世界的人気ブランド「Gucci」の創立者グッチオ・グッチ

NEW
世界的人気ブランド「Gucci」の創立者グッチオ・グッチ

世界的人気ブランドである「Gucci」は、創立者であるグッチオ・グッチの名前も非常に有名です。グッチオ・グッチがいたからこそ、今のグッチの成功があります。ここでは、こうしたブランドの創立者やその歴史について紹介します。

「Gucci」の創立者でもあるグッチオ・グッチの歴史

「Gucci」の創立者として知られるグッチオ・グッチが誕生したのは、1881年のことです。亡くなったのは1953年のことで、主に20世紀の前半にファッションの世界で活躍した人物です。生まれた場所はイタリアのフィレンツェですが、亡くなったのはミラノでした。彼の親は帽子の製造会社を経営していて、生まれた時からファッションと関係のある環境で育ちました。成長した彼はイタリア国内よりも海外で働くことを希望し、蒸気船の機関助手をしながらたどり着いたのは、イギリスのロンドンでした。彼は現地のホテルでしばらく働いた後で、故郷のフィレンツェに戻りました。第一次世界大戦がヨーロッパで始まると、彼も徴兵されて兵隊として勤務していました。彼が本格的にファッションの道に足を踏み入れることになったのは、第一次世界大戦が終わった後のことです。戦争の後にグッチはフィレンツェに帰還して、革製品を製造しているお店で働き始めます。この時に学んだ革製品の製造に関する技術が、その後のグッチの人生に大きな影響を与えました。

 

美的感覚を磨くところからスタートしていたグッチ

グッチが自分の会社を設立したのは、1921年のことです。この会社で専門に扱っていたのは革製品でした。それから1年後に、彼はフィレンツェに自身の店を開業しました。「Gucci」という名称が使用されるようになったのは、1923年からです。彼がこのお店で主に販売していたのは、イギリスから輸入した革製品です。商品を販売するだけでなく、修理も請け負っていました。こうした修理の経験により、彼はさらに多くの皮製品に関する技術を獲得します。やがて彼は輸入した商品を販売するだけでなく、自分の会社で独自の革製品を製造して販売するようになりました。彼が革製品を製造する時に役立ったのは、若い頃にイギリスのホテルで働いていた経験でした。彼が働いていたホテルはイギリスの中でも最高級のホテルとして知られていて、彼はこのホテルで働くことにより、美的感覚を自然に磨くことができました。ホテルには洗練されたファッションに身を包んでいる人も多くいたために、この時に磨かれた彼の美的感覚が、自社で製品を製造する時に活かされるようになりました。

 

ホースビット・アイコンが生まれた背景にあるもの

グッチの製品にはさまざまなタイプのアイコンが使用されていますが、その中でも特に有名なのがホースビット・アイコンです。ホースビットは馬の口にはめる轡のことで、轡に形が似ていることから、ホースビットと呼ばれています。ローファーの靴につけられているホースビット・アイコンは特に有名であり、このアイコンを好んでいることから、グッチのローファーを選ぶ人も多いです。グッチでこのアイコンを使用するようになったのは、1950年代のことです。当時のヨーロッパは第二次世界大戦から徐々に復興していた段階で、人々の暮らしにもゆとりが出てきました。それまでは食糧を入手するだけも大変であったのですが、次第に使えるお金にも余裕が出てきたので、ファッション関係の商品を積極的に購入する人も増えていました。こうした背景のもとに生まれたのがホースビット・アイコンで、このアイコンは乗馬からヒントを得たと言われています。このアイコンを使用することにより、グッチは乗馬を趣味にする収入の多い人にも受けいれられるようになりました。

 

実は物資不足で生まれた「バンブーバッグ」

グッチのバッグは女性にも非常に人気がありますが、その中でも昔からこのブランドの定番商品として人気があったのがバンブーバッグです。持ち手の部分に竹が使用されていることが大きな特徴になっていて、竹独特の肌触りや質感が多くの女性に好まれています。この製品が誕生したのは1940年代のことですが、竹を使用したバッグを作ることになったのは、ファッション以外の原因が大きく関係しています。当時のイタリアは第二次世界大戦に参戦していため、国内も生活必需品が非常に不足していました。ファッション関係の商品に使用できるような物資も手に入れにくい状態になっていて、グッチでも材料集めに非常に苦労していました。バッグの持ち手に使用されることが多い金属などの素材も入手が困難だったのですが、その代用品として使用されることになったのが竹です。その後第二次世界大戦が終結して、持ち手に使用できる素材も入手しやすくなったのですが、竹を使用したバッグの人気が高かったために、戦争後も販売が続けられました。やがて、バンブーバッグはグッチを代表する人気商品に成長します。

 

まとめ

グッチの創業者として知られるグッチオ・グッチや、ブランドの歴史について紹介してきました。グッチが誕生したのは19世紀のことで、イタリアのフィレンツェで生まれました。彼の親は帽子を製造する会社を経営していて、彼も大人になってから革製品を扱う会社の経営を始めました。皮製品を製造するうえで役に立ったのは、彼が若い頃高級ホテルで働いていた時に磨かれた美的感覚です。この優れた感覚から、ホースビット・アイコンやバンブーバッグなどのアイデアが生まれました。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る