1. 買取専門店・おたからやTOP
  2. コラム
  3. ブランド品のお役立ちコラム
  4. エルメスのツイリーの魅力と
    よりおしゃれを楽しむための
    使い方

エルメスのツイリーの魅力と
よりおしゃれを楽しむための
使い方

エルメスを代表するアイテムといえばバーキンやケリーなどの鞄が挙げられますが、
よりお洒落に取り入れやすいアイテムとして人気なのが『ツイリー』になります。
洗練されたスカーフの一種で、身に着けるだけで華やかさを足すことできます。
細長いリボン状なので、身に着ける以外にも色々な楽しみ方ができるアイテムです。

身につけるアートとも呼ばれる
エルメスのスカーフの歴史

エルメスアイテムの定番の一つが、スカーフになります。エルメスを代表する正方形のスカーフはカレといい、フランス語で正方形という意味です。カレは1937年にエルメスの4代目社長であるロベール・デュマ・エルメスによって発案され、誕生したアイテムです。
この社長はテキスタイル事業に力を入れることで、スカーフにシルクスクリーン製法を取り入れることによってスカーフ制作における技術を飛躍させます。
発売から80年以上経った今でも数多くのデザインが発表されていて、その数は1500種類以上になると言われています。サイズは90cm四方の正方形のものが全体の70%を占めていて、これは発表された時に決められたサイズです。
シルクスクリーン製法で作られたカレは、色鮮やか色合いも特徴的で1枚に使われる色は2〜40色と華やかな色は身につける人の気分を上げるだけではなく、見る人の目を楽しませます。原画をもとに熟練の職人が配色・染色の調合をしていき、徹底的な品質管理と丁寧な仕事が安定した定番人気へと繋がって行ったのです。

その人気に続くように形を変えて2003年に誕生したスカーフが、スリムタイプのツイリーになります。エルメスというブランドの中では比較的新しいアイテムではありますが、カレよりも手軽に使いやすいアイテムとして発売以降すぐに人気になり、現在ではカレと並んで定番のアイテムです。
エルメスのアイテムの中では比較的手に入れやすい価格と、多彩なアレンジができることから一気に人気が火についたという歴史があります。
一般的なスカーフとは異なり細いリボン状になっているツイリーは、カレと同様に華やかな色合いのものが多く、バッグに巻き付けて使ったり、首や手首に巻くなど様々な使い方ができます。
サイズ展開も豊富となっていて、通常のツイリーよりも幅の広くアレンジしやすいマキシツイリーや細長い形状のツイロンといった種類のものが新たに発表されていて、お洒落な女性から支持されシーンやファッションに合わせて使い分けできると人気を集めています。

ツイリーの特徴とサイズ

カレは使い勝手の良い90cm四方サイズで、美しい色合いなのが特徴です。対してツイリーはネクタイのように細長くスリムなのが特徴的で基本的にシルク100%の素材でできていて、熟練の職人が配色と染色を手がけていて、美しく色鮮やかさとアート調のデザインのバリエーションが豊富なのも特徴として挙げられます。
その細長さによって色々なアレンジが楽しめるツイリーですが、3種類のサイズ展開をしているため用途に合わせてサイズを選ぶことがお洒落に使うためのポイントです。
定番のツイリーは幅5cm×長さ86cmとなっています。バーキンやケリーなどのバッグのハンドルに巻きつけた時にピッタリ合うサイズで首元や頭に巻いたり、ベルト代わりに使うのも人気です。
マキシツイリーは、幅20cm×長さ220cmのサイズです。定番のツイリーに比べて幅が広く長いことから、ベルトとしてウエストに巻くというアレンジがしやすいです。どんな使い方でもスタイリッシュにこなせます。マキシツイリーは、他にもカットタイプ、スリムタイプを選ぶことができ、長さなどが違ってくるため用途や使いやすさに合わせて選んでいきます。
ハンドルが大きなバッグなどには、ツイロンと呼ばれるタイプが向いています。幅3cm×長さ193cmと定番のものより倍ほどの長さがあるため、ツイリーでは長さが足りないハンドルでも余裕を持って巻くことが可能です。

