ブシュロンの定番4連リング「キャトル」は年齢を問わず愛されるジュエリー

NEW
ブシュロンの定番4連リング「キャトル」は年齢を問わず愛されるジュエリー

ブシュロンの中でも定番の4連リングである「キャトル」は、さまざまな年齢の方に愛されています。多くの方に選ばれている理由には、キャトルならではのモチーフに加えて、ブシュロンの伝統や格式などの背景があります。特徴を知ったうえで購入を検討しましょう。

ブシュロンのキャトルはモチーフが合体したモデル

ブシュロンの中でも、幅広い年齢の方から支持を集めているジュエリーの1つが「キャトル」です。キャトルのデザインの特徴として、4連の指輪になっているという点が挙げられます。フランス語で数字の「4」を意味している4連の指輪は、4つの異なるカラーが組み合わさっています。カラーが異なるだけではなく4連になっているのは、ブシュロンにおける4つの象徴をモチーフとして合体させたという意味があるからです。

4連のモチーフの1つ目がグログランで、装飾用のリボンやオートクチュールのドレスのデザインをモチーフにしています。2つ目のダイヤモンドの部分は、ブシュロンがこだわりを持っているハイジュエリーに必要な要素です。3つ目のクルドパリは、本店があるフランスの広場の石畳を再現しています。最後の4つ目が、創業者が考案したシンボル的な縞模様であるダブルゴドロンです。モチーフが異なる4つのデザインを、絶妙なバランスで組み合わせているのがキャトルの特徴の1つです。

1つの指輪の中にブシュロンにおける4つの象徴を詰め込んだ指輪がキャトルです。ブシュロンの歴史や、創業者が考案した縞模様などを取り入れることで、ブランドの歴史が感じ取れるデザインになっています。

実際に身に付ける側としては、4連のモチーフの持つ意味を知る機会がない方もいるでしょう。しかし、モチーフの意味を感じ取って使うことで、指輪への思い入れがさらに深まる可能性もあります。大切な人にプレゼントしたいと考えている指輪であれば、モチーフにこめられた意味を相手への気持ちとして一緒に伝えるのも1つの手です。

 

キャトルコレクションはラインナップも豊富

ブシュロンのキャトルコレクションの特徴の1つが、豊富なラインナップが揃っていることです。ラインナップの違いによって、同じジュエリーでも印象が変わるため、どのような違いがあるのか確認したうえで購入を検討することが大切です。

キャトルコレクションの中で最初に発表されたのが、キャトルクラシックです。モダニティーの象徴であり、ブシュロンの斬新さや革新の精神を際立たせるカラーが特徴です。イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、プラウンの4色です。

次に発表されたキャトルホワイトは、甘すぎないエレガントな女性らしさが演出できます。またキャトルブラックは、時代を超越した革新的なデザインが注目されています。シックかつモードな雰囲気が、女性だけではなく男性にも愛されています。

さらにキャトルラディアントは、本店のオープン120周年を記念して作られました。古典的な建築のデザインコードを想起させるデザインや繊細な細工、卓越した技術力など、新たなコレクションにふさわしい要素が取り入れられています。

このほかにもキャトルコレクションのラインナップには、キャトルブルーやキャトルレッドなどのさまざまな種類があります。色やデザインが少し違うだけでも、見る人に異なる印象を与えます。実際にジュエリーを選ぶときには、見る人にどのような印象を与えたいのか、身に付ける場面にふさわしいか、などの点からも検討しましょう。TPOを考えて選ぶことで、用途にふさわしいラインナップを選択することができ、また用途に合わせて使い分けることも可能になります。

 

男性にも支持されるデザインだからマリッジリングにも最適

ジュエリーと聞くと、女性が身に付けるものというイメージを持っている方も多くいるでしょう。しかし、ブシュロンのキャトルは女性だけではなく、男性にも支持されるデザインになっています。男性も身につけやすいラインナップが用意されているので、マリッジリングとして選ばれるケースもあります。

マリッジリングは夫婦で同じデザインのものを選ぶ方もいます。しかしブシュロンであれば、マリッジリングとして夫婦で異なるデザインのものを選ぶことも可能です。一見してペアとわかりにくいデザインを選ぶことで、女性と男性のそれぞれが納得したデザインでありつつ、夫婦にとって記念となる指輪を購入することができます。

