宝石・ジュエリー
2021年10月28日

【ベリル-Beryl】

NEW
【ベリル-Beryl】

ベリルは様々な色合いを持っている鉱石です。色合いによって名称が違うことが特徴ですが、純粋なベリルは無色透明のものだといわれています。和名では緑柱石といい緑色が多い鉱石ですが、実は豊富なカラーが存在している点も魅力です。注目したい鉱石の一つですので、特徴や価値などを知っておくとよいでしょう。

ベリルの特徴と宝石言葉

ベリルの属性

ベリルは英語名がBeryl、和名が緑柱石です。多彩な色合いを有することで有名な鉱石で、無色透明・緑・黄緑・黄色・ピンク・赤・水色・青があります。色によって種が異なっており、無色透明なものはゴシェナイト、緑はエメラルド、黄緑や黄色はヘリオドール、薄ピンクはモルガナイト、濃いピンクはペツォッタイトです。赤色のものはレッドベリルやビクスバイトと呼ばれ、水色はアクアマリン、青はブルーベリルという種類に分類されます。モース硬度で示される硬さは7.5から8であることから、比較的硬い鉱石だといえるでしょう。ガラスや鉄鋼などに傷をつけることができるくらいの硬さです。ガラスに近い屈折率を有する透明や半透明の鉱物であり、光沢はガラス光沢に分類できます。化学成分はBe3Al2Si6O18となっており、結晶系は六方晶系であることも知識として持っておくとよいでしょう。

ベリルが持つ宝石言葉

宝石にはそれぞれ宝石言葉があります。ベリル全般の宝石言葉には、幸福・永遠の若さ・聡明・気品などを挙げることができます。ポジティブな宝石言葉であるため、ベリルの宝石言葉のような素敵な人物だという意味を込めて贈られることがあります。また、そのような人物を目指したいという理由でベリルを身につける人もいるようです。夢や成功を掴み取る石としてもベリルは大切にされてきた宝石のため、何かを成功させたい人や前に進みたいと考えている人にもおすすめできます。

やる気を与えてくれる宝石としても有名

身につける宝石によって異なるパワーを得ることができますが、ベリルの場合はやる気を与えるといわれています。怠惰な気持ちを感じている場合や、状況を打破したいときなどに身につけることが推奨されている宝石です。悲しみや不安を解き放ち前に進む力を与えてもらうこともできるため、そのような状況に陥っている場合にもおすすめだといえます。

ベリルの色と魅力

美しい輝きを持つ無色透明のベリルの特徴と魅力

純度が高く、アルミニウムによって無色透明に見えるものはゴシェナイトと呼ばれています。色がないため、カラーレスベリルと呼ばれることも多いです。ゴシェナイトの中でも品質が高いものは、ダイヤモンドと見間違えてしまうほどの美しさがあります。

エメラルドでも有名な緑系のベリルの特徴と魅力

含有しているクロムやバナジウムによって緑色に見えるものがエメラルドです。クロムとバナジウム由来のもののみエメラルドと呼ばれ、それ以外の元素が原因となっている場合はエメラルドと呼ぶことができません。黄緑もしくは黄色系のものはヘリオドールと呼ばれますが、3価鉄イオンだけが発色の原因となる場合がこれに該当します。2価鉄イオンと3価鉄イオンの混合で緑や黄緑色に見える場合はグリーンベリルです。これは紫外線による退色が激しいため、宝石として流通することが少ないと言えます。緑系の宝石はベリルらしい宝石の1つだといえるでしょう。

高価なものもある青系のベリルの特徴と魅力

2価鉄イオンが発色原因となって青く見えるものはアクアマリンと呼ばれています。水色に近い淡いカラーが多いですが、濃い青色のものを見ることもできるでしょう。濃い青は市場価値が高く、サンタマリアやサンタマリアアフリカーナなどの産地にちなんだ名前で取引されることが多いです。

