世界のダイヤモンドを牛耳るデビアス社のマーケティングの戦略とは

NEW
世界のダイヤモンドを牛耳るデビアス社のマーケティングの戦略とは

ダイヤモンドに憧れている皆さん、デビアス社という社名を聞いたことがありますか。「ダイヤモンドは永遠の輝き」や「婚約指輪は給料の3ヶ月分」というキャッチコピーの発信者が、デビアス社です。多くの人が知るこのフレーズを作ったデビアス社のマーケティング戦略をご紹介します。

ダイヤモンド取引のトップのイスラエルやユダヤ人に太いコネクション

ユダヤ人は、18世紀からダイヤモンド産業に携わり、19世紀末、それまでインドであったダイヤモンドの原産国が南アフリカになった際にも、ダイヤモンドの加工から欧米への輸出まで大きく関わっていました。なぜユダヤ人がダイヤモンド産業に積極的に携わっていたかというと、これにはキリスト教の考え方が影響しているからです。キリスト教徒はお金を儲ける行為を卑しいことと考えており、ダイヤモンドなど宝石類を取り扱うことは、お金儲けと同じようなものとみなしていました。したがって、キリスト教徒がダイヤモンドに関わる仕事を避けた結果、ユダヤ商人がそれらの仕事をするようになったのです。そのようなダイヤモンドを扱うデビアス社はイギリス人のセシル・ローズによって設立されましたが、ユダヤ系のロスチャイルド家から支援を受けたため、イスラエルやユダヤ人と太く繋がっていると言われます。

王室やハリウッドスターを起用し巧みな広告戦略やブランド発信力

デビアス社のマーケティング戦略は、非常に巧みで高いブランド発信力があります。具体的には、王室やハリウッドスターを起用した広告発信を行うことで、ダイヤモンドが価値のある宝石だという価値観を、世間に浸透させました。ハリウッドスターが身につけたダイヤモンドを、ラジオや新聞で紹介したほか、ハリウッドスターが授賞式に参加する時にはダイヤモンドのアクセサリーを貸し出すこともしています。さらに、デビアス社はイギリスの王室にダイヤモンドを献上し、ダイヤモンドの価値をより高くすることに成功したのです。その中でブランド戦略の一環として、冒頭にも触れた「ダイヤモンドは永遠の輝き」といったキャッチコピーが生まれています。このように世間一般への認知度の増加と、ブランド化の両方を行うことによって、デビアス社はダイヤモンド市場を牛耳るトップ会社になりました。

まとめ

ダイヤモンド市場を席巻したマーケティング戦略とは、ダイヤモンドの取引がトップであったイスラエルやユダヤ人と協力して市場に参入すること、加えて広告やブランド化を行なっていくことです。世界中の人がダイヤモンドには価値があると思っている現状、常に売買されているという現状が今この瞬間にもあります。それらを考えると、世界中で取引される商品として、ダイヤモンドマーケットを確立したデビアス社のマーケティング力は、とても高いものだと言えるのです。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る