【ヘソナイトガーネット(ヘッソナイト)-HessoniteGarnet】の買取

NEW
【ヘソナイトガーネット(ヘッソナイト)-HessoniteGarnet】の買取

地球には実に多くの宝石があります。地球が生み出してくれた奇跡の鉱物の代表には、ダイヤモンドや半貴石と言った類があるのです。またガーネットも何百年、何千年と結晶を繰り返してできた産物で、宝石の中でも人気があります。

ヘソナイトガーネット(ヘッソナイト)の特徴と宝石言葉

ガーネットというと、赤いルースを思い浮かべる人も多いでしょう。ルビーの半貴石よりもお値段が手ごろで、ルビーの代用として身に着けることができます。一見すると多くの人は、ルビーなのかわからないことも多く、お値段重視の人は高価なルビーをやめて赤いガーネットのジュエリーを購入する人も少なくありません。

ガーネットは、赤色という固定概念を覆すカラーも世の中には存在します。それがヘッソナイトであり、代表するカラーは黄褐色です。特徴的なのはインクルージョンがあることで、多くのヘッソナイトに見られます。このインクルージョンこそ、ヘソナイトガーネットの最大の特徴です。蜂蜜のようなとろみのある、まるで宝石の中にハニーを混ぜ込んだようなインクルージョンが魅力です。一般的に宝石のルースはインクルージョンがない方が良いとされますが、ヘッソナイトは違い、特異であるともいえるでしょう。あえてハニーのような柔和で癒されるようなとろみを感じるルースを求めている愛好家もいるほどです。宝石言葉は不屈の精神や、生命力となっています。

 

ヘソナイトガーネット(ヘッソナイト)の色と魅力

ヘソナイトガーネットは、他の宝石にはないハニーのようなとろみと、黄褐色の色が特徴です。ヘソナイトガーネットのルースの色を見つめていると、スイートな気分になり癒しを感じる人もいます。ついホットケーキに蜂蜜をかけて食べたい気分にもなり、とても至福な時間を過ごすことができます。

はちみつ色は、宝石言葉のように生命力を感じる方も多いでしょう。ミツバチたちが運ぶはちみつは、昔は不老不死の薬とも信じられており、クレオパトラや楊貴妃なども好んで食べた伝説があります。滋養強壮があり、健康食品として現代でも珍重されており、こうしたことから蜂蜜を想起させるヘソナイトガーネットの宝石言葉が生命力となっているのもうなずけます。また不屈の精神力を持っている人は、生命力がみなぎり、パワーを感じるでしょう。健康長寿やビジネスの成功などを祈願する人は、ヘソナイトガーネットをパワーストーンとして持つのも良いです。黄褐色ばかりかと思われがちですが、ヘソナイトガーネットには濃イエロー、ブラウンレッド、オレンジ、オレンジブラウンに赤褐色もあり、実はカラーバリエーションも豊富です。

 

ヘソナイトガーネット(ヘッソナイト)の産出国

ヘソナイトガーネットの産出国はどこかというと、世界各地に鉱山が存在し、比較的多くの国で採掘されています。ヘソナイトガーネットはマンガンや鉄、カルシウムなどを含有しており、こうしたミネラルを豊富に組成し化学反応を起こす鉱山からしか採れません。主な産出国はスリランカのラトナプラ、アメリカのカリフォルニア、イタリアのピエモンテなどが有名です。カナダのケペック、ロシアやミャンマーにアフガニスタンでも採れるのです。世界いたるところ、寒暖など気候風土に関係なく採掘される点でも稀有な宝石といえます。

実は日本でも採掘されることがあり、驚かれることが多いです。その土地とは福島県の塙町です。福島県のジュエリーショップやパワーストーンショップでは、地域活性化や特産品としてヘソナイトガーネットを扱う店も増えています。しかし一時のピーク時よりも採れる量は減少しており、国産の製品はもはや希少価値があると言っても過言ではありません。琥珀よりも明るい雰囲気の宝石で、年代に関係なく身に着けられ、和装の帯留めとして用いても良く似合います。

 

