知名度も品格も圧倒的に高いエルメスのカードケースは使う価値あり!

NEW
知名度も品格も圧倒的に高いエルメスのカードケースは使う価値あり!

エルメスと聞いて「高級」「庶民には手が届かない芸能人やお金持ちの人が買うもの」と考えている人は多いと思います。しかし、メンテナンスをすれば何年何十年も利用できる点や使っている間の革の味や変化を楽しむという点では、値段以上の価値があるといえます。

質の高い革と豊富なカラーバリエが人気のエルメスカードケース

エルメスのカードケースはひとつひとつの革自体にこだわりを持っている他、色のバリエーションもその年のトレンドや購入者の利用場面を意識したものにしています。

男性、女性で同じ色であったとしても、淡さやくすみなどの好みは異なります。また、プライベートで持ち歩く場合か仕事で持ち歩く場合かによってもお客様が求められている色は異なります。そのような購入者のニーズを全て意識し、網羅したのがエルメスカードケースと言えるでしょう。同じ色、革であっても、持つ人により、年季の入り方は異なります。しばしば、街の同世代の人と同じカードケースを持ちたくないと言う人もいますが、革製品は、経年変化を楽しむものであり、使い込むにつれ、異なる色に変化していく様子は実に味わい深く手にするたびにまるで自分の子供やペットのような温かみと気品を感じることができます。色や形によっては、購入当初は個性的すぎるかな?と躊躇することもあるでしょう。しかし、そう思っていても深みと艶感が増していくにつれ、自分だけの色としてしっくりと馴染んできます。

かばんなどでは、突然の雨に降られて濡れてしまったり、日差しの中を歩いている間に革が日焼けをしてシミになってしまうこともあるでしょう。その行為すらも、革製品はそんなアクシデントすら価値に変えていく面白さがあると言う人もいます。しかし、カードケースはカバンの中にあることが多く、そのような日焼けや水に触れることも少ないため、革製品の初心者の方には絶好のアイテムです。

 

エルメスの定番財布ベアンのカードケース

べアンはエルメスにおいて20年以上前から財布やキーチェーンとして展開されている、歴史の古い形です。そのべアンにおいても、カードケースの形が展開されるようになりました。

電子決済やネット決済などが進んでいる今日、現金を持ち歩く現金主義派の人が減少したと同時に、財布の軽量化、小型化、カードケースなどでの代用も進んでいます。しかし財布を小さくしすぎてしまうと、なんとなくみすぼらしく見えてしまったり、安価に見えてしまったりします。しかしながらエルメスのべアンのカードケースは、かばんの中でスペースを取らない一方で、見栄えがよく、手へのフィット感やかばんとの相性もよく使っている時もしまっている時も存在感を与えつつ悪目立ちしません。

また、べアンのカードケースは、仕事用に持ち歩く為の黒や茶などの色だけでなくプライベートでも持ち歩けるように、青や桃色などのバリエーションのある色展開があります。

シンプルさと色展開でのバリエーションを重要視していると同時に、カードケースの表にはエルメス(HERMES)の頭文字であるHの留め金が付いているため、一目でヘルメスのカードケースだとわかり、そのエレガントさは財布の頃からエルメスが誇る質を落とすことなく、簡素になったことにより、より上品さの伝わるラグジュアリーとなっています。

 

エレガントさとカラー展開ドゴンのカードケース

ドゴンはべアンと同じく、15年以上前から財布を中心に展開されているエルメスの商品の中で歴史のある商品です。べアンはエルメスの頭文字のHが留め具の場所にありますが、ドゴンは、「HERMESPARIS」というヘルメス(HERMES)の英語表記と、エルメスの発祥の地である、フランスのパリ(PARIS)の英語表記が丸い留め具に印字されているため、べアンと同様一目でエルメスだとわかると同時に、ブランドの名前が悪目立ちしない仕様になっています。カラー展開はレザーのケースやべアンのケースと同じく、仕事用としてのものからプライベート用のものまで、選択が可能です。ドゴンのカラー展開は、べアンやレザーもカラー展開は豊富ですが、ドゴンのカードケースはそれ以上の淡さや発色にこだわった細かい分類でのカラー展開となっています。

手の中の収まり方やカバンの中での存在感も主張しすぎることや一方で埋没してしまうこともありません。そして留め具が丸の金具であることからの柔らかさと、色味のトーンに拘ったことから感じ取ることのできるぬくもりが小さなカードケースであったとしても、エレガントさとラグジュアリーという特別感の両方を失うことなく、その融合が人間の手やかばんなどの無機質なもの全てにおいて、絶妙な融合をとげている商品として愛されています。

 

ショルダーバッグで人気のエヴリンのカードケース

エルメスの形の中で「ショルダーバッグの代表的な型といえば」という質問に、エヴリンをあげるラグジュアリー愛好家は多いです。しかし、ショルダーバックとなると値段そのものも手を出しにくいだけでなく、毎日のコーディネートや出かける場所・季節・気候に左右されてしまいます。その上お手入れや家での管理場所にも悩み、なかなか実用的に使用することは難しいです。しかし、エヴリンにもエヴリン独自の型や性質を失うことなく、老若男女を問わず利用しやすいカードケースの形が展開されました。これによりエヴリンのショルダーバックの形自身は好きだけれど、様々な理由でショルダーバッグを躊躇してきた人々にとって手に取りやすい形となりました。

エルメス(HERMES)の頭文字である「H」のマークが金具ではなく、パンチで穴を開けているような形でかたどられているべアンやドゴンとは全く違う独特なデザインと、手に持ってもカジュアルになりすぎない上品さは、まさにエルメスの革製品の中でも、エヴリンのみぞもつ魅力といえます。

エヴリンはその形のとおり、フランス語で「生き生きとした、気持ちが良い」という意味がありますが、その意味のとおりフォーマルすぎない柔らかさの反面、パンチで作られたHの文字がカードケースそのものを安く見せてしまうこともありません。

 

まとめ

コロナ禍で在宅ワークやオンライン商談、会食の減少などにより人と会う機会が今までよりも減った方々も多い今日です。洋服などのシーズンごとに衣替えするものにお金を使うことは躊躇しますがある一定の品を保ちたい人も多いと思います。

そのような方々には、シーズンを問わず何年も何十年も、そして世代を超えて使い続けることのできるヘルメスのカードケースは、ラグジュアリーを全面に押し出すことなく、使うことができ、名刺がないひとはポイントカードやその他カードなどをカードを全て電子化してしまった人は名刺いれにするなどさまざまな用途として幅広い世代で共有できるヘルメスのカードケースは素晴らしい製品です。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る