ブランド品
2021年11月4日

職人こだわりの手作業で作られるエルメス!人の名前が由来のバッグも多い

NEW
職人こだわりの手作業で作られるエルメス!人の名前が由来のバッグも多い

エルメスは、熟練された職人によるハンドメイドにこだわったバッグを作り続ける工房であり、世界的に有名なラグジュアリーブランドです。数多くの名作バッグを世の中に送り出し、人の名前が付いたシリーズが多いことで知られています。

有名女優の名前が由来のバーキン

元々は馬具工房からスタートしたエルメスは、有名なサドルステッチという頑丈な縫い方でかばんを作る、質実剛健でありながらもデザイン性を両立させたバッグを作るブランドです。オーダーメイドのバッグも有名ですが、オーダーメイドとして作られた商品がシリーズとして定番化しているモデルも少なくありません。バーキンバッグは当時の社長と有名女優のジェーン・バーキンが、飛行機の中で隣り合わせになったことがきっかけで誕生しました。ジェーン・バーキンがボロボロのバッグを使用していたので、エルメスの社長が「貴女に似合うバッグをプレゼントいたします」という申し出をしたことから生まれたのです。それは特殊なモデルでしたが、後にそのエッセンスを引き継いで、女優名を付けたバッグのモデルとして定番化されました。

 

日本人の名前が由来のマレット・タナカ

エルメスにはマレット・タナカという日本人にはお馴染みの名前を付けられたバッグがあり、その不思議な名前を付けられたバッグには次のような由来があります。ゴルフ場やサーキット場の設計で世界的に活躍していた田中肇さんは、仕事で使えるたっぷり収納のできるバッグが欲しくなりエルメスにオーダーしました。田中さんがデザインしたバッグの完成度が極めて高かったために、当時5代目の社長が生産ラインに加えることを提案して、エルメスで作られる大型ラゲッジの定番モデルに加えられたという経緯があります。旅行にも仕事にも使えて、エレガントで普遍的なデザインの、頑丈で使い勝手の良いバッグとして人気になっています。エルメスの製品に日本人名が由来となったことがあったのです。

 

担当の職人が1つずつ作り上げる

エルメスのバッグで特徴的なのは、分業制ではなく一人の職人が最初から最後まで担当するハンドメイド製法であることです。そのため職人の個性がバッグに反映されて、同じモデルでもそれぞれ少しずつ違うことが特徴になります。糸の締め方などは一人の職人が仕上げまで行うことで均一になり、細部まで作り込まれた完成品になるのです。エルメスで使われる素材は世界的な一流パーツが使われており、素材を出し惜しみせずに良質な部分のみを使ってバッグにすることが知られています。端材は廃棄されますが、職人が持ち帰り手仕事の練習のために小物などを作ることもあるのです。こうした職人の腕を磨くためのシステムを継続し、ブランドの品質を維持していることもエルメスの特徴になります。

 

エルメスブランドロゴが表す意味

エルメスは皮革工房として主に馬の鞍であるサドルや、馬車の室内装飾などを行っていたことが有名です。そのために実用的な強度と、装飾的なノウハウを伝統的に熟成させて、馬車から自動車時代になった時にバッグブランドへと華麗に転身しました。このようなことからロゴマークには四輪の馬車と従者をイメージした文様がデザインされており、お馴染みのイニシャルであるHをロゴの中央部へ配置してあるのです。また現在も受注生産で馬具などのグッズを製作しており、馬の鞍や鐙やロープなどを良質な素材で製作し、注文者へ納品しています。馬具から始まったブランドであることで、現在も初心を忘れずに、原点である馬具に関連したアイテムを細々とですが受注生産しているのです。

 

まとめ

世界的に有名なバッグブランドのエルメスは、馬具から出発してカバン作りで世界的に知られるようになりました。現在はトータルファッションブランドとして、貴金属からアパレルまで名を冠したアイテムを製作販売しています。馬具をイメージしたデザインのスカーフやシルク製品は有名であり、バッグと同じ革を原料にしたベルトや装飾品も高品質で人気になっているのです。またアパレルは有名な会社に依頼しており、値段に見合った長く使える逸品が揃っています。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。