ヘソナイトガーネット(ヘッソナイト)のお手入れと保管方法

ヘソとはギリシャ語で少ない、低いといった意味合いがあります。この宝石の名前の由来は、価値が低いためにこの名前が付けられたというのが一説です。一方で比重が低く、屈折率が低いためにヘソの少ないという意味で名づけられたともいわれています。

いずれにしても、確かに硬度は低く、衝撃に強い訳ではありません。デリケートに扱うに越したことはないのです。保管する場合、他の宝石類と一緒に入れておくと宝石同士が当たり、摩擦しあってヘソナイトガーネットの方が割れてしまう可能性があります。ですので、保管の際には、他の宝石とは別に区別して保管することが大事です。スペースがない場合には、やわらかい布でくるんで衝撃を受けないように保管する工夫をしなければいけません。

毎日ヘソナイトガーネットの指輪を付けていたり、ネックレスとしていたりすると、どうしても皮脂汚れなどがついてしまいます。この場合には先にやわらかい布で、ルースの表面をぬぐいます。それでも取れない場合には、水に中性洗剤を垂らし、やわらかい歯ブラシにその液を付けて、優しく表面を洗うことで多くの汚れは落とすことができるでしょう。

 

ヘソナイトガーネット(ヘッソナイト)の市場価値

世界中、寒い国、暑い国に関係なく採掘されるヘソナイトガーネットですが、市場価値はそれほど高価なものではありません。まずいたる国で採掘しやすいことは、それだけ数を確保できることとなり、必然的に希少価値はなくなってしまいます。やはりサファイアやルビー、エメラルドといった三大半貴石には到底及ぶことができません。なぜならこの宝石の最大の特徴は、糖蜜状組成にあり、インクルージョンこそがこの宝石の魅力だからです。

インクルージョンはジュエリー業界では価値を見出されないものです。宝石の業界でも、透明度こそ宝石としての価値があるとみなされます。そういう意味においてヘソナイトガーネットは、業界の常識に逆行する形の宝石といえるのです。その特異性こそ魅力に感じる愛好者がいるのも事実です。

人間のトレンドや流行とは気まぐれであり、いつかヘソナイトガーネットのはちみつのようなとろみのインクルージョンの魅力に注目が集まり、人気の宝石になる可能性がないとはいえません。そして宝石とは出合いであり、インスピレーションで惹かれるものです。自分の心に正直に、ヘソナイトガーネットを身に着けてお洒落を楽しめば良いのです。

 

ヘソナイトガーネット(ヘッソナイト)の値段と価格相場

ヘソナイトガーネットの価格相場は決して高いものではないです。到底ルビーやサファイア、エメラルドのルースのように高額で取引されることはありません。ヘソナイトガーネットの宝石やジュエリーの流通もそれほど多くなく、需要もそれほど高くないのです。

その中でも価値が高く、比較的高値で取引されるヘソナイトガーネットとは、オレンジゴールドのカラーのものです。一般的によく流通している黄褐色よりも色が華やかで、華やかであるが故に宝石ジュエリーとしての価値があるとみなされています。そして、やはり宝石の大原則である透明度が高いものが高値取引されているのです。

透明度を追求すると、ヘソナイトガーネットの本来の特徴であるとろみのあるハニーのインクルージョンは見られなくなってしまいます。ハニーの糖蜜状組成とインクルージョンの特徴がみられるヘソナイトガーネットのルースは非常に安く取引されているのが現状です。安いものであると0.5カラットのルースで1,000円を切ることもあります。あまりにも透明度がなく、濁っているものは宝石ではなくパワーストーンやラウンドビーズに用いられ、その価格相場はもっと安くなります。

 

まとめ

ヘソナイトガーネットは、ハニーのようなとろみのあるインクルージョンがある特異な宝石です。カラーは黄褐色がスタンダードですが、オレンジやオレンジブラウンや赤褐色などカラーバリエーションも豊富です。

宝石言葉は不屈の精神と生命力をあらわします。原産国は世界各地にあり、日本の福島県塙町も採掘されています。世界各国で採掘され、希少性に乏しいのでそれほど高価な価値はありません。しかし透明度が高くオレンジゴールドカラーの物であると、価格相場は高く取引されます。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る