珍しい赤系のベリルの特徴と魅力

ピンク系のベリルにはペツォッタイトがありますが、ベリリウムの一部がセシウムやリチウムと置き換わっています。ベリルと類似構造をとっている変種として新しく鉱物認定された宝石だと知っておきましょう。ラズベリーベリルやラズベリル、ピンクベリルなどという名称で呼ばれることもあります。赤いレッドベリルや濃いピンクのビクスバイトはマンガンが発色由来です。赤系ベリルの中でも濃い赤色に発色するものは特に価値が高く、希少なものとして知られています。高級なベリルを持ちたいときには、赤色が選ばれることが多いです。

ベリルの産出国

産出されている多くの国々

ベリルは世界中のいろいろなところで産出されている鉱石です。アメリカではゴーシェンやバックフィールド、ユタやニューメキシコ、カリフォルニアなどで産出されています。インドではオリッサ、ロシアではシベリアやウラル、パキスタンではギルギットなどが世界的にも有名な産地です。ブラジルのサンタマリアやエスピリトサント、ミナスジェライス、アフガニスタンのクナルだけでなく、ナミビアのエロンゴでもベリルが産出されています。ここまで挙げた国々では特定の地域に限定して発見されることがほとんどですが、国の全域でベリルが産出されるケースもあることを知っておくとよいでしょう。カナダやモザンビーク、ナイジェリアやマダガスカル、ザンビアやスリランカ、ジンバブエやウクライナ、ミャンマーやタジキスタンでは国中の至るところでベリルが見つかっています。多くの国と地域でベリルが発見されているため、ベリルを見かけたときは産出国をチェックして品質を判断する参考にするとよいでしょう。

日本の有名な産地

ベリルは海外で見つかることが多いため、国産のものは存在せず、外国のみで産出される鉱石だと勘違いしてしまう人も多いようです。実際、日本の宝石市場では海外産のものがたくさん出回っていますが、日本にも有名な産地がいくつかあります。日本では佐賀県佐賀市富士町杉山や茨城県桜川市真壁町山ノ尾、福島県石川郡石川町、岐阜県の苗木地方や滋賀県の田上山地方を有名な産地として挙げることが可能です。三重県はベリルが産出することで特別有名ではありませんでしたが、いなべ市大安町石槫南や伊賀市三谷、伊賀市広瀬で発見されたことをきっかけにベリルの産地として知られるようになりました。現在のところは、以上の地域でベリルが発見されていますが、今後国内の他の場所で発見される可能性があると期待されています。

ベリルのお手入れと保管方法

ベリルの正しいお手入れ方法

ベリルは正しい方法でお手入れを行わなければ品質を劣化させてしまう恐れがあります。皮脂などの油分を吸着しやすいという性質を持っているため、ベリルを身につけたり触れたりした後は皮脂汚れを落としてから保管しましょう。硬い布では表面を傷つけてしまう恐れがあるため、柔らかい布で丁寧に汚れを拭き取ることを心がける必要があります。汚れがひどい場合は、アクアマリンやモルガナイトであれば歯ブラシや石鹸を使用して洗うことが可能です。毛先が柔らかい歯ブラシに泡立てた石鹸をつけてからベリルの汚れを優しく取り除き、水やぬるま湯でしっかりと洗浄するとよいでしょう。基本的にはこのような方法で手入れを行うことができますが、内包物の影響や目視することが難しい小さな傷の影響で破損する恐れもあります。これを防ぐためには、強くこすったり超音波洗浄を行ったりしないようにしてください。宝石としての硬度は十分だといえますが、ベリルは衝撃に弱い傾向があるため要注意です。自分でお手入れをしてもきれいにならないと感じる場合は、購入した宝石店などにクリーニングを任せる方法が安心でしょう。

品質を損ねない保管方法

ベリルは保管するときにも気をつけておかなければなりません。美しい宝石はいつでも目に入る場所に置いておきたいと思うこともあるでしょうが、これは紫外線によって退色する恐れがあります。窓際や日光が当たってしまう場所に置いてしまうと、紫外線によるダメージが蓄積し、気づいたときには色合いが変わっている可能性があるのです。保管するのであれば、日の当たらない冷暗所に置いておくことをおすすめします。押し入れやタンス、日陰になる収納棚などに保管すると良いでしょう。日光が当たらない場所を選んでも、夏は気温が高くなる恐れがあります。1年を通して日が当たらず涼しい場所を選びましょう。

