知っているようでよく知らないダイヤモンドカッターを詳しく解説

NEW
知っているようでよく知らないダイヤモンドカッターを詳しく解説

宝飾品として用いられる希少性の高いダイヤモンドは、原石をそのまま使うのではありません。アクセサリーに仕上げる場合は切削加工や表面研磨、表面カットを施すことが必要になります。貴重なダイヤモンドをより一層美しく見せるために、どのような加工やカットが採用されているのか理解しておくと役立ちます。

そもそもダイヤモンドカッターとは?

ダイヤモンドカッターと呼ばれる機械器具がありますが、ダイヤモンドよりも硬い素材は実在しないことから、同じダイヤモンドの粉末を利用した機器が採用されています。DIYや工事会社などで使われる電動工具にグラインダーがありますが、この工具でもダイヤモンド粉末を使ったディスクがあり、ダイヤモンド職人の使用するカッターと同様に、固定タイプの構造でカット作業を行うことができます。ダイヤモンド原石はそのままでは美しさを発揮できないので、加工の最初の工程で使われるものがダイヤモンドカッターです。具体的な事例を見ると、20カラット程度の重さのダイヤモンドの原石があったとして、ブランド品のアクセサリーに使うような際には1カラットや2カラットなど小さく分割することが必要となり、この場面で欠かせないものがダイヤモンドカッターになります。単にサイズカットのために使うだけではなく、各種アクセサリー類に用いる際に最も適切なサイズと重量に仕上げて商品価値を高めることにも貢献している機械器具です。

ダイヤモンドカッターの種類

ダイヤモンドをカットする方法として劈開加工というものがあります。原石の垂直方向に割れやすい位置を探した上で、少しの切り屑も出さずに無駄なく綺麗にカットを行える技法です。更にダイヤモンド粉末を採用したカッターがあり、加工会社による違いはありますが、卓上型で使えるカッターが多い傾向です。グラインダーのディスクのように、工具側を回転させながら作業を進める方法で綺麗な切り口を実現しています。その他にはレーザーを使った方法もあり、これはダイヤモンドにレーザーを照射させ、熱を加えることで空気中の酸素に反応させ、綺麗なカットを実現することができるものです。同じようにレーザービームを採用したダイヤモンドカッターもあり、穴あけ加工や切断をすることが簡単にできる機器になっています。他にもイオンビームを採用したカッターもあり、この技術は敢えて炭素原子を衝突させる方法で表面加工を行えるものです。イオンビームは表面を少しずつ滑らかにする能力もあるので、中仕上げには欠かせないものになります。

ダイヤモンドカッターの登場でダイヤモンドはどう変わった?

古い時代ではダイヤモンドのカットから研磨などは難しい分野とされてきましたが、現在では優れた機械器具が研究開発されたため、以前には作ることが出来なかった複雑化したカット法も簡単に行えるようになりました。しかし、簡単に切断や研磨を行えるようになっても、まだまだプロの職人の技術は重要で、かなりの熟練の技量が必要とされています。このような便利なダイヤモンドカッターの採用により、アクセサリーなどの宝飾品を最も美しく見せることができる切断法を簡単に使えるようになりました。さらに、1カラット未満の小さなダイヤモンドでもダイヤモンドカッターを使い分けることで、十分な輝きと高級感を発揮できるように時代の進化と共に変わってきました。既に有名なカット法がいくつもありますが、用途に合わせて自由自在な加工を施せるようになるので、決められたカット法以外でも問題なく簡単に対応させることも可能になっています。高性能なダイヤモンドカッターを使用すると、貴重なダイヤモンドを加工する際に無駄が生じなくなったという点においても、技術の進歩が貢献しています。

まとめ

ダイヤモンドカッター技術が確立されたおかげで、宝飾品としてダイヤモンドを加工することが簡単に行えるようになりました。ダイヤモンドの粉末の利用やレーザー、イオンビームなどの多彩なカット法が、時代の進化と共に増加しています。これらの技術は、希少性の高いダイヤモンドの原石が最上級の美しさを発揮できることにおいて役立っています。更に表面加工をする際にも、切断時の屑を出しにくい機器類がメインに使われていることから、貴重な原石を無駄にせずに最大限に活用することも可能となっています。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る