多くの苦難の歴史や人々の苦心の気持ちが込められた貴重なダイヤモンドの婚約指輪

NEW
多くの苦難の歴史や人々の苦心の気持ちが込められた貴重なダイヤモンドの婚約指輪

ダイヤモンドは言わずと知れたトップクラスの宝石ですが、その高い価値を決める要素は数多くあります。ただ具体的にどういった要素があるのか、知らない人も多いでしょう。そこでそのダイヤモンドの価値を高めている背景をご紹介します。

美しきダイヤモンドの背景には奴隷による発掘や命がけの作業の歴史がある

自然の中で生まれるダイヤモンドは、溶岩の高温と高圧によって炭素が押し固められ偶然にできるものです。そのためそう簡単に見つかることはなく、発掘作業は非常に大変です。今でこそ機械で効率的に発掘していくことが可能ですが、かつては人力で土砂や川砂をすくってダイヤモンドを探すという方法でした。その方法には人数が必要であるため、奴隷が導入されたという歴史もあります。ダイヤモンドは古いものであっても価値があるためリサイクルされ、人の手を渡っていくものです。したがって手元にあるダイヤモンドも、昔奴隷によって発掘されたものであるという可能性があります。

またダイヤモンドの発掘は、機械の導入で効率化されても命がけの作業です。機械を使用する場合は地面の中を掘り進んだり、ダイヤモンドが入っている見込みのある岩石を爆破させたりします。機械による掘削では、穴が開いたことによって地面が落盤する恐れがあります。爆破の場合は、破片が人に当たったり、掘削と同じように落盤を引き起こしたりしかねません。

さらに現代でも全ての採掘作業が機械で行われているわけではなく、機械が入り込めない場所は人によって進められます。そういった場所は気温が非常に低かったり、物理的に進むのが困難だったりするため、作業をする人も命がけです。そのような命がけの作業があった上で、美しいダイヤモンドは手元に届くわけです。

人々の苦心や気の遠くなる発掘作業故にダイヤモンドの価値は宝石の中でも高くなっている

現代で効率的にダイヤモンドを発掘する方法は、大型の機械を使用して土砂を一通り吸い取り、その中からダイヤモンドを選定していくという方法です。機械なので吸い取れる土砂の量は非常に多いですが、それでも天然のダイヤモンドが見つかる確率は数千万分の一です。さらにその見つかったダイヤモンドはあくまでも原石であり、全てが宝石として使用できるわけではありません。不純物が混ざっていて真っ黒であったり、濁っていたりするものもたくさんあります。宝石として使用できるのは、原石の中でも1割程度です。つまり宝石にできるダイヤモンドが見つかる確率は、数千万分の一のさらに1割という非常に小さな確率です。

そのダイヤモンドを見つけるために、大型の機械を始めとして、非常に大量の資金が投入されています。何万トンという土砂の中から原石を探す作業には人件費がかかり、さらに宝石として輝きを与えるためには、高い技術力を持った職人が時間をかけなければなりません。さらにダイヤモンドが採掘できる場所は、人の生活圏よりも遠く離れたところにあります。アフリカの山地やシベリアの寒冷地などが代表的ですが、そういった場所で採掘した後に選定や加工などの作業を行わなければなりません。そのような気が遠くなるほどの時間と、大勢の人の労力がかかっているため、ダイヤモンドは宝石の中でも非常に高価なのです。

希少で高額なダイヤモンドの婚約指輪を買うことで男性の結婚への覚悟がうかがい知れる

ダイヤモンドは婚約指輪の装飾として使用されることが多いですが、それは結婚を考える男性の覚悟の表れでもあります。結婚はただ一緒に生活をするだけでなく、苦楽を共にするものです。一緒に幸せを感じることもあるでしょうが、逆に辛いことも分け合わなければなりません。そして場合によっては、男性にとって価値のある大切なものを捧げなければならないこともあるでしょう。そのような価値のあるものを捧げても構わないから、愛する女性と結婚したいという意思を示すために、ダイヤモンドが付いた婚約指輪を贈るわけです。

一般的な男性にとって、希少で価値のあるダイヤモンドはそう簡単に購入できるものではありません。人によっては給料の大部分を使うことになるでしょう。そんなダイヤモンドを購入して女性に贈るのは、よほどの覚悟がないとできません。もちろん婚約指輪は値段だけが全てではありませんが、希少なダイヤモンドが使用されていて高額である方が、覚悟が伝わりやすいはずです。

もしダイヤモンドなど宝石が使用されておらず値段も安すぎる婚約指輪だと、男性側に結婚する覚悟があまりないのではないかと受け取られる場合もあります。結婚のきっかけとなるプロポーズに使用する婚約指輪ですから、長く幸せが続く結婚を願って永遠の輝きを放つダイヤモンドを贈るとより気持ちが伝わるでしょう。

ダイヤモンドは高度なカット技術で永遠に輝き永久不滅のラウンドで永遠の愛を示している

ダイヤモンドは高い圧力によって押し固められてできていて、数ある宝石の中で最も硬く簡単に壊れることがありません。その硬さゆえに加工が難しいですが、現代では確かな腕を持った職人によって、計算された優美なカットが施されています。そして硬い宝石ですから多少の力が加わった程度でそのカットが損なわれることはないです。

ダイヤモンドに施したカットによって中に入り込んだ光の反射をコントロールし、石は美しい輝きを放ちます。その透明感のある輝きは、きちんと手入れをするといつまでも維持できます。天然のダイヤモンドは長い時間をかけて硬い性質が作り上げられているため、時間の経過によってその性質が変わることはまずありません。中には数百年が経過しても、美しさを維持しているダイヤモンドも存在しています。その美しい状態をいつまでも維持できることから、永遠を意味する宝石でもあります。

ダイヤモンドに施されるカットにはいくつもの種類がありますが、婚約指輪に使用するダイヤモンドで採用されることが多いのはラウンドカットです。上から見ると、円形となっているデザインです。そして円は終わりのない形で、永遠を示しています。したがって硬く壊れにくく、なおかつ輝きが失われないダイヤモンドと、そのラウンドカットが組み合わさることで、終わったり壊れたりすることがない愛を示せるわけです。

まとめ

婚約指輪の定番であるダイヤモンドは、何億年と続く地球上で偶然によって生まれる宝石です。非常に低い確率で、特徴的な美しい輝きが生まれます。さらに宝石として成立させるために、数多くの設備や人手がかかっています。希少性が高い上に発見するのに大量の投資が必要とされるため、宝石の中でも価値があるのは当然のことです。そんな価値を理解した上でダイヤモンドを婚約指輪として女性に贈る男性は、確かな覚悟を持っていると考えてよいでしょう。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る