実際にどのようなマリッジリングを購入するか迷ったら、人気の指輪のデザインがどんなものかチェックしてみましょう。人気のデザインを知ることで、自分たちに合ったものを選択しやすくなります。また男女別のデザインにしたいときには、どの部分をお揃いにして、どの部分のデザインを変えるのかをお互いに確認する必要があります。それを考えることで、それぞれが納得したものを選ぶことが可能です。

お互いが納得したマリッジリングを選ぶために必要なのは、どのようなデザインの選択肢があるかを理解することです。代表的なペアのラインナップだけではなく、夫婦で異なる種類のラインナップも含めて考えることで、妥協することなく気に入ったデザインを選択できます。これから始まる結婚生活において夫婦のどちらかだけが妥協することがないように、指輪選びもお互いが納得できるようにしましょう。

 

長く愛されている理由は伝統と格式

ブシュロンの歴史は古く、その創業は1858年です。1893年には、本店のあるパリのヴァンドーム広場にハイジュエリーブランドとして初のブティックをオープンさせています。このような歴史のあるハイブランドであるという点が、ブシュロンが評価を集めている理由の1つです。ブティックをオープンさせて以来、世界中のセレブや貴族を中心に愛されるブランドとして、その地位を確かなものにしています。このようにセレブたちが愛用するブランドであるという点も、評価されているポイントです。

さらにブシュロンが評価を集めている理由が、ジュエリーの品質に対するこだわりです。例えばダイヤモンドの品質については、ブシュロンは高いグレードのカラーだけを使っています。また透明度やカットの部分でも高品質のダイヤモンドにこだわることで、格式高いブランドとしての価値を守っているのです。

またブシュロンでジュエリーを購入した場合には、シリアルナンバーが入った販売証明書が発行されます。さらに0.20カラット以上のダイヤモンドを使ったジュエリーには、ダイヤモンドのカラットやカラーなどが記載されたグレーディングレポートも用意されます。このように確かな品質を保証する証明書が発行されることで格式と地位を守り、顧客からの信頼を得ているブランドだと押さえておきましょう。

長い伝統と格式が守られているのは、ブシュロンならではのこだわりを持ち続けてきたからです。そのこだわりがあるからこそ、現代に至るまで世界中の人々から愛されるブランドの地位を保っています。

 

普段使いからマリッジリングまで幅広い使い方が出来る

ブシュロンはハイブランドのジュエリーであるため、特別な場面での使用にしか向かないというイメージを持っている方もいます。ですが特別なときだけではなく、多くの場面で身に付けることができます。幅広い使い方が可能なので、自分に合った形で楽しんでみましょう。

ブシュロンの中で人気が高いキャトルには、さまざまなラインナップがあります。ラインナップの違いによって、普段使いしやすいカラーから、特別な時を演出できるエレガントなデザインのものまで用意されています。ラインナップ別に用途を分けてジュエリーを選ぶことで、多くの場面に対応することができます。

またブシュロンのキャトルは、マリッジリングとして使われるケースも多くなっています。指輪は必ずしも2人でお揃いにするのではなく、少しデザインを変えたものも選択できます。男性に人気の高いデザインもあるので、2人が異なるデザインのものを選んで、お互いが使いやすい指輪にするのも1つの手です。マリッジリングも普段使いがしやすいものから、特別な時だけに身に付けるものまで、さまざまなデザインの中から選択することができます。

実際にブシュロンのジュエリーを購入するときは、どのような場面で使うか考えたうえで選ぶことが大切です。例えば指輪の場合、ジュエリーのデザインによっては家事をするときには身に付けにくいこともあるでしょう。使い方を想定してジュエリーを選択することで、場面に合わせたものを選びやすくなるという点を押さえておきましょう。また、場面に合わせて複数のジュエリーを使い分けるのも1つの手です。

 

まとめ

ブシュロンのキャトルには豊富なラインナップがあり、さまざまな方に愛されています。また女性だけではなく、男性にも選ばれている指輪です。男性に人気のデザインのものは、普段使いのほかにマリッジリングとして購入されるケースもあります。多くの方にブシュロンが愛されている背景として、伝統と格式の高さがあげられます。創業時から守ってきたこだわりによって、確かな地位を保ち、世界中で多くの人に愛されるブランドとなっています。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る