1. 買取専門店・おたからやTOP
  2. コラム
  3. ブランド品のお役立ちコラム
  4. 男女問わず長年愛されている
    ルイ・ヴィトンの
    ボストンバッグ キーポル

男女問わず長年愛されている
ルイ・ヴィトンの
ボストンバッグ キーポル

ルイ・ヴィトンのキーポルは、長く人々に愛されてきた代表的なバッグです。
キーポルの特徴と多くの人に愛される魅力を見ていきましょう。
すでに持っているという方も、ずっと欲しいと悩みながらもまだ購入していない方も、キーポルの魅力を再発見してみてはいかがでしょうか。

ルイ・ヴィトンの
ボストンバッグ キーポルの
魅力と使いやすさ

ルイ・ヴィトンのキーポルと言えば人気のアイテムなので、購入したいと考えている方も多いのではないでしょうか。ただし高級品であり人気の定番品ということで、値段が高くなかなか手が出ない方も多いでしょう。
キーポルはルイ・ヴィトンのボストンバッグのひとつで、1924年に誕生してから長年世界中の人々に愛されてきました。キーポルはもともとフランス語で、すべて収納するという意味の名前が付けられており、その後英語でキーポルと改称されたのです。
上品なデザインながらも、やわらかい素材で軽量化され、折りたたんでトランクケースに入れられる点が特徴的です。トランクから取り出して持ち歩くのに便利で、収容量が大きく旅行に行く際には活躍してくれます。着替えや貴重品を入れたりするだけでなく、トランクには入りきらないお土産を入れたり、すぐに取り出したいペットボトルやタオルなどを入れたりと、用途は様々です。
丸みを帯びたレザーのハンドルは持ちやすく、疲れにくさを追求したデザインです。使っているうちにより馴染んでくるのがキーポルの良さと言えるでしょう。また、開口部のダブルファスナーは開け閉めや出し入れがしやすいだけでなく、専用のパドロックが付いており防犯対策もバッチリです。旅行鞄として利用する際に、空港の搭乗時に手荷物を預けることがあるでしょう。その時に他のボストンバッグは鍵がないため不安がありますが、ルイ・ヴィトンのキーポルならパドロックがあるので安心です。
ルイ・ヴィトンのキーポルにはさまざまなサイズがあります。日帰り~一泊旅行に使えるものから、3~4泊できるものまで、状況に合わせて使い分けることができます。家族の着替えをひとつにまとめることもできるので、飛行機だけでなく車や船の旅でも、大活躍してくれるでしょう。

キーポルのサイズ展開①
(機内持ち込み可)

キーポルは主に4種類のサイズ展開がされています。ここでは、サイズごとの特徴と用途について見ていきましょう。
キーポルには、45・50・55・60の4サイズがあります。キーポル45は幅が45cmで高さが27cm、マチが20cmのサイズです。4つのサイズの中で最も小さいですが、幅が45cmでマチが20cmですから容量たっぷりで服もしわになりにくく、一人用の日帰りから1泊程度の旅行であれば、十分活躍してくれるでしょう。またこちらは機内持ち込み可能サイズになるので、トランクとは別に出し入れしたい荷物がたくさんあるときに活躍してくれます。旅行用だけでなくちょっとしたお出かけ、お買い物、ジムや温泉に行くときの着替えを入れる用など、様々な普段使いができるでしょう。軽くて形も可愛いので、一つ持っておくのもおすすめです。
次に大きいキーポル50は幅が50cmで高さが29cm、マチが22cmのサイズです。こちらは1~2泊旅行にぴったりな大きさと言えるでしょう。キーポル50も機内持ち込み可能なサイズですが、幅が5cm大きくなったことで着替えの他に様々な物が入るようになっています。旅行にコテやドライヤーが必須という方にはこちらのサイズがぴったりです。またキーポル50の容量なら、1泊の旅行で向かう時は少し余裕がある状態で、帰りにお土産を入れて帰ってくるという使い方も可能です。旅行中一つの荷物で済ます事ができます。キーポル45では荷物が入りきるか不安だと思う方や、余裕をもって旅行を楽しみたい、キーポル45よりももう少し大きなサイズが良いという人にぴったりと言えるでしょう。

キーポルのサイズ展開②
(機内持ち込み不可)

次にご紹介するキーポル55からは、見た目がぐっと大きくなります。55以降のサイズは機内持ち込み不可で手荷物カウンターで預かってもらう必要があり、バスでは車内ではなくトランクルームへ入ることになります。飛行機やバスを使う旅行の場合、頻繁に出し入れするものではなく、いわゆる旅行鞄として使われる事になるでしょう。
キーポル55は幅が55cmで高さが31cm、マチが24cmのサイズです。一般的な2泊旅行や、3人家族の1~2泊旅行に最適です。キーポルはシックで落ち着いていて上品な印象があるので、旅行だけでなく仕事の出張にも利用できます。キーポル55以上の大きさであれば海外への出張時にも、容量やセキュリティの面で安心です。荷物が少ない方は3泊旅行でも十分使えるでしょう。
キーポル60は幅が60cmで高さが33cm、マチが26cmのサイズです。キーポルの中では最も大きなサイズで、3~4泊分の荷物を収納できるほどの容量があります。出張など荷物が少ないのであれば5~6泊程度の荷物を入れることも可能です。旅行の際には家族全員分の荷物をひとつにまとめられるので、持ち運びに大活躍してくれることでしょう。海外旅行に行く際は、現地で荷物が増えることが予想されるので、中身を入れないで畳んでトランクケースに入れておくというのもおすすめです。
キーポル50やキーポル60は1泊旅行でももちろん使えますが、バッグの中身が少ないと、生地がやわらかいためにバッグが勝手に折りたたまれて変形してしまいます。もともとトランクケースに折りたたんで収納することができるのがキーポルの特徴なので、生地が傷むというほどのことはありませんが、置いた時の見た目が良くありません。なるべく荷物の量にあったサイズを選ぶように心がけると良いでしょう。

キーポルのデザインの種類

ルイ・ヴィトンのキーポルは人気のため、少しデザインが異なるシリーズも出ています。1930年には、キーポル・バンドリエールが発売されました。これはキーポルに肩に掛けるストラップがついたデザインです。サイズ展開は通常のキーポルと同じで、45・50・55・60の4サイズです。重い荷物を手で運ぶことに抵抗がある方や、両手に何かを持つ予定でトランクが使えないという方にぴったりです。キーポルと構造に違いはないので、キーポル・バンドリエールは、持ち運びがしやすくなったキーポルと考えても良いでしょう。
ルイ・ヴィトンのキーポルにはデザインの違うラインが二種類あります。そのうちの1つがダミエです。ダミエはフランス語で市松模様という意味があり、いわゆるチェック柄のようになっています。基本はうす茶色とこげ茶色の四角形が交互に配列されたデザインですが、その他にもカラーが存在しており、特に黒系のダミエは男性からも大きく支持を得ているラインです。
もうひとつのラインがモノグラムです。「L」と「V」がかけ合わさったようなデザインと、日本の家紋のようなデザインが組み合わさったのがルイ・ヴィトンのモノグラムです。ルイ・ヴィトンと言えばダミエかモノグラムだというほど人気のラインと言えるでしょう。
どちらの生地も高品質で耐久性が高く、防水性も備えているため長持ちします。持ち手も質の良い革のため、使えば使うほど味が出るという点もルイ・ヴィトンの良さと言えるでしょう。特にボストンバッグとして使用されるルイ・ヴィトンのキーポルは、ダミエとモノグラムどちらのラインもデザイン性が高いです。

キーポルのおすすめアイテム

ルイ・ヴィトンのキーポルは用途によって最適なサイズが変わるため、ひとつに決めるのは難しいですし、どのキーポルも素晴らしいアイテムです。そのため、こんなケースにおすすめという視点から、2つの種類をご紹介します。
まずはルイ・ヴィトンのキーポル55 モノグラム・キャンパス M41424です。これはモノグラムラインのアイテムで、いわゆるボストンバッグとして一般的か少し大きなサイズ、そして長期の旅行にも適したサイズと言えるでしょう。長期の旅行はまれだという方でも、1泊や2泊の家族旅行はあるかもしれません。家族全員分の着替えをこのキーポル55の中に全部入れられます。車での旅行で旅館やホテルへ到着したとき、荷物をひとつ下ろしてスタッフに預ければ良いというのは便利です。車内で荷物が場所を取らないというメリットもありますし、子ども連れの家族にとっては荷物が減る事で子どもの安全に繋がるという意味でも大切です。
続いてはキーポル・バンドリエール45 ダミエ・グラフィット N41418です。シックで落ち着いた印象で、男性が持っていてもとても格好良く見えます。旅行や出張の時に持っていたら、仕事ができて余裕がある大人の男性をイメージ付けられるでしょう。さらにこちらはバンドリエールのタイプで、肩から斜めがけもできるため、ちょっと荷物が多くなるような日にもぴったりです。上質な印象はもちろんのこと、少しラフな格好をしていてもしっくりくる、とても素敵なバッグです。年齢を問わず、大人に愛用されているおすすめのアイテムだと言えるでしょう。

まとめ

ルイ・ヴィトンのキーポルはデザインが良いだけでなく、使い勝手も良く長持ちもするので、どんな場面でも活躍してくれます。購入を悩んでいる方がいらっしゃったら、こちらの記事を参考にキーポルの魅力を再認識したら、購入したくなるはずです。

ルイ・ヴィトン買取ページはこちら

キーポル買取ページはこちら

ダミエ買取ページはこちら

ダミエ・グラフィット買取ページはこちら

モノグラム買取ページはこちら

ブランド品の買取価格高騰中!
シャネルやエルメス、ルイ・ヴィトンといった海外ブランドをはじめ、ブランド品の相場が高騰しています。特に好景気で活気付くアジア諸国でブランドバッグの需要が高まり、取引相場が高騰しているため、ブランド品の売却は今がベストタイミングといえます。
ブランド品の高価買取は「おたからや」へ

その他のルイ・ヴィトン
コラム記事

ルイ・ヴィトン買取に役立つ記事を
コラム形式で紹介しています。

タグ一覧

まずは無料査定 無料通話 最短1分で査定額をお伝えしますWEBで簡単診断 申込特典 買取金額10%UP!
店頭買取

店頭買取

査定だけでもOK!

買取店舗数は業界最多の
1,000店舗以上!

おたからやの店舗数は全国 1,000 店舗以上(待機店舗を含む)。これは、数ある買取店の中で最多を誇ります。日本全国津々浦々にて、地域密着でお買取りを承っております。

最寄りのおたからやを探す

出張買取

出張買取

査定だけでもOK!

買取専門店おたからやの
無料出張買取。

買取専門店おたからやの無料出張買取です。出張料・査定料・買取手数料は全て無料、査定は最短5分です。随時キャンペーンを実施をしております!まずはお気軽にご相談ください!

出張買取の詳細はこちら

おたからやの買取商品から探す