宝石買取を利用する際の条件は?売却時に必要なものは何?

NEW
宝石買取を利用する際の条件は?売却時に必要なものは何?

美しい宝石は高額査定が期待できますが、宝石買取を利用する際には条件もあります。そして、買取の際には必要なものもありますので、どのような準備が必要なのかも知っておきたいところです。ここからは、宝石買取の条件や必須となるものについて書いていきます。

年齢問わず必須となる身分証明書

最近は、不用品を買取で有効に処分する人も増えています。金額に納得できればすぐに現金化できるのも買取の良いところです。特に価値の高い宝石は高額査定が期待できます。買取に対応した店も増えているため、ただ手放したい宝石を持ち込めばそれで良いと考えている人もいるようです。しかし、宝石の買取では、買い取ってほしいものだけではなく、事前に用意しておかなくてはならないものもあるので、店舗を利用する前に確認しておきましょう。宝石や貴金属の買取店はあらゆる年代の人が利用していますが、年齢にかかわらず必要となるのが身分証明書です。まず、買取の際には取引相手の確認義務があります。さらに、買取店には買取品の申告義務もあり、盗品の疑いがある品については警察に申告しなくてはなりません。そして、帳簿への記録義務もあるので、身分証明書を提示することは必須となります。古物商の営業法律では、身分証明書の提示を求めることになっています。提示を求められない場合は、その店は法律を順守していないことになるので、避けたほうが無難です。提示の必要がない店は、違法取引をしている可能性があると考えられます。使用できる身分証明書にはどのようなものがあるのかも知っておきましょう。運転免許証やパスポート、健康保険証などがあげられます。買取をスムーズにするためにも、安全な取引をするためにも、免許証や保険証などの身分を証明できる書類は忘れずに持参することが必須です。

未成年は保護者に同意書を書いてもらう

不用品の買取は、あらゆる年代が利用できますが、未成年の場合は注意が必要です。未成年が価値の高い宝石の買取を依頼することは少ないというイメージもありますが、古本やゲームなどの買取は未成年の利用者も多いといわれています。宝石であっても、安価な漫画本などであっても未成年が買取を利用するには保護者の同意が必要です。民法には、「成年に達しない子は、父母の親権に服する。」という記述があるため、ひとりで契約をすることはできません。成人になると親権に服さなくても良くなり、ひとりで契約を結べるようになります。このようなことから、例え安価な取引であっても、未成年者が勝手に買取同意書にサインをすることはできなくなっているのです。電話などで親の同意が得られれば良いのかも気になるところですが、顔が見えない電話の場合は他人のなりすましも考えられるので、同意の効力は弱いといえます。一番確実な方法では、買取店に保護者に同伴してもらって、サインをしたり、本人であることを確認してもらうことがあげられます。店舗によっては、同伴は必要なく保護者の同意書があれば買取に対応できるところもあるようです。しかし、宝石の査定は、未成年だけでは行うことができません。親に依頼された場合でも、未成年ひとりでは対応してもらえない可能性は高いといえます。価値の高い宝石の買取は、やはり保護者が同伴するほうが確実といえるでしょう。

査定に有利に働く鑑定書や鑑別書

宝石は高額査定が期待できますが、必ずしも希望している金額になるとは限りません。特にルビーやサファイヤなどの色石は、ダイヤモンドのような明確な鑑定基準があるわけではありません。そして、色石は天然石であるか人工石であるかどうかを判定するのも難しいところがあります。色の濃いものは、価値が高いとされていますが、天然の色なのか着色したものなのかを鑑定するのも難しいといわれています。査定を有利にするためには、質の高い経験のある鑑定士が在籍しており、宝石の買取で豊富な実績を持つ店舗を選ぶことが非常に大切です。そして、宝石だけでも鑑定してもらうことはできますが、より有利な査定にするためには、鑑定書や鑑別書を用意するようにしましょう。正規店で宝石を購入した場合には、鑑定書や鑑別書が付いていることが多くなっているからです。鑑別書は科学的な手法で、その石の物質を調べています。こうした書類があれば、その石が本物であるのか、天然石か人工石であるかをすぐに判断することが可能で、さらに、どのような処理がされているのかもわかります。鑑定書や鑑別書なしでも査定に応じてくれる店舗はありますが、その場合は価格が下がる可能性があることを理解しておきましょう。宝石の価値を証明できる書類は、査定をしてもらう場合、やはりあったほうが有利になるのです。外箱などの付属品もあれば一緒に用意しておくこともおすすめします。

スムーズな買取を行うために心がけたいこと

宝石の買取をスムーズにするためには、事前の準備が必要です。まず、買取の際には身分証が必要になりますので、運転免許証やパスポートなど身分を証明できる書類を用意しておきましょう。こうした書類がないと、あとでトラブルになる可能性もあります。きちんと提示を求める店舗は、信頼性も高いといえます。未成年が買取を利用する場合は、保護者の同意書も用意する必要があるので、まずは同意を得ておきましょう。査定してもらった宝石にはできるだけ高値がつくことが理想ですが、そのためには品質を証明できる鑑定書や鑑別書も用意しておきたいところです。特にルビーのような色石は鑑定が難しいといわれていて、場合によっては、値段がほとんどつかない可能性もあります。化学的に品質を証明できる鑑別書があれば、より査定はスムーズになり、確かな鑑定が期待できます。最近はブランド品や貴金属などの買取に対応できる店舗が増えてきましたが、どこでも同じ金額を提示してくれるとは限りません。宝石を高値で売却するためには、確かな鑑定をしてもらうことが大事です。店によって得意分野が違いますので、宝石の買取で多くの実績があるかどうかも調べておきましょう。鑑定書などの書類だけではなく、外箱などの付属品もあればより査定額アップが期待できます。高値を希望するなら、できるだけ購入した当時の状態に近づけておくことも大切です。

まとめ

宝石の買取に対応できる店舗は増えていますが、事前の準備が不十分だとスムーズな取引ができない可能性もあります。買取のときには必ず、身分証が必要になるので忘れずに用意しておきましょう。正確な査定を希望するなら、鑑定書や鑑別書も用意しておきたいところです。準備が不十分だと、損をしてしまう可能性もあるため、高額で買い取ってもらいたいのであれば、さまざまな工夫もしておきましょう。店舗選びで失敗しないことも大事ですので、リサーチもしっかりとしておくことが必要です。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る