ダイヤモンドの価値の基準は少しずつはっきりとされていった

NEW
ダイヤモンドの価値の基準は少しずつはっきりとされていった

ダイヤモンドの価値は、最初から高かったわけではありません。長い歴史の中で少しずつ価値が明確になり、最終的に数ある宝石の中でも最上級という立ち位置となりました。ではどのような経緯でダイヤモンドの価値が決まったのか、現代での価値基準では何が重視されるのかを確認してみましょう。

ダイヤモンドの価値基準にはダイヤモンドカット技術の発展が大きく関係している

現代でこそ美しい宝石の代表という立ち位置のダイヤモンドですが、元々はあまり価値がある宝石ではありませんでした。紀元前から宝石として扱われていたと考えられていますが、他の宝石よりも価値は低めでした。なぜなら、ダイヤモンドはその固さゆえに加工が難しく、宝石の価値を高める光沢や透明感を出せなかったためです。

ダイヤモンドの宝石としての価値が高くなりだしたのは、加工技術が発見されてからです。14世紀にはダイヤモンドを割ることができるようになり、そこから八面体や十二面体というように様々なカット技術へと発展していきました。さらに、17世紀には現代でも通用するラウンドブリリアントカットが誕生しています。そのようなカット技術があって初めて、ダイヤモンドの美しさが広く知れ渡り、宝石の中でもトップクラスの価値となりました。

現在では4Cという価値基準が一般的

現代のダイヤモンドは、4Cと呼ばれる基準で価値が決められます。重量を意味するカラットと輝きに関するカット、そして透明度の指標であるクラリティと色のカラーの4つです。4つの内3つはダイヤモンドが本来持つ要素で、なるべく重く、無色に近く、不純物が含まれていないものが高い価値を得ることができます。内部に傷が入っていたり、黄色っぽい見た目をしていたりするダイヤモンドは、低い価値となります。

また、人の手によって施されるカットも、価値を決める非常に大切な要素です。たとえ他の3つの要素が良くても、カットが不十分であれば価値は下がります。一般的には、入り込んだ光が内部で屈折し、きれいに反射するカットが高評価です。ただし、きれいに反射させるためには、重量を犠牲にしなければならないこともあります。その絶妙なバランス調整が、カットを施す職人には求められているのです。

まとめ

ダイヤモンドは、美しく大きなものに価値があるとされます。その基準は昔から変わりませんが、カット技術の発展によって、美しさの度合いが異なるのも事実です。現在の世界的な基準である4Cでは、ダイヤモンド自体の素質と、カットを施す職人の腕が関係しています。また、カット方法には色々な種類があり、使用する場面やダイヤモンドの性質によって、最適なカット方法が異なります。したがって、無色透明でなおかつ最適なカットが施されたダイヤモンドがより価値が高いと考えると良いでしょう。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る