ツイリーのサイズは様々ありますが、2019年に発表されたマキシツイリースリムはアップデートを経てたどり着いた使いやすさ抜群のサイズと言えます。使い勝手の良い幅と長さは、バッグのハンドルに巻くだけではなく首元や頭、ベルト代わりなど色々な用途に使いやすい絶妙なサイズです。
用途に合わせて使い分けるためにも、様々なサイズを複数用意しておくというのもおすすめです。サイズが複数あればファッションの着こなしのバリエーションも増やせる上、年代を問わずの女性のファッションを様々なアレンジを加えることができてシーズンレスに活躍してくれます。

ツイリーで
バッグを華やかにする

ツイリーの使い方でも最もポピュラーなのが、バーキンやケリーなどの鞄の持ち手に巻くという方法です。エルメスの鞄は比較的シンプルなものが多いため、ツイリーを組み合わせることで一気に華やかになります。
鞄にスカーフを巻くのは古臭いアレンジではないか、と感じる人もいるかと思いますが、組み合わせるアイテム選びに失敗するとバランスを崩してダサくなってしまいます。
重要なのは鞄の色合わせと組み合わせるツイリーの色味・デザインです。バッグのカラーが黒・白・ネイビー・茶色など定番色の場合はアレンジがしやすいとされています。シンプルなデザインの鞄であれば特にアレンジがしやすく、華やかなデザインのツイリーと組み合わせるだけで大きく雰囲気が変えられます。

最も簡単な巻き方が、持ち手の片方に結ぶという方法です。持ち手にツイリーを挟み込むように添えたら、輪になっている部分に片方を通すクロス結び、リボン結びやスカーフリングで固定するなどの方法は気軽に華やかになるためカジュアルなパーティーなどにも向いています。
ポピュラーなのが鞄の持ち手に巻くという方法で、持ち手の付け根にツイリーの結び目を作ったら、もう片方の持ち手の付け根まで均一に巻きつけていくというやり方です。
コツさえ掴めば簡単に誰でもできるアレンジで、アイロンでシワのない状態にしてから巻くと綺麗に仕上がります。シンプルな鞄を華やかにできるだけではなく、持ち手を保護できるというのもこの方法のメリットです。
華やかさと長さを活かすなら、チャーム代わりにするというのもおすすめです。つけたい部分から何度か緩く結んだら、先の方でリボン結びするだけで可愛らしいチャーム代わりにすることができます。
シンプルに巻くだけでも良いのですが、デザインを見せながらハンドルに巻き付けるなど多彩なアレンジができるのがツイリーの魅力です。
スカーフほど大きくない細身のツイリーだからこそ色味や柄などを活かしながらアレンジを工夫することで、気軽に、お洒落かつ上品に取り入れられます。

アクセサリーとして
取り入れる方法

ツイリーはスカーフの一種ですので、スカーフと同様の使い方ができます。アクセサリーとして使用することができ、ファッションのアクセントに取り入れられます。
簡単な取り入れ方の一つが首に巻くという方法です。さりげなく取り入れることで、よりファッションを楽しめます。
チョーカーは最も簡単なスタイルとも言え、首元にピタッと合わせて巻いて結ぶだけのアレンジです。正面からツイリーを背中側に垂らしたら、背中側で固結びにして完成となります。細長くリボン状のツイリーの特徴を最大限に活かせます。
色合いを楽しみながら華やかな印象を与えられるスタイルとしては、ループノットがおすすめです。ツイリーの真ん中に1回結び目を作ったら背中に垂らし、端を結び目に通します。反対側も通したら完成です。
首元に巻いてリボン結びにするというのも可愛らしく、オフィスやカジュアルなど色々な服装に取り入れられます。

上級者向けのアレンジなら、ヘアアクセサリーに使うことが挙げられます。バンダナやヘアバンドとして頭に巻くだけでもお洒落になり、また麦わら帽子のリボンに使うなどの使い方も可能です。
髪が長い場合にはリボンのようにも使えるほか、まとめ髪に巻き付けるだけでもアクセントになります。三つ編みと一緒に編み込むというのも大胆ながらもお洒落です。耳上の髪をとってハーフアップにしたらゴムで結んで内側に通して、その部分にツイリーを引っ掛けて編み込んでいきます。毛先をゴムで結んだらその上からツイリーを固結びすることで、インパクトのある髪型を作れます。
ワンピースの上からウエストベルト代わりに巻くのも人気のアレンジで、特にシンプルなワンピースと合わせることでスタイルを良く見せる効果が期待できます。
デニムなどのパンツスタイルと合わせる場合は、定番のツイリーでは長さが足りなくなるためマキシツイリーなど長いタイプのものを選ぶと、パンツスタイルでもベルト代わりに使えます。長いサイズがない時には、ベルトのループに引っ掛けてリボン結びするというのも可愛いアレンジです。