ベリルの市場価値

宝石名ごとに異なる価値

ベリルにはいろいろな宝石名がありますが、どの種類かによって価値が異なります。同じグレードであることを想定すると、ベリルの中で最も市場価値が高いとされているのはレッドベリルです。希少石としても知られているレッドベリルは、その珍しさから市場価値が高くなっています。上質なものであれば、同じカラット数のダイヤモンドより市場価値が高くなることがあるほどです。エメラルドも市場価値が高くなりやすく、ハイジュエリーに取り入れられることが多いでしょう。ペツォッタイトも希少石のため高値で取引されますが、他の宝石名と比べると知名度が低いです。そのため、一部コレクターの間では高値で取引されていることを知っておくとよいでしょう。ゴシェナイトは上質なものが模造ダイヤモンドとして流通していた歴史があるほど美しいため、ダイヤモンドほどでないもののそれなりの価格で出回ることが多いです。アクアマリンやモルガナイト、ヘリオドールであれば比較的お手頃な価格で購入できます。

高い価値を持つベリルの特徴

宝石の種類ごとに市場価値がほぼ決まっていますが、どの宝石であっても高い価値を持つものには共通する特徴があります。ベリルは色がクリアで美しいもの、インクルージョンと呼ばれる内包物が少なくて透明度が高いものが高評価です。これらの特徴に当てはまる市場価値が高いベリルは、美しい輝きを実現しやすいファセットカットを施してから販売されていることが多く見られます。稀にキャッツアイ効果と呼ばれる猫の目のような光の筋が見受けられるベリルが見つかることもありますが、これも価値が高いとみなされやすいです。光の筋を見やすいように丸く山なりにカットするカボションカットが採用されていることが多いという特徴があります。このカットのベリルを発見した場合は市場価値の高いキャッツアイ効果が起こっている宝石の可能性が高いといえるでしょう。

ベリルの値段と価格相場

ベリルの値段の決め方

宝石の価値はカラット数やグレードによって決まることが多いですが、ベリルの場合は産地とカラーが考慮されることが多いです。そのため、同じベリルであったとしてもエメラルドとアクアマリンではエメラルドのほうが高い価値がつきやすくなっています。コロンビア産とザンビア産ではコロンビア産のほうが5倍ほど高い値段で取引されることが多いでしょう。もちろん、購入するサービスや売却するサービスによって値段や査定額が違っていますが、こういった基準で値段が決められることを知っておくことをおすすめします。ベリルの値段というキーワードで調べてしまうと、カラット数が同じでもカラーや産地が一致していなければ、値段に大きな差が生じる可能性があるため注意が必要です。ベリルの値段を知りたいのであれば、これら全ての情報から総合的に判断する必要があるでしょう。

ベリルの価格相場

ベリルの中でもエメラルドの価格相場は、最も高いグレードのもので1カラットあたり20,000円から100,000円になります。かなり価格に開きがありますが、これは産地による違いが大きいためです。高値で取引される産地であれば100,000円前後になりますが、そうでない地域であれば同じグレードとカラット数でもリーズナブルな価格で手に入れることができるでしょう。アクアマリンはエメラルドよりも安価なものが多くなっており、産地に関係なくSクラスの1カラットが10,000円ほどで購入できることが多いです。エメラルドを10カラット購入しようとすると最低でも1,000,000円が必要になることが多いですが、アクアマリンであれば150,000円で購入できます。ただし、この価格相場通りになるわけではありません。利用するサービスや売買する時期によっても価格相場が異なるため、購入や売却を検討するタイミングでその宝石に合った相場を調べる必要があります。

まとめ

宝石にはさまざまな種類がありますが、中でもベリルは発色原因と色によって宝石名が異なるユニークな宝石です。種類ごとに異なる特徴や魅力を持っており、同じベリルという種類であってもカラーによって違った魅力を楽しむことができます。この魅力により人気が高い宝石の1種のため、この宝石についての知識をしっかりと身につけておくことがおすすめです。詳細まで知ったうえで、ベリルを身につけることを検討するとよいでしょう。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。