個性派シリーズも見逃せない!エルメスのケリーバッグの魅力

NEW
個性派シリーズも見逃せない!エルメスのケリーバッグの魅力

エルメスを代表するバッグの一つが、ケリーバッグです。サイズや素材の展開も豊富であるため、中にはレアアイテムや貴重素材のバッグも存在します。しかもバッグには製造秘話も隠されています。ケリーについてよく知れば、よりアイテムを愛することができるでしょう。

ケリーのデザインによるワンランク上のファッションを

エルメスを代表するラグジュアリーバッグ、それがケリーです。エレガントさを追求して作られており、上品な逸品として知られています。幅広い年代から人気があり、日常的にファッションに取り入れられていることもポイントです。ケリーバッグの由来にもなった、モナコ公妃のグレース・ケリーは、妊娠中にこの鞄でお腹を隠したことで知られています。海外ではハンドルの部分にスカーフを巻くことで、自由にカスタマイズする流行があり、自分好みの使い方をして楽しむことができるバッグです。あえてラフに使いこなすことで、ワンランク上のファッションを楽しむこともできます。ショルダーストラップをつければ、ラフな着こなしにも似合うバッグとなるので非常に便利です。

人気のカラーはやはりブラック。どんな靴や衣類にも似合うので、女性から支持されています。ストラップを短めにすればスポーティーな衣類にもマッチしますが、それでも上品さを失うことがありません。どこに行ってもきちんと感を出すことができるバッグなので、和装にも似合うとして紹介されています。一生もののよそ行きの鞄として積極的に取り入れられており、これはデザインが非常にシンプルだからこそできる技といえるでしょう。

どんな装いにもぴったりと合い、それでいてエルメスの持つ伝統や気品、上品さを失わないという点がより個人のファッションを引き立たせるのです。

 

多くのケリーバックのシリーズラインナップ

ケリーには数多くの素材とバリエーションが揃っています。ユニークなアイテムもあり、リュックサックタイプのもの、キュートな人形モチーフの「ドール」、非売品の「ビニール」まで用意されているのです。

ケリーバッグは大きく分けて2種類存在します。縫製の仕方が異なるのです。「外縫い」は古くから鞄に用いられてきた縫い方で、側面や底などを正確に縫い合わせています。縫い目のステッチが外から見えるので、シャープな印象を与えるものです。対して「内縫い」は側面・底・正面を縫い合わせたあと、裏返しにします。こうすることで外観は丸みを帯び女性らしさを強調したアイテムとなるのです。サイズ展開も数多く、さまざまなシーンを想定して作られたアイテムであることがわかります。バッグは20センチの「ミニケリー」から揃っており、定番のバッグは25センチ以上の商品からです。他に28・32・35・40・50センチと続き、中でも最も支持されているアイテムが32センチの製品といえます。女性の持つ貴重品やポーチ、飲料水などを全て収納できるサイズで、ファーストケリーという愛称もあるほどです。これだけでも数多くの製品が存在することがわかりますが、エルメスはさらに革にもこだわりがあります。最もポピュラーな革は「トゴ」という仔牛の革で、「内縫い」に最適です。「トリヨンクレマンス」や「ボッカスチーフ」、「ヴォー・エプソン」といった複数の種類の革が使用されています。

 

ケリーのチャームポイント

ケリーバッグが1930年に肩掛け用ストラップのついた台形タイプのバッグとしてリリースされた際、エルメス公式では以下のような表現を用いています。「装飾的なものは一切省いた、アクティブで自立した女性のためのシンプルで気品のある機能的なバッグ」。ケリーのチャームポイントは、この言葉に集約されているのです。

初期バッグは外縫いで「サック・ア・クロア」と呼ばれていました。しかし、女優からモナコ公妃となったグレース・ケリーがそのバッグを使用し、その写真が世界中に広まります。その結果、同じタイプのアイテムを求める女性が殺到。バッグは1956年にケリーという現在の名称へと変更されました。この時の写真からもわかる通り、黒色のボックスカーフ革仕様のケリーは、上品な魅力をたたえています。パーティーや社交界でも認められた製品としても有名です。

形も大切なチャームポイントで、台形とハンドル、付属のショルダーストラップは機能性も高いものといえるでしょう。バッグには金具止めがついており、ゴールドが最も人気のアイテムです。時代に左右されないシンプルかつシックなデザインで、エレガントさを損ねることがありません。よりクラシカルでクールな鞄を求めるのであれば外縫いタイプが、日常においても使用したいのであれば内縫いのソフトな鞄がおすすめです。

 

ケリーバックシリーズの豆知識

エルメスのケリーバッグは、一人一人の職人が最初の工程から最後までを手がけて作られたものです。ケリーバッグのクロアという留め具には実は担当した職人のナンバーなどが刻印されています。もし何らかのトラブルが発生し、修理に出すようなことがあれば担当した職人の手元に製品が届くようになっているのです。クロアには製造年・アトリエ名・職人ナンバーが刻まれています。エルメスの仕事への情熱がわかる豆知識です。では、実際にこのバッグを工房にオーダーした場合は、どのくらい時間がかかるのでしょう。実はこれには、3年から5年の期間がかかります。

同じバッグである「バーキン」とはよく比較されます。ケリーの特徴はまず、ハンドルが一つであること。サイズや素材の展開が豊富であることです。「バーキン」はもともと、女優ジェーン・バーキンが使い勝手の良い鞄を求めたことがきっかけとなって製造されたアイテムですから、モナコ公妃のグレース・ケリーがとっさに腹部を隠すために使った鞄とは用途が異なります。見た目がフォーマルかつスタイリッシュであることがケリーには求められているのです。

人気のケリーには、レアアイテムが存在します。その名は「ケリー15」。横幅がわずか15センチの鞄で、ファンの間では「ミニミニ」の愛称で親しまれています。これ以上の小ぶりのサイズは存在していません。ちょっとしたお出かけ用に作られたものですが、愛好品としての側面も備えているアイテムです。絶対数が少ないので、現在所有している方は非常に運が良いものです。

 

まとめ

ケリーバッグの魅力は、その長い歴史によって培われた美しいデザインフォルムと機能性にあります。現在でも色褪せない魅力を持っているのは、エルメスというブランドとその工房で働く職人たちの情熱と努力のおかげです。以前使用していたバッグを放置していることは、こうしたことから考えると非常にもったいないことといえます。正規店では修理を依頼することもできますので、もし現在自分の手にケリーがあるのなら確認してみてはいかがでしょう。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る