。デザインが古臭かったり、不人気のもの、あまりに個性的すぎるものは好まれないことが多いでしょう。

ブランドジュエリーに関しては、そのブランドのものだと証明できないときやブランド特有の付属品がない場合なども、安く買い取られてしまうことがあります。ブランドジュエリーの場合、指輪の内側にそのブランドの商品だと示す刻印などがあるものです。その刻印が確認できないほど変形していたり変質していると買取ができない場合があります。また、ブランドジュエリーは紙袋やケースなどの付属品がある方がより良いお値段になります。

婚約指輪についているダイヤモンドもお値段がつくことが多いのですが、この部分に関してはダイヤモンドの質が影響します。ダイヤモンドが大きくても質が低かったり、質を示すグレーディングレポートが存在しない場合、あまり良い値段にはならないことが多いでしょう。また、使用している間にできたひびや欠けなどのせいで、買取価格が安くなることもあります。

 

高く売るなら買取専門店に売ろう!

婚約指輪や結婚指輪は、世界に1つのものと言えます。このため気持ちの入り方が違い、売るならやはり高い値段で買い取ってほしいと思うものでしょう。

もし買取価格を少しでも高めたいのであれば、おすすめは買取専門店に出すことです。買取専門店とは、ブランド品やジュエリーなどを買い取ることに特化したお店です。こういったお店は専門的な知識の量が段違いにあり、ジュエリーの良さを知っているため、高く売れるルートを確保しています。このため高く売る事ができますし、お値段もそれなりになります。

また、買取専門店のメリットとしては、基本的にちゃんとした査定基準を持っていることです。地金の質、グラム数、ダイヤモンドの質、ブランドなど、明確な基準を持っていますので、比較もしやすいのです。場合によってはブランドのレアなものだと判断できて高額査定ができたり、ダイヤモンドの質を適切に鑑定できるなど、知識も豊富です。あえて内側にセットされた宝石などにもお値段がつくことが多いので、良い金額で買取をしてもらえる可能性も高いでしょう。リサイクルショップの場合は幅広い知識がなく地金のグラム数だけの査定である場合も少なくありませんので、専門的な知識があることや査定基準がしっかりあることは、時に買取価格の違いをもたらします。

最後に、買取専門店は余計なサービスがありません。このため買取金額で勝負する傾向があり、ブランドものでなくても買取ができることも多いほか、買取金額が質屋やブランド買取店よりも高額になる場合があります。

 

まとめ

婚約指輪や結婚指輪を売る場合、なにか事情があることが多いでしょう。新しい門出のためにもできるだけ高額で売りたいのならば、さらに磨き上げてきれいにしたり、付属品となるケースや袋、鑑定書などもあるかどうか確認してから持っていきましょう。

指輪は最も身近なジュエリーとなりますから、手放すのにはそれなりの覚悟が必要になります。とはいえ、買取額が高額になる場合も多く、ブランド物なら高額査定が期待できるジュエリーの1つです。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る