生命を育み人々に輝きと潤い、安息を与える水のようでありたいと願うジュエリーブランド「4℃」

NEW
生命を育み人々に輝きと潤い、安息を与える水のようでありたいと願うジュエリーブランド「4℃」

1972年に誕生したジュエリーブランド4℃。繊細なデザインと手に届きやすいジュエリーなどを提供していることから、若い女性を中心に人気のあるブランドです。また誕生日などの特別な日に、男性から女性へ贈られるジュエリーとしてのイメージもあります。ジュエリーブランドとして存在感のある4℃の魅力に迫ります。

4℃のコンセプトは凍てついた水面下で命を育む水のような存在であること

4℃のコンセプトは生命の源である「水のようにありたい」で、水のようであることがジュエリー作りの原点です。自分自身に形を持たない水はさまざまな表現力で姿を変化させていきます。寒い冬の雪となって繊細さを見せたかと思うと、ときには大海原の壮大なうねりとして姿を変えます。繊細さとダイナミックさをいとも簡単に操るという自由奔放さは唯一無二の存在です。水はしなやかさの中に強い結束力を秘め、岩や大地を時間をかけながらもものともせずに削り取っていきます。一見穏やかで平凡のように思えるその姿ですが、対象物を目の前にするとがらりと変わり、強固な非凡さが伺えます。そのような一面を持ちながら、私たち人間を始めとする地球上のあらゆる生命には愛情を注ぐように豊かな潤いを与えてくれる存在です。また表面を氷で覆われた水温4℃とされる水の底は、魚達が唯一生息できる安息の場となっています。この命を育む水温4℃に注目し、女性のライフスタイルに潤いをもたらす存在でありたいと商品を提案しています。

 

世界に認識されるために掲げたブランド名4℃

「4℃」というブランド名にはどのような意味合いが込められているのでしょうか。まず由来となっている4℃という温度は、真冬の凍てつく寒さの中、氷が張った水面の底の水温を指します。この水温は魚達にとって厳しい環境下でも唯一生命を維持できる場とされています。4℃はコンセプトとなった水に深く関するブランド名となっており、「℃」の部分は世界的に使用されている表記のため世界でも認識されやすいでしょう。デザインはブランドを象徴するしずくモチーフや可愛らしいハートモチーフなど、どれも女性の心をくすぐるようなアイテムばかりです。4℃のものづくりは職人達の熟練の技によって生み出されています。驚くべきは、曲線を形にするために0.1ミリの世界まで踏み込んで試行錯誤を繰り返し製作されていることです。また専門の機械を導入し、検品のプロフェッショナルによる徹底的な検査を行うことで、厳しい品質基準を満たした世界に通用するジュエリーとなっているのです。

 

時代を邁進し続ける4℃のチャレンジ

「水のようでありたい」という想いを抱き、ジュエリーを通して常に新しい発想で女性へ美しさやときめきを届けてきた4℃ですが、水問題への取り組みも行っています。日本ではありがたいことに当たり前のように水道をひねれば簡単に美味しく飲むことができますが、世界のおよそ8億人もの人は安全な飲料水を手に入れることが難しいのです。十分な管理が行き届かない不衛生な水が健康被害となったり、水汲みや運搬などの重労働を女性や子供が任されたりと大変深刻な問題を抱えています。4℃と、国内外で水問題解決の活動を行う日本水フォーラムとの共同プロジェクトとして、2008年から取り組んでいる「アクアプログラム」では、途上国の水に関する設備の設置を行っています。こうした安全な飲料水の安定した供給が、衛生環境の向上や不衛生から起こる病気の予防につながっているのです。4℃は国内のジュエリーのみにとどまらず、世界中の女性達が笑顔になる活動を継続的に行っているのです。

 

まとめ

誕生当初から身に着ける女性の心を満たすジュエリーを作りたいという想いのもと、4℃はジュエリーを多くの方の喜びの場で提供し続けています。ファーストジュエリーやブライダルジュエリーとして女性達に寄り添い人生を美しく演出します。水のように自由奔放に姿を変化させ、生命に潤いを与えるような存在でありたいと願いながら、4℃の刻印に込めた信念を持って大切に作られたジュエリーはいつまでも女性と共に歩み輝き続けるのです。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る