繊細なツイリーの
正しい洗濯と保管方法

エルメスのスカーフは、カレもツイリーも繊細で色鮮やかなデザインが特徴です。しかし、繊細だからこそ洗濯や保存方法を間違えてしまうと傷んだり、破れたりしてしまいます。美しいまま長く使うためには正しい洗濯や保存の方法を知っておくことが重要です。
美しいまま長く使うためには、洗濯機を使わず手洗いするということが前提となります。
洗い方としては、洗面器に30度以下のぬるま湯を入れたらお洒落着用洗剤を溶かします。かき混ぜてよく泡だてたらツイリーをそっと入れて、優しく押し洗いしていきます。軽く絞ったら水で2回以上すすいで洗剤を落とします。
泡が出なくなったら軽く水気を絞ります。雑巾を絞るように水気を絞ってしまうと、傷みの原因になったり破ったりしてしまうため、優しく絞ることがポイントです。
ツイリーを広げたら、用意しておいたバスタオルに挟んで重ねて水気を吸い取ります。そのまま干してしまうとシワになってしまうため、当て布をして中温・ドライに設定したアイロンをかけてから、表面を下にして6時間以上陰干します。
柔軟剤を入れたいという人もいますが、柔軟剤は過度に繊維を柔らかくする作用があります。そのため生地を傷めてしまう可能性があり、過度なハリ感があるシルク素材の風合いが変わってしまうこともあるため出来れば柔軟剤は入れないほうが無難です。
シルクは基本的に水分が苦手な素材ですので、洗う時には手早く行うように心がけます。また、漂白剤は色落ちの原因になってしまうため入れないようにし、優しく洗うようにすることで状態を保てます。
手洗いでは落ちない汚れがあるという場合には、クリーニングに出してプロに洗濯してもらうことで美しく洗いあがります。
生地を長持ちさせるためには、保管方法にも注意することが大切です。シルクは紫外線が大敵ですので、必ずクローゼットなどで保管します。ハンガーに入らない綿のハンカチを巻き付けたら、紐で固定してその上にかけていくというのが正しい保管方法です。
同時に虫に食べられなたりカビないように、防虫剤や除湿剤をおいて保管することで生地に負担をかけず保管することが可能です。

まとめ

ツイリーは一本持っておくだけで、様々な使い方をすることができるアイテムです。色々なお洒落を楽しむことができますが、用途に合わせてサイズを変えるというのもおすすめの使い方となっています。
ただし、綺麗に使うためには正しい保管方法を知っておくということも大切です。

エルメス買取ページはこちら

ケリー買取ページはこちら

バーキン買取ページはこちら

ブランドバッグ買取ページはこちら

ブランド服買取ページはこちら

その他のブランド品
コラム記事

ブランド品買取に役立つ記事を
コラム形式で紹介しています。

タグ一覧

まずは無料査定 無料通話 最短1分で査定額をお伝えしますWEBで簡単診断 申込特典 買取金額10%UP!
店頭買取

店頭買取

査定だけでもOK!

買取店舗数は業界最多の
1,000店舗以上!

おたからやの店舗数は全国 1,000 店舗以上(待機店舗を含む)。これは、数ある買取店の中で最多を誇ります。日本全国津々浦々にて、地域密着でお買取りを承っております。

最寄りのおたからやを探す

出張買取

出張買取

査定だけでもOK!

買取専門店おたからやの
無料出張買取。

買取専門店おたからやの無料出張買取です。出張料・査定料・買取手数料は全て無料、査定は最短5分です。随時キャンペーンを実施をしております!まずはお気軽にご相談ください!

出張買取の詳細はこちら

おたからやの買取